ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日、ママンに言われて庭の木を切ったのですが、切ってる最中からもう背筋が痛くてしょうがないんですよ。
主に両肩の後ろあたりが。

こんばんは、乙です。
明日になったら筋肉痛以上のおぞましい何かになっていない事を切に願うばかり。

話はザラリと変わりまして、ちょっと今話題(?)のステルスマーケティングにチャレンジしてみようかと思います。
ステルスマーケティングが何の事かわからない人はぐぐってみよう!

いやね、昨日メガネをちょっと新調したんですわ。
友人が大阪駅前店で働いてるZoffでね!Zoffでね!

事前に「今、どんなんがナウなヤングにバカウケなの?」と聞いたところ「Zoffsmartてのがあるでよ。」という有難いお言葉が返ってきたので、今回はそいつを目標にして物色。

お店に入ると事前情報通り入り口近くにバーっとコーナーが広がっておりますですよ。

さてさて、肝心のZoffsmartですが、第一印象はやたらとペラペラ。まぁsmartを名乗るだけあってこういう風になるのも当然と言えば当然かも。
それとペラペラなのでかなり軽い。確かお店に何gとか書いてあった気がしましたけどそこはよく覚えてません。でも、前につけてたのと比べても軽いと思う。
これなら、鼻のメガネ痕はあんまつかないんじゃないのかな?そこんとこどうなんだろうね。

カラーバリエーションも豊富だったので2~3種類をためつすがめつして僕が好きな青色をビシッとチョイス。今回は冒険とかしない。

作ってもらって実際レンズ入れてから思ったけど、僕はことさら視力が悪いので結構厚いレンズを削ってもらってるんだけど、そうするとフレーム自体も薄いからちょっと気になっちゃう人もいるのかなと思ったり思わなかったり。僕はあんまりそういうの気にならんけど。

さてさて、あんまりガツガツ誉めてないから、目的のステルさないマーケティングになったかどうかはちょっと疑問だけど、どうでしょうかね、お客さん。

あ、後僕は今回お金無かったんで作ってないんだけど「ZoffPC」とかいうPCを長時間見ても疲れないレンズってのも売り出し中だったのでデスクワークの人はコレを機に「Zoffsmart+ZoffPC」にチャレンジしてもよろしいじゃないでしょうか。
[PR]
by surfaceR | 2012-05-20 23:53 | 日記
日本晴れだったり大雨が降ったり風が強かったり地震が起きたりで昨日はすごい1日でしたね。
地震はトイレに立ってる時に喰らいました。とんだサプライズですね。

こんばんは、乙です。

というわけで、4月読書の話。

唯川恵著『天に堕ちる』
冲方丁著『天地明察』
米澤穂信著『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠回りする雛』
西村賢太著『苦役列車』
村上春樹著『夜のくもざる』(再読)
植村峻著『紙幣 肖像の歴史』

4月はやっぱり『天地明察』が一番面白かったかな。

渋川春海という人が自分の半生をかけて新しい暦を作るって話なんだけど、ここまで読んでてワクワクする小説は初めてかもしれない。最初の測量旅に出てくるおじいちゃん博士二人がすごい好き。
後、あくまでフィクションだけども、渋川さんの謹厳実直な人柄とかすごく好感がもてる。

個人的には夢を追いかけててつまずいちゃってる人なんかに読んで欲しい。将来の事とか全然考えてない僕が読んでてこんだけエネルギーもらえたのだもの。きっと何かしらの一助になってくれるはず。

この渋川春海って人、新しい暦を作るって他にも文化的にかなり多大な貢献をしてると思うんだけど、日本史で習った記憶が無いんだよなぁ。
保科正之の時代だから徳川家綱の時代って生類憐れみの令のインパクトが強すぎて他の印象が無いのか何とも不甲斐ない限り。というか、もっと文化とか力入れて教えなよ!面白いじゃん!(責任転嫁)

そういや、『天地明察』って映画になるんですよね。どう考えてもボリューム収まり切らないと思うけど大丈夫なのかなぁ。
[PR]
by surfaceR | 2012-05-19 01:14 | 読書
今日は雹がすごい降りましたね。
外出してた皆さんは大丈夫でしたか?

こんばんは、乙です。

というわけで、伊豆旅行の2日目。

夕食に引き続いて大変豪華な朝食を頂きまして、チェックアウト
…の前に、
c0041463_2115130.jpg

大浴場のところに置いてあった「はっぴーぴえろ」をプレイ。友人曰く『ゲームセンターCX』で出てくるという話だったのですが、僕はあんまり見たこと無いのでよくわかりません。

300点以上取ると景品がもらえる(ここでは『ドラゴンボールZ』の指人形でした)という事でまずは友人がレッツトライ…しましたが、2回やっても300点に届かず。
何か100円いれてもらったので、僕もやることに。
…………あ、できたよー。というわけで、一回で300点以上取れました。(もらえたのはトランクスの指人形でした)以上。

チェックアウト後にまずむかったのは、
c0041463_21155529.jpg

わさびの店。こないだ『モヤさま』でも出てたらしいから知ってる人もいると思います。
ここではまず「びーわさのルービー」を購入。(つい先日、友人宅で飲みました。飲んだ時の味はそう悪くないとは思ったんですが、後味が死ぬほど悪いです。味には期待しないほうがいいと思います。)

