人気ブログランキング |
ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

2006年 03月 04日 ( 2 )

ども!最近寝ても冷めてもガンダムな乙です。
ビバ!ガンダム!!

ちゅーわけで今日はZガンダム3部作のラスト、「星の鼓動は愛」を見てきました!

しかも、見に行ったのは映画上映後に舞台挨拶があった回だよ!ウヘヘ、うらやましいべ?
持つべきものは映画館の会員になってる店員さんですな。

実際、行ってみたら、やっぱり舞台挨拶がある回は当日券はソールドアウトでその後の回も売り切れてたし。Airの初日ほどじゃ無かったけど。

んで、まずは映画の感想ですが、やっぱりよかったです。僕は3部作の中で1番よかったんじゃないかと思います。

やっぱりラストってこともあるでしょうし、まとめ方がよかったなと思います。全部、見所って感じで飽きさせません。

1作目、2作目に続いて今回もクワトロ大尉が笑わせてくれますしw

さて、今回やはり気になるのが「新しいラスト」っていうところだと思うんです。これはどうなんでしょう。僕はこれでもいいかなとは思うんですが、やっぱり納得しない人もいるのかなって気はします。そこらへんは皆さんがご覧になって確認していただければと思います。

不満な点を挙げれば、やはり旧作と新作の絵の違いでしょうか。できればラストバトルぐらいは、全編新作映像で見せてくれたら僕は大満足だったのですが。

後、サラの声が池脇千鶴から、よく知らない声優に変わってました。それなら何故、最初から水谷優子さんにしなかったのか全く持って不明です。

さて!映画を楽しんだ後はお待ちかねの舞台挨拶ですよ!

店員さんが取った席は前から4番目と超近いところで、生御大や生池田秀一さんや生古谷徹さんが見られて、もう大興奮ですよ。

とりあえず、は各々の自己紹介をしてから、この映画の一番よかったところなんかを話した後はほぼ誰かが話す→古谷さんが茶々を入れる→御大が話す→古谷さんが茶々を入れる、という流れでした。って言うか古谷さんが話しすぎ。周りの人が話さない分を一手に
引き受けてた感じでした。

最後に皆さんに「新しいラスト」についての御大の言葉をお伝えしたいと思います。
「これから劇場版を観るんだ!」という方がほとんどだと思いますので、白で表示しておきます。反転させてご覧ください。

「あの格好はですね、宇宙服というのはまず宇宙服を着てる、その下に普通の服も着てる、その下には下着も着けてる、だから絶対大丈夫だと思ったんです。」
だそうです!他にも「某F9なんたらのラストで失敗した。」ともおっしゃっていました。つまりこれは御大のリベンジでもあるわけです。

ぜひ、劇場で衝撃のラストをご覧になってください。
by surfaceR | 2006-03-04 23:40 | 映画の話
つーわけで、朝一で買ってまいりましたよ。クライマックスU.C。

飯をかっこんで早速、プレイ!

なお、この後の日記はガンダムがわからない人は全くわからないので、ご注意ください。

ゲームとしてはバーチャロンをやってる感じって考えるのが一番早いのかな。もしくは敵が一編にたくさんでてくる連邦VSジオンか?

まずはチュートリアルで操作の確認。カミーユやらジュドーやらアムロやらが移動方法・
攻撃方法・実践をわかりやすく教えてくれます。一通り操作を覚えたらゲーム本編の開始です。

このゲームには作品別の名場面を好きな順に遊べるクロニクルモードとオリジナル主人公でU.Cを戦えるプログレスモードがあります。

とりあえず、乙はクロニクルモードをビシッとチョイス。最近、ガンダムを見てるからね。

さて、第1話は当然「ガンダム、大地に立つ」じゃろなーと思ってたら、何故か1話が
「大気圏突入」

え?ガンダム立たないの?立てよ!ガンダム!と思いましたが、しょうがないのでシャアザクを撃破して、渋々大気圏に突入。

次はやっぱりグフとバトルじゃろー。「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」ってなー・・・と
思ってたら、何故か2話はジャブロー防衛。しかも、地上でビッグトレーの防衛。

何だ、そりゃー!!原作にねーだろ、そんなシーン!ラル出せや、コルァー!!

しょうがないので、渋々ガウを打ち落としまくって次のステージへ。

ここまで来てもうお気づきでしょう。
名場面がちっとも名場面をチョイスしてない!!ということに。

その後、1年戦争編はソロモン攻略戦に入り、ア・バオア・クー戦で終了。たったの4話かよ!!!と嘆いたのもつかの間、その後4話なんてのはまだ恵まれてる方だということを思い知りました。

続いては08小隊。1話はアプサラスとの初接触。ちゅーか、ぶっちゃけこのシーンよく
覚えてないんですが。
まだ、シローがボールを操作してたシーンの方が印象に残ってます。アプサラスはトロいのでサクッと撃破して第2話へ。

第2話はガンタンクの防衛。事前のブリーフィングでガンタンクを護衛するのが目的だと
言っておきながら、ステージ上にガンタンクのガの字も見当たらないのが気になりますが、ほっときます。
ガンタンク防衛とくれば、ここで登場するのはガンダムが誇るナイスミドル、ノリスのおじ様。ヒートロッドに苦戦しつつ何とか撃破するとご褒美のムービーシーン。(上記の1年戦争編でもありましたが、あんまりだったので割愛させていただきました。)
ノリスのグフとシローのEz-8が対峙。シローはノリスを撃破するも、ノリスの真の目的はガンタンクの撃破。自分の命を賭しても守るべき人のために戦うノリス魂がカッコよすぎる!!

さぁ!ラストはアプサラスとの最後の戦いだぜ!!ギニアスこいやー!!

あれ?おかしいな、Next Stageが選択できないよ。まさか・・・まさか・・・

ここで、08小隊編は終わりかー!!

ラストも見られねぇのか・・・orz

この後「ポケットの中の戦争編」と「スターダストメモリー編」をやりましたが、なんつーか
どこが名場面じゃと。

まぁ、ポケットは戦闘シーンそのものが少ないから、あれしかないんでしょうけど、スターダストメモリーのスタートがソロモン海域からってどうなのよ。せめて、もう1話ぐらい間に挟んでくれ。

ちゅーわけで、今のところかなり期待を裏切ってくれてて、逆に面白いです。これは、プログレスモードが面白くないと到底納得できませんな。
by surfaceR | 2006-03-04 00:40 | 日記