ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

沖縄?ハワイ?アメリカ?イギリス?ハッハーン、小さい小さい!本の中なら火星だろうが木星だろうが、オーヴァーロードの母星だろうが一瞬だぜ!

こんばんは、乙です。

そんなわけで5月に予告した通り6月からこっちSF祭りなわけですが、面白いのはいいのですがいかんせん結構疲れるので読むペースが思ったより上がらないのが困り者。

6月~7月をまとめても以下のとおり。
レイ・ブラッドベリ著『華氏451度』
レイ・ブラッドベリ著『火星年代記』
レイ・ブラッドベリ著『10月はたそがれの国』
レイ・ブラッドベリ著『たんぽぽのお酒』
ロバート・A・ハインライン著『月は無慈悲な夜の女王』

ククク、面白いくらいブラッドベリ一色だぜ。
『華氏451度』は近未来、争いを回避する為に感情を揺さぶるもの、絵画とか小説等を焼き払う仕事をしていた主人公がある少女と出会って自分の仕事に疑問を持ち始める話。
映画の『リベリオン』が世界観をオマージュしてるからそっちの方が有名かな。え?『リベリオン』知らないって?ガン=カタだよ!ガン=カタ!超かっこいいだろうが!

『火星年代記』は前半と後半に分かれてて前半は火星に地球人が火星人がいるのかなーって調査に来る話で後半は火星に移住した地球人の話。前半はホラー。後半はSF。一粒で二度美味しい。

『10月はたそがれの国』は普通(というと変か)の短編。というか、この人の作品はSFでも基本怖い。怖いというより薄気味悪いかな。流石エドガー・アラン・ポオとか好きなだけはある。麦を刈り取る仕事に就いた男が実は刈り取っていたのはただの麦じゃなかった事に気づく話とか、交通事故の現場のある共通点に気づいてしまった男の話とか。

『たんぽぽのお酒』はそんなブラッドベリ作品には珍しく片田舎の少年の一夏を描いたジュブナイル。どうなんだ、これ。40代とか読んだら泣いちゃうんじゃない?と思える話。…まぁそれでもところどころ気味悪い話もあるんですけど。

こんだけこの人の本を読んでて思ったのは、科学万能の世界になるにつれて、神秘主義とか怪奇とかが消えてしまう世の中というのをすごく憂いていたのかなと。現に作品の中でそういうものが出てきた時は大体衰退しつつある事を描いているものばかりだし。今の時代はまだまだそういうものが存在する余地はあるけど、じゃあ100年後に宇宙旅行が当たり前になった世界でそれこそ日本で言えば江戸川乱歩なんかが忘れられてしまうなんて事になってしまうのは寂しいよなと思います。
後は科学を発達させすぎるとろくな事にならないというところでしょうか。短編より長編の方でそういう傾向はあると思います。

上記の本の中で一番面白かったのは『火星年代記』かな。特に前半のホラー部分。まじ火星人怖すぎる。

SF三昧と一応今月で終わりそうなので、そしたらまた順次買ってる本消化祭りに入る予定。他にも読みたい本沢山あるしなぁ。全く困った困った。時間がいくらあっても足りやしねぇぜ。
[PR]
by surfaceR | 2012-08-19 23:44 | 読書
雨降る雨降るって言われてましたけど、大して降りませんでした。
降ろうが降るまいが僕のインドア生活には支障はありませんが。

こんばんは、乙です。

c0041463_20461312.jpg

えと、サイパン旅行4日目ということですが、正直4日目は朝2時くらいに起きてそのまま空港へ直行。日本に帰宅。という流れだったのでロクにお話する事はございませんでした。

空港のチェックが日本に比べてかなり厳重だったというくらいでしょうか。あの人ら本気だもん。怖いもん。

というわけで、旅行日記では基本的にイベントと食った飯の話しかしなかったのでそれ以外のことでも。
c0041463_20461937.jpg

c0041463_20462355.jpg

上の写真はホテル前に立ち並ぶ飲み屋の看板。「六本木クラブ」はまぁ百歩譲って良しとして「カラオケ館」はねーよ。

1.客引きがオメガうるさい
これは日本だって同じですね。ただ、ガイドブックにも「客引きには何も答えないように」と書かれてもいますので、フレンドリーに現地住民が話しかけてきても基本的にシカトするのが正みたいです。日本人は平和ボケしてますからね。回りは全部敵と思うくらいの精神でいいんじゃないでしょうか?知らんけど。

2.日本語でもどうにかなる
観光客の大部分が日本人だったからか向こうさんもカタコトの日本語は話せるので、それとジェスチャーでどうにかなります。こっちだって簡単な英語くらいは理解できますし。
後、お土産屋さんでは日本円使えるところもあります。後から考えると両替手数料とか含めてあれ?日本円で買ったほうが安上がりだったんじゃね?と思えた場面もあったとかなかったとか。その代わり札しか使えないですけど。そういや、お釣りはどうやって計算すんだろ。何か処理がめんどくさそうだ。

