ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日明日は梅雨の中日だそうで。
また雨っつーのも何とも憂鬱な話ですね。

こんばんは、乙です。

そういう時こそ家にこもって体育座りしながら読書というのもアリだとは思いますが。
というわけで、5月分の読書ー。

山白朝子著『エムブリヲ奇譚』
米澤穂信著『ふたりの距離の概算』
米澤穂信著『追想五断章』(再読)

うん、少ないね。色々と事情が…特に無いけど。

3冊とも全部当たりだから「とりあえず、全部読んでみてください」と土下座してお願いする勢いでありますが、米澤作品は疲れた時に読むと樹海まっしぐらな本なので、心が穏やかな時に読んでください。
特に『追想五断章』は、再読のはずなのに再読時の方が異常に心の急所を刺してえぐってきた謎の作品。もうなー、語りかけてくるんですよ。「キミ、このままだと一生何も遺せずに腐りながら終わるだけだよ。」ってさぁ!

…えー、取り乱しました。
後は山白朝子氏の『エムブリヲ奇譚』ですか。某Z一の人の別ペンネームと言われてるとか言われていないとかな方の2冊目です。
元々、この人の作品との出会いは某怪談雑誌に連載されてたこの本の表題作を一読惚れしてからだったので、こうして単行本にまとまったのは嬉しい限り。

内容は江戸時代、旅本(現在のるるぶ的な本)を書くために全国を旅するものの、何故か必ず道に迷って奇妙な場所に着いてしまう和泉蠟庵とそのお付きの人の話。
とは言っても、道に迷う元凶となる和泉蠟庵はどこに行っても大抵飄々としているので、主な語り部はお付きの人の体験になります。

僕が惚れ込んだ「エムブリヲ奇譚」はハートウォーミングな話だったのですが、その他の話は怪談雑誌に載っていただけあって、実に怖いです。どちらかと言うと、化物な怖さではなく人間の怖さを描いてはおりますが、行く先々が異郷なので、そこんところの怖さとうまい具合に混ぜ合わさっててとても怖面白いです。

おぉ、そういやこれから夏になりますしこういう怪談はちょうどいいんじゃないかな?かな?
[PR]
by surfaceR | 2012-06-25 00:04 | 日記
チラ裏な話。

こんばんは、乙です。

レイ・ブラッドベリ氏が先日お亡くなりになりました。91歳だそうで。ご冥福を…と言えるほど氏の作品を愛読させていただいていたわけではないですが、偉人がお亡くなりになるというのはやはり驚きと悲しさがありますな。

というわけで、今月の読書予定は考えてはいたのですが、予定を変更してSF作品漬けにでもなってみようかなと。ただ、今週はちょっと返却期限等ある本があるので来週2週間で。

まず、レイ・ブラッドベリ氏の本。
著作を見てみたら『歌おう、感電するほどの喜びを!』しか読んだことが無かったので色々抑えたい。どうしてSF作品ってのはこう人の興味を惹きつけるタイトルが多いんだろ。『歌おう~』だって完全にタイトル借りだったしな。

やはり代表作(だと思う)の『華氏451度』、『火星年代記』と短編(こっちはやっぱりタイトルで)の『ウは宇宙船のウ』は読んでみたい。

それが終わったら、SF界のビッグスリーと呼ばれてるアーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフ、ロバート・A・ハインラインの作品にもできれば手を付けたいけど正直、上の3作で2週間終わるんじゃね?という気がしなくもなくもない。

こちらの御三家も大変失礼な話ながら、著作をほとんど読んだことがないので代表作で。クラーク氏は『幼年期の終り』、『2001年宇宙の旅』(これ、シリーズみたいだけどどうしよう)の2作。
アシモフ氏は…と思ったら長編作品、めっちゃ長い連作じゃないですかー。一作だけでも大丈夫かしらん。(自分が満足するか的な意味で)後、唯一昔読んだ短篇集の『われはロボット』はすごく面白かったので、これを機に購入してもいい。むしろ購入したい。「ロボットは肉体的にだけじゃなくて精神的にも人間を傷つけてはいけない」って、確かにロボット三原則になぞらえればその通りなんだけど、読むまでそういうケースを考えもしなかったものなぁ。流石提唱者。
ハインライン氏も一作も読んだことないので『夏への扉』、『月は無慈悲な夜の女王』で。『月は無慈悲な夜の女王』ってタイトルは何とも厨二心をくすぐるタイトルでありますなぁ。

