人気ブログランキング |
ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

京極先生 ご乱心

昨日、今日ときて、明日も休みとなると、すっげぇ心が躍ります。

3連休、万歳。乙です。

今回はですね、京極夏彦先生、最大の問題作(多分)を紹介しますよ。

タイトルは『どすこい』

・・・・・・・・・・・・そんな目で見ないで。

えー、この本は有名作家さんの作品を色々とパロった短編集です。
さらに、それを書いているのは「京極夏彦」という名前によく似たペンネームを持つ、架空の作家です。
以下に作品のタイトルと作家名を挙げていきます。

四十七人の力士・・・新京極夏彦
パラサイト・デブ・・・南極夏彦
すべてがデブになる・・・N極改め月極夏彦
土俵(リング)・でぶせん・・・京塚昌彦
脂鬼・・・京極夏場所
理油(意味不明)・・・京極夏彦
ウロボロスの基礎代謝・・・両国踏四股

・・・・・・・・・・・・だから、そんな目で見るなって。

内容については細かく言いません。話の90%は力士とデブで構成されています。

一体、どういう経緯があって、京極先生がこんな小説を書き始めたのかはわかりませんが、この小説を読むと、新世界が開けるような気がするのは確かです。

上記に書いたパロディ元の作家さんの熱烈なファンで「こんな腐ったパロディやるんじゃねぇよ!」とお怒りの方以外には是非とも読んで頂きたい。
そして、その後に京極堂シリーズや百物語シリーズを読んで、あまりのギャップに悶絶していただきたい。

そして、皆さんの口コミで『どすこい』が今更(失礼)ベストセラーになっちゃったりなんかしちゃったりしたら、もしかしたら・・・
c0041463_22342028.jpg

こんなことだって、あるかもしれないのだ。(ちなみにこの方が京極先生ご本人です。ある意味嘘です。)
by surfaceR | 2006-07-16 22:40 | 読書