3.あたりを飛び交う中国語
グアムとかサイパンの観光客はきっと日本人ばかりに違いないと思ってたのですが、どうも中国の景気はかなりいいみたいで、回りの観光客は6割くらい中国人でした。こんなところで世界経済の実態を知ってしまうなんてショック。というか、あの人ら声でかいからそういう風に思えてしまう説も無くはない。
しかし、中国人は声大きすぎ。もう少し絞って話してくれないもんかね。お国柄だからしょうがねーっちゃーしょうがねーんだろーけど。

4.歩いて5分でも自動車送迎
これはホテル側というか旅行会社のサービスですね。歩けばすぐのところに往復の自動車送迎が付きます。いや、そりゃあね、飯食いに行くたびに客引きに絡まれるのは確かにうっとおしいから助かるかもしれませんが、そのためだけに車走らせるというのも不経済と言いますか何と言いますか。使いませんでしたけど。

こんなもんでしょうか。「飯 美味い」とか「風景 綺麗」とかは月並みにすぎるので割愛させていただきました。これで、長かった(書くのに空いた期間が)サイパン旅行の話も終了。これからはまたいつもの週記に戻ります。
[PR]
by surfaceR | 2012-08-13 21:12 | 日記
進退問題とかめんどい。
でも、あれですか。もうすぐ会社がどうとか考える年齢なんですか。

こんばんは、乙です。

さて、サイパン旅行3日目。
この日は午後まで特にやる事も無かったので、まずは近くをブラブラ歩いて朝食を取る。
前日の朝食はホテルのバイキングにしたんだけど、朝で20ドルくらいかかったので馬鹿らしいという話に落ち着いたんだよね。
c0041463_14134256.jpg

ドーナツ2つとコーヒーで約4ドル。お安いね。

食べ終わった後はグルリと辺りを散策…とは言っても、特に見るべきところがあるわけでもないのでひたすら歩く。
c0041463_14164661.jpg

朝の浜辺。綺麗。しかしやたらとマリンスポーツを薦めてくる現地の方が頻繁に話しかけてくるので油断は禁物。

ブラブラと散歩を約1時間程度したけど、それでも時間は余る。何しろ今日のイベントは3時からなのだ。

んだもんで、色々しましたよ。マッサージ受けたり、ホテル備え付けのプールで泳いだり、これまたホテル備え付けのビリヤードで遊んだり。しかし、このプール遊びが後にとんでもない事を引き起こす事になるのを僕らはまだ知らない。

そうこうしてる間に時間がきたので、またバスに乗って移動。

今日のイベントは、
c0041463_14222197.jpg

潜水艦に乗って海の中を見ようツアー!イエーイ。…ええ、明らかに僕を殺しにかかっているイベントですね。ツアー申し込み者は僕に何か恨みでもあるんでしょうか。

しかし、僕にとってラッキーだったかアンラッキーだったかはよくわかりませんが、実際潜ってみたら海の中は曇っちゃって曇っちゃって正直、前がろくに見えない状態。
c0041463_1424610.jpg

一番、綺麗に撮れた写真でこんな感じだったかんね(ただ、写真に関しては僕のキャメラが旧式だったという点もあった。確か友人のスマホの方が綺麗っぽかったし)。
「こちらが戦時中に墜落した戦闘機の残骸です。」って言われても!何か塊があるようにしか見えないし!わずかにプロペラが見えた程度だし!

というわけで、潜水艦ツアーはちょっぴり残念な結果に終わってしまいました。まぁ、あれで視界がクリアで魚がワンサカ見えたらどうなってたかと思うと、一概に残念とだけは言えない気もしますが。

ホテルに帰宅。この時点で確か時刻は17時。まだまだ夕飯には早い時間ですね。お昼もたっぷり食べてるんだし。

「そういえば、ここにきて夕焼け見てないよ!」というセリフに一同心を動かされて夕焼けを見るために浜辺へ。

c0041463_14332271.jpg

雲すごい。

海だから当たり前っちゃあ当たり前なんですが、向こうってそれほど高い建物が無いので空がすごく広い印象。こっちは空見上げても空と自分の間に異物が多すぎてそれって少し悲しい話ですよ。
とか言ってる内に夕焼けですよ!奥さん!
c0041463_1435269.jpg

雲でバッチリ隠れちゃったけどねー。夕焼けェ…高笑いするエセ天使(究極魔法で瞬殺)なんかが出てきそーな光景ではあります。
c0041463_14435352.jpg

折角なので、一足先に29歳になった友人Aに黄昏れてもらいました。

でもでも、もう一個収穫が。
c0041463_14365036.jpg

虹ですよ!旦那さん!
こんなにハッキリした虹を見たのは初めてかもわからんよ。しかも、10分近く消えなかったしね。全く大したもんだよ。
しかし、虹って7色だったんじゃなかったっけ?あ?見え方が違うんですか?そうなんですか。

こうして、3日目もつつがなく終了…おっと、まだ夕飯が残ってましたね。
c0041463_14473312.jpg

ハイ、ドーン!
……ちょ、ちょっと待て!お前ら、今何時だと思ってやがる!まだ18時だぞ!俺、家だと大体21時~22時に飯食う人間なんだぞ!まだ全然腹減ってねーっつーの!
うん、頼んじゃったもんはしょうがないよね。ちなみにこれ、右の肉はスペアリブです。スペアリブとライスとポテトとエビな。正直、死ぬかと思ったわ。スペアリブだったからまだ食う量少なくて助かったかもしらん。