……全部読み終わったら、日本の御三家にも手ェ出そうかと思ったけど、こりゃ無理だな。星新一氏と筒井康隆氏は結構読んでるから今回はスルーさせてもらうとしても小松左京氏は例によって一作も読んでねぇしなぁ。『日本沈没』くらいはせめてなぁ。まぁ、時間が足りなかったら来月に回せばいいだけの話だけれど。

さて、今月どこまで読めるやらやら。
[PR]
by surfaceR | 2012-06-10 20:39 | 読書
6月からクールビズが始まった会社も多いんじゃないかと思います。
もうすっかり夏ですね。大変ショッキングな夏ですね。
いや、これは聞いた話なんですけど。聞いた話なんですけど。友達の友達の兄弟の嫁さんの親戚の隣に住むお爺ちゃんの50年前の話らしいんですけど、去年か一昨年に買ったTシャツを着てみたらパッツンパッツンだったくらいショッキングな夏ですね。

こんばんは、乙です。

さてさて、え~全然関係無いお爺ちゃんの話は置いておいて。
先日、友人に『水曜どうでしょう』のDVDをまとめ貸しした訳なのですが、それを返してもらう時にお礼と称してこんなものをもらいまして、
c0041463_19483022.jpg

ガンダムAGE-1ノーマルの1/144プラモだよ!イエーイ!

これは今大絶賛放送中の『ガンダムAGE』の第1号主役機です。
『ガンダムAGE』がどんな話かというのは、ちょっと僕の口からは言い難いんですが、なんと言いますか「カレーライスライス抜き」というか「チャーシュー麺チャーシュー抜き」と言いますか。うん、何言ってるかよくわかりませんね。察してください。

さて、そんなガンダムAGEのプラモです。しかも、1/144です。僕、子供の頃は元祖SDガンダムとかBB戦士しか作ってなくて、1/144とか1/100には手を出してなかったんですよ。なので、今回がもしかしたら初めてかもわからんのですよ。
まぁまずは作ってみないと始まりませんね。いやいや、こんな事もあろうかと未だに机の中にニッパーだけはあるんですよ。我ながらビックリの準備の良さですね。
まずは説明書……は無い。説明書無くてどうやって作るの?と思ったら、箱の中に書いてあるんですね。省エネでしょうか。「こんな説明だけで足りるのかなぁ」と思ったけど、足りるみたいですね。1/144ってこんなシンプルなんだ。知らなかった。
まずは頭パーツを作るという事で指定のパーツをニッパーで取り外して…んん?何かパーツとランナーがすごく密着しててニッパーをねじ込む隙間が無いんですけどーと思ったら注意書きが、

「キレイに手で取り外そう」

……………何……だと…?

ニッパー使わねぇのかYO!ニッパー使わないと綺麗に取れねぇじゃん!何かギザギザになっちゃうじゃない!
…とか思ったんですけど、クイクイやったら普通に取れました。すごく新鮮。いやぁ、技術の進歩ってすごいんですね。ビックリです。

そんなこんなで30分くらいで完成。
あ、後、シールも使わないんですね。マジビックリ。シールに関しては昔上手く貼れなくて切ない思いをしてた事もあったので、無いんだったら無いほうがいいですけど。
こんな感じ。
c0041463_1948374.jpg

う~ん。やっぱり墨入れしないとかっこ良くならないのかな。
c0041463_1948423.jpg

でも、ペンは持ってないからここまででしょうか。

DVDは3セット分あるので、他のプラモももらえるらしいです。
こうやってたまには手先でパチパチすんのも楽しいですね。
[PR]
by surfaceR | 2012-06-03 20:17 | 日記