ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

お前ら!ギャングは好きか!

小銭とレシートを少なくしただけで大分財布がスッキリするなぁ。

こんばんは、乙です。

小銭なんてチャチな事言うなよ!もっとでっけぇ額で行こうぜ!
そんなわけで伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日常と襲撃』のご紹介。

この本は映画にもなった前作『陽気なギャングが地球を回す』の続編になっております。とは言っても前作を読んでいなくても十分楽しめる内容(だと思うんですけどね。前作の内容、俺すっかり忘れてたし。)になっていますので、初見の人もご安心を。

しかし、相変わらずこの人は作品の構成が半端じゃなく上手いです。

内容は人間嘘発見器と演説の達人と正確無比な体内時計の持ち主と天才スリが銀行強盗をする話…のはずなのですが、そうもいきません。

作品が、「前述の4人がそれぞれ奇妙な小さい事件に巻き込まれる→その後、銀行強盗→何かちょっと大きな事件起きてない?」ってな感じで進行していくのですが、この流れが実に上手くできているし、最初の4つの事件の中に大小かなりの伏線が詰め込まれていて「え?ここであの話が?」ってのがかなりあります。

小説読んで笑ってスッキリさっぱりしたい方には是非読んでいただきたい1冊です。
とりあえず、自分はもう一回前作読んできます。
[PR]
by surfaceR | 2008-03-09 23:45 | 読書