ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

タグ:COBOL ( 7 ) タグの人気記事

googleが10周年記念として、2001年当時のウェブを検索できる「google 2001」というサービスを始めたようです。
http://www.google.com/search2001.html
2001年っつーと、7年前ですね。色々調べると懐かしいです。

こんばんは、乙です。

新しい現場に入って、早3日目。初めてPGMを見せてもらったわけなのですが、ん…?何か…見難いぞ…?

ヒィ!日本語だぁ!!

ここで何を言ってるかよくわからない方に解説。
通常、cobolでは命令をする際、日本語名称ではなく英語の名称を別途に使います。

例えば、情報Aという項目があるとします。でも、情報Aという名前ではプログラムが作れないので、情報Aの代名詞として、infoAという名称を設定します。
なので、10という数字を情報Aに入れたい場合は、
MOVE 10 TO infoA
という形になるわけです。
ところが、ここのcobolはMOVE 10 TO 情報Aという式が普通に書けるという事です。

それって、わかりやすくていいんじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何分PGM上だけは英語に慣れてきているため、いざ日本語でこられると「何か、線が多くて見難い…」とか一瞬、本気で思ってしまうわけです。

こういうのって、企画の統一とかしてくれると助かるんですけど、中々難しいみたいなんですよね。そこがまためんどいし、面白いらしいんですが…
[PR]
by surfaceR | 2008-10-03 22:21 | 日記
会社のウォシュレットは洗浄強さを最弱にしてもかなり勢いが強いので、もうちょっと弱めに設定してくれてもいいと思います。

こんばんは、乙です。

今日は会社でPGの変更と新規作成を依頼されました。
んで、ペシペシキーボードを叩いて、作ったわけなのですが、データを入れて流したところ非常に中途半端な感じにしか吐き出されず「???」となっていたのですが、よくよく見てみるとこのエラー。

「研修中に同じエラーになったことなかったっけ?」

言語こそC言語とCOBOLで違うものの、このエラーは間違いなく同じエラー。
記憶の底をひっくり返してかき回して、ようやく発見。早速、実行。

・・・・・・・・・結果としてはその先にさらにもう一工夫必要で結局教育係のSさんのお世話になってしまいました。

でも、やっぱりあの2ヶ月の研修は無駄ではなかったのだよなぁ、ということが実感できてちょっと嬉しく思ったそんな1日でした。

余談ですが、変更前の元のPGを見たSさんが一言。
「何だ、このPG。美しくない。誰が作ったんだ、これ。」
僕はその言葉を聞いたとき、薄ら笑いを浮かべて適当に流しましたが。
まさか正直に「今、僕の真向かいに座ってる人が作りました。」とは言えまいよ。
[PR]
by surfaceR | 2006-10-25 23:41 | 日記
正直なところ、会社で単純作業(例えば、データのコピペを繰り返すなど)の時には、音楽が聞きたくなる。でも、聞けない。しょうがないので脳内で音楽を再生。
昨日は大事マンブラザーズの『歌を歌おう』だったよ。

お早うございます、乙です。

残業だらけの1週間が終わり、3連休が来て、また残業だらけの1週間が始まりそうです。
と言っても、2~3時間ぐらいですが。それ以上は私の集中力がもちません。

昨日から、またやることが変わり、「結合テスト」という段階に入りました。

「結合テスト」というのは、今まで1本1本作っていたプログラムを繋げてもちゃんと動くかどうかをテストする、というものです。
研修の時も一回やったんですが、その時はスパッと一発で通っちゃって拍子抜けしたものです。本来なら、1~2日かかるのは当たり前なんだとか。現に昨日の僕は一日それやってて、結局終わらなかったし。

それでですね、この作業をやる上で、昔書いたプログラムの再確認というのをやらなくてはいけなくて、これがまた何ともなーという感じ。
例えるなら、漫画家さんが自分の初期短編集とか見て「ギャオー」ってなる感じ・・・に近いと思う。
とにかくね、1個「昔の自分は何を意図してこのプログラムを書いたんだろう?」って首をひねるヤツがありましてね。
しかも、現在の俺の見立てではどう考えても正常に働くとは思えない。でも、以前やったテストではしっかり結果は出ている。・・・・・・謎です。

まぁ、こういったことがわかるようになったのも成長の証なんだよなぁ。とか考えて、チマチマと修正をしております。
それにしても、何か笑っちゃうよなぁ・・・
[PR]
by surfaceR | 2006-09-20 06:53 | 日記
Linkin Park 「Breaking the Habit」のプロモってGONZOが作ってたんだね。知らなかった。
しかも、Breaking the Habitって俺がメテオラの中で一番好きな曲だし~。

そういや、大学3年ぐらいから新しいアルバムが出たって話を聞かないんですけど、新譜って最近出たりしました?

こんばんは、乙です。

昨日から、コボルのプログラミング(以下PG)に入りました。
と言っても、既存のプログラムを新しいシステムにマッチするように組みなおすだけですが。

だけど、それでもやっぱり不具合ってのは出るもんで、1個作るのに3~4時間かかったりするわけです。

唯一の救いは1日が異様に早く感じられることぐらいでしょうか。

とりあえず、コンピュータはもう少しファジーな考え方を持った方がいいと思う。
極端な話、やつ等は本来、8700って書くところを8710って書いただけで
止まるからな!
いや、そりゃもちろん重要な所なんですけどね?