続いて食べたのがわさびソフト。
c0041463_21155989.jpg

これはバニラアイスにわさびが練り込んであるタイプ。甘さとわさびが同居してて何というかかんというか。僕はわさびが苦手なので、特にダメだったかもしれません。
そして、さらにこれ。
c0041463_2116368.jpg

友人が買った、バニラアイスの横にわさびが添えつけてあるというキワモノ。
これはもうぶっちゃけた話、「何ということをしてくれたんでしょう」という感じでした。一体だれが企画を考えたんでしょうね。

わさびを「コレ以上はご遠慮願いたい」というぐらい堪能した後は、
c0041463_21162468.jpg

c0041463_23105032.jpg

海が見える温泉へ。(肝心の名前を忘れました。後、これは休憩室から撮った写真です)
ここは露天から海が見えるという事ですごくいい景色でした。絶景というのはああいうのを言うんでしょうなぁ。いつもお風呂入る時はメガネをかけないで入っているのですが、ここはメガネかけていけばよかったかなぁと思いました。これで雨が降ってなければもっとよかったのかなとも思いましたが、雨に煙る海というのもなかなか乙なものだったかな、と。

これで今回の旅行の工程全てが終了しました。
後は帰るのみ!だったのですが、これがまた一苦労でした。

上の温泉の写真を見てもらうと、道に車がポツポツあると思います。これ、渋滞してるんですよね。

しょーがないので遠回りして山道を行ったわけですが、これがまぁ雨降るわ霧は出るわナビが道を間違えるわでエライことになっておりましたよ、えぇ。本当に運転してくれた友人はお疲れ様でした。

こうしてG.W最初で最後の旅行は終了。後は家でゴロゴロしたりしてました。以上。
[PR]
by surfaceR | 2012-05-06 23:52 | 日記
この旅行で気づいたこと。
矢島美容室の「はまぐりボンバー」とサザンオールスターズの「BOHBO.No5」のサビは似てる。

こんばんは、乙です。

G.Wですね。皆様どうですか?9連休取ってる人もいますけど、僕はカレンダー通りのお休みです。

というわけで、限りある休みを大切に!前半で伊豆まで旅行に行って来ました。

c0041463_22172244.jpg

初日は大変天気がよろしかったです。海岸線を走ったら海がすごく綺麗でした。

c0041463_22321560.jpg
c0041463_2217255.jpg

(僕がおトイレ我慢できなくて)途中で寄った親水公園(って名前?)。
『金色夜叉』に出てくる貫一とお宮が別れた場所らしいです。「お宮の松」があるらしいのですが、車を停めた場所からはかなり離れていたので断念。
写真はそこにあったモニュメントと説明。柱の根元に手を置くところがあってそこでお祈りするんだとか。
考えてみりゃ、『金色夜叉』のモデルになった場所が恋人の聖地ってのもおかしな話ですが。
ここは浜辺になってて、気温もすっかり夏かと思うくらい暑かったので、遊んでる人がかなりいました。
まぁ、僕らは海で遊ぶんじゃなくて温泉浸かりにいくのが目的だったのでスルー。

しばらく走らしてお腹すいたねーって事でこの旅行初のご飯タイム。
c0041463_2217282.jpg

c0041463_22173354.jpg

金目鯛丼とあんこうの唐揚げ。美味い。ちょっとお醤油をかけすぎちゃったんだけど、サッパリしてて甘みがあって美味しかったです。

海の幸を堪能して、この日唯一のメインイベント。
c0041463_224335100.jpg

「アンティーク・ジュエリー ミュージアム」へ。
何か色々宝石が置いてありました。宝石も綺麗だったけどそれよりもカメオがすごい彫刻とか細かくてあれは見てて飽きないかもしれない。
ここに何で寄ったかというのは、まぁ面子の1人のリクエストがあったみたいです。

ここで宿のチェックインもあり、本日の行程終了。
僕は「ご飯の前にお風呂に入る派」なので、お風呂へ。
時間も早かったからか僕の他には数名しかお風呂にいなかったので堪能。
露天風呂のぬるさが外の風の冷たさともあいまってもう最高でした。
しかし、右手の方にマンション建ってて明らかにこの露天風呂が見えてるけど、大丈夫なんかなぁ。男はともかく女の方は見えないようになってるんだろーけど。

c0041463_2313123.jpg

夕飯。豪華。美味い。出てきた時は「いやー、無理だわこの量。食えないわー。」とか言ってたけど、結局全部食べちゃったもんね。ご飯3杯もおかわりしちゃったし。

その後は例によって、飲む。ひたすら飲む。飲んで話す。もう全部話す。プライバシーとか特に無い。というか、我ながらよくもまぁあんだけベラベラしゃべったもんだと思う。ちょっとおかしい。まぁ、後半はずっとゲラゲラ笑ってたから多分おかしかったんだと思う。
そのせいで翌日は喉が酒やけしてたり、夢見が最高で最悪だったりしましたがそれはまた別の話。
[PR]
by surfaceR | 2012-05-03 23:26 | 日記