ようようお腹に詰め込んで、その後は散歩がてらお土産を見る事に。諸事情により4日目は見る暇が無かったので、ここで色々購入。

そうしてホテルに帰って来てダラダラして寝るという段になってここで問題が!
「両肩がヒリヒリして痛いよぅ…」
そうです。ホテルのプールに入った際、日焼け止めを塗ってなかったんですね。初日の日記にも書いた(気がします)のですが、サイパンの紫外線量は日本の2~3倍。日焼け止めを塗らないと死ぬよ!とガイドブックが教えてくれていたにも関わらずこの体たらく。全く救えませんね。

とにかく、Tシャツがこすれても痛い。何とかせにゃという事でタオルを水に浸けて応急処置。後は飲み物で身体自体の体温を下げる応急処置。コレしかねぇ!そのタオルもちょっとこすれると痛いという難点もありましたが、とにかく寝るには寝られましたよ。やれやれだぜ全く。この日は睡眠時間も少なかったってぇのに。

これで主なサイパン旅行のイベントは終了しました。最後の4日目「さよならサイパン、またきてグアム」でお会いしましょう。(グアムには行ってません。)
[PR]
by surfaceR | 2012-08-04 14:38 | 日記
金曜のこんな時間から失礼します。

こんにちは、乙です。

サイパン旅行2日目の後半、というかもう1月前の話だからとっとと終わらせないとね。

ダイビングが終わった後、結構時間があったのでグルリと一周。ココナッツとか色々ありました。
変な像もありましたが、よくわかりません。
c0041463_15464731.jpg

やどかりもいたよ!

そうだ。お昼はー…何だっけ。何かの肉が入ったハンバーガーで旨かったですが、忘れました。確か日本じゃあまりお目にかかれない類の肉だったとは記憶しているのですが。

c0041463_15465341.jpg

その場でシェイクしたバナナジュース。
ストローが細いので、時々シェイクしきれなかったバナナが引っかかって飲めなくなります。まぁ適度に甘みがあって美味しい。友人はスイカジュースを飲んでましたが、これは…まぁ程々。

適度に時間を潰した後は最後のイベント、パラセーリング。
字面だけ見ると正直何をやるのかよくわかりませんね。僕もよくわかってませんでした。

平たく言うと、凧のようなもんでパラシュート背負ってボートに乗ります。すると、風を掴んでパラシュートが上空高く舞い上がり一緒に空中浮遊できるというわけですね。

これも前に書いたダイビングと同じでしょうか。とりあえずやってみてくれと。

この時間はちょっと天気が不安定で雨が降ったり止んだりしてたのですが、僕が上がった時は幸いにも雨降りの合間だったので太陽の光が海を照らして、一部分だけ黄金色のように見えて大変素晴らしかったです。お宝でも眠ってたんじゃないでしょうか。
後、水平線ってやつをちゃんと意識して見たのって初めてなんじゃないかなぁと思ったり思わなかったり。地球って丸いんですよ。不思議ですね。
風もそんなに強くなかったんで、メガネつけて上がれたのは幸運。風で吹っ飛ばされるのが怖かったんで外して上がろうとも思ったのですが、今思うと吹っ飛ばされようがよく見るためにはメガネは必要だったなと実感。

しかし、マリンスポーツやるとなるとやはり目が見えないというのはキツイですな。コンタクトつけてれば多少は軽減できるんでしょうが、ちょっぴり不便。かと言って目の手術をしようとは思いませんが。

これにて、マニャガハ島ツアーは終了。16時にサイパンに帰る最後の船が出るのでそれに飛び乗って帰宅。

さて!帰った後はもう特にする事はない(ぶっちゃけた話、マジで無いよ。お姉ちゃんと遊びたいってんならまだしも。後、ミニカジノみたいのもあったけど怖かったので行かなかったし。)ので、夕飯です。18時くらいから。早いですね。

c0041463_154658100.jpg

肉ドーン!
「おいおい、昨日も肉だったじゃあねぇか。3日間肉漬けか?とんだアメリカナイズっぷりだな!」と思ったあなた。その通りですが、何か?
だって、他に食うもんねーもの。実際、ベジタリアンが向こう行ったらどうすんだろうね。絶対困るよね。

とにかく肉ですね。これはサーロインステーキです。友人はもう一個別のランプステーキ…じゃ無かったよなぁ。そんな部位の肉を食べてました。

食べ終わった後、コーヒー飲んでた友人にお腹叩きながら「もうお腹イッパイでぶー」って言ったら、コーヒー吹き出しそうになってました。喜んでくれて何よりですね。地獄に落ちろ。

こうして、サイパン旅行2日目は終了。3日目「いや、真っ白すぎるだろ」に続きます。

あ、タイトルの答えですが、正解は「甘い」です。ここ、テストに出るので。
[PR]
by surfaceR | 2012-08-03 16:15 | 日記