でもね、何時間もんモニターと睨めっこしてるとですね、どうしても視点が近くなってしまってですね、普通なら安々と見つけられるはずの間違いが見つからない。
修正箇所がいつまでたっても見つからない→頭に血が上る→ますます見つからない→ますます血が上る→冷静になろうと深呼吸なんぞしてみる→ミスが見つかる→喜び勇んで修正→また、別のミスが見つかる→頭に血が(以下略

ってなもんです。
今月中にPGを終わらせて欲しいということだったので、逆を言えば今月を乗り切れば、問題無し!と考えて、頑張っていこうかと思います。

・・・そういや、夏休みいつとろうかな・・・
[PR]
by surfaceR | 2006-08-04 22:54 | 日記
アタック!25~(挨拶)

こんばんは、乙です。

この会社に配属されて、早2ヶ月。
ついにプログラミングをすることになりました。

ただ、プログラミングと言っても、厳密に言うと「今あるプログラム(以下、PG)に新規の仕様に合わせるように修正を加える」というもの。

大体、今から新規でPGを作成するってことはほとんど無いんだろうなと思う。だって、似たようなプログラムを昔の人が作ってるわけだし。
そういう意味では、大分仕事も楽になってるんだろう。

ただ、昔の人が書いたPGがどこでどのように動いているかということを読み
解く「文章理解力」が無いと、ちとこの仕事はつらいのかもしれない。

そんなわけで、ただいま絶賛PG編集中。

ただ、PGを編集するよりも、PGを見たり編集したりコンパイルしたりするためのツールの使い方の方が覚えることが多すぎてなんだかなぁという感じ。

PGを1月で5本作らなきゃいけないらしいけど、ほとんどが修正だし、200
ステップ程度のPGだから、むしろ余裕がある方だろうと思う。

ただ、まだ見ぬPT(プログラムテスト)というやつがどうなるかは不安だ。
[PR]
by surfaceR | 2006-08-02 23:04 | 日記
大人には聞こえない音だそうです。
僕には何か笑い声が聞こえるんですけど。

こんばんは、乙です。

本日の朝の時点で土曜日の疲れが未だに抜け切れてませんでした。
正直、やばかったです。

本日午前中はずーっとコピー取ってました。
んで、2台あるコピー機のうちの1台を一時、使用不能にしました。ワハハ。

いやぁ、ビックリしちゃったよ。
最初に使ってたコピー機が調子悪くなっちゃってさ。部長が「こっちの方が使いやすいんだよ。」とか言ったからさ、そっちのもう一台の方を使ってたら、隣の
コピー機使おうとした他の人が何か首かしげてんの。
しばらくして、再起動かけたら普通に動き出してたみたいだけど。

そん時、僕、めっちゃ調子悪かったから、心配する余裕なんかなかったけどね。

山のようなコピー(1000枚以上は確実に刷った)を午前中に終わらせて、
午後はCOBOLのお勉強。
多分、7月からは自分もプログラムを組まされるようになるだろうから、それの予行練習みたいなことをやってました。

しかし、やってることが5月の研修の内容をまんまCOBOLに移し変えたような内容だったから驚いた。

基本的にプログラムの基礎は計算・配列・照合の3つに代表されるみたいなんですね。

5月の研修ではC言語の計算・配列・照合を繰り返し。

今日やったのは、COBOLの計算の問題。
今日聞いた限りでは、明日からは配列の問題をやるみたいです。

根っこの部分では、本当に同じなんだなぁということがこんなところで実感できたのは喜ばしいことなのですが、問題はそれがわかったところで、COBOLが理解できたというところには繋がらないということでしょうか。

これからが本当の戦いだ!
[PR]
by surfaceR | 2006-06-26 22:25 | 日記
今日も今日とて定時に帰っております。
先輩曰く、来月からは毎日のようにパーティの予定が入るらしく、定時に
なんて帰れないそうですから、今月くらいはいいよね?

こんばんは、乙です。金いらないから、定時に帰らしてくれ。

課題にいそしむ日々(と言っても、まだここに来て3日しかたっていませんが)が続いております。

本日はソースプログラムを見て、そのソースがどんな動きをして、何をしているのかを解析しろというもの。

だけどね、まだcobolのプログラムを一度も組んだことのない人間に、500
ステップ(500行ってことです。普通初心者は長くても100行くらいが限度だと僕は思う。)近くあるプログラムの解析はちょっとつらいんじゃないかなとか思うよ?

とりあえず、やってみたけどさ。あっちゃこっちゃに指示が飛んでて全然わかんねぇ。

結局、今日はそれに1日費やして、納得のいく答えが出ないままこうしてノコノコと帰ってきたというわけです。

今の自分にできることは本当に少ないよなぁ。さ~て、今日やったことの復習でもしますか。
[PR]
by surfaceR | 2006-06-14 20:46 | 日記