ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんばんは、乙です。

もう11月も半ばになっちゃったけど、10月に読んだ本をザッとおさらい。

三島浩司著『ダイナミックフィギュア』
東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』
筒井康隆著『夜を走る』
筒井康隆著『出世の首』

ん、意外と読んでない。
ただ、これはあれだよ。『ダイナミックフィギュア』が新書サイズで分厚くて上下巻だったからだと思うんだ、うん。

こん中だと『ダイナミックフィギュア』も面白かったけど、やっぱり『夜を走る』かなー。つか、この本は短篇集でその中に収録されている「経理課長の放送」が電車の中では絶対に読めないほど面白かったので、借り直して再読したわけなんだけど、今回も笑った笑った。

ラジオ放送局がストに突入して放送するスタッフが皆いなくなっちゃったから経理課長がラジオDJやって他の課長やら部長さんやらが音楽流したりするって話で、まぁ当然上手くいくわけ無くてグダグダになっていくんだけどそのグダり具合が向こうは必死でやってるのにグダっちゃうところがすごく面白いと僕は思うんですけど、どうなんでしょうね。ちょっと他の人にも読んでもらって爆笑するかしないか判定してもらいたいところなんですけど。

この本だけじゃなくて「経理課長の放送」は他の短篇集にも収録されていたりするので、もし図書館が筒井康隆先生の短編を見かけたら手にとって中を見て確認してそのまま貸出カウンターに持っていただけたらなぁと。
もしくはもう書店でお買い求めいただいてもいいかなぁと。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-19 22:31 | 未分類
写真の日付見て思い出したわ。10月だよ10月。

こんばんは、乙です。

そんなわけで宮崎旅行の3日目の話。
もう一月も前の事なんで、正直自分もうろ覚えの感がありますが、特に気にしない。

えーっと3日目はー。そうそう!「コスモス畑(だったかな?)が見たい」というリクエストで
c0041463_22335229.jpg

何とか古墳というところに行きました。

肝心のコスモスはまだ時期じゃなかったということで全然咲いてなかったので古墳散策へ。

c0041463_22415771.jpg

登ったら景色綺麗。

ここは第3古墳群(だったと思う)で、他にも古墳が乱立しているらしいのですが時間との兼ね合いで軽く車の中から眺めるだけで留めておきました。

軽く朝食っぽいものを食べて、その後はおみやげ屋さんへ。
c0041463_22432811.jpg

酒~泉~の~杜~
そうですね。何よりお酒ですね!

宮崎、というか九州は焼酎が旨いという事なので、パーパ用に焼酎とママン用にワインと自分用に日本酒と後、みかん酒……って買いすぎだよ!
しかもそういや買った日本酒飲まないで冷蔵庫の中入れっぱなしだし!今度ゆっくり飲むよ!もう!
ここは買えるお酒は大体試飲できるので飲むといいと思います。正直、ここの試飲だけで酔っぱらえるんじゃねーの?って思えるレベル。まぁ、こんなところでそんなに飲んだら色々後が大変そうですが。

そして、僕のキャメラの最後の一枚。
c0041463_22481550.jpg

取り壊された宮崎シーガイアです。
聞いたことあるテーマパークだったので、今どうなってんのかいなと思い行ってみた次第。
アスファルトが割れっぱなしだったり、「あぁ本当に放って置かれてるだなぁ」感がすごく出てました。

と、ここで僕のキャメラが電池切れ。正直、そんな撮らないだろうから絶対保つだろと思ってたんですけどね。もう古いから電池のもちもあんまりよくないのかな。だからと言って買い換えるつもりもないんだけれども。

この後は空港に行って飛行機待ってたらトラブルだかで30分到着が遅れるっつーんで、待ち時間で冷や汁食って宮崎を後にしました。(あ、僕は冷や汁好きくないんで宮崎豚のカツ丼食べました)

しっかし、宮崎も広いから行きたいところって割とピンポイントになっちゃうんだねー。うんうん。今度行く機会があったらば次は神社仏閣巡りでもしたいところですなー。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-12 22:52 | 日記
こんばんは、月曜日に腕立てした時の筋肉痛が未だに抜けません。

乙です。

先日の日記でも書いたとおり、ちょっとお腹まわりとか色々処理しておかなくちゃならないなと思うような案件が増えてきまして。
ただ、外に出て何かするのも面倒だなぁという舐めきった理由で「とりあえず筋トレちょっとずつやってみっかなぁ」と思い立った次第であります。

この腕立てやった数日前に腹筋も試してみたんですが、やっぱり最初の一回は腹に引きちぎれるような痛みがあったのですが、別に数日引きずるような事も無かったのです。
なので、腕立ても大丈夫かなと思ってたんですが、正直自分の細腕っぷりと体重の増加ぶりを舐めてました。

えぇ、もう超いってぇの。最初の一回で何かヤヴァイなぁという気はしたんですけど、一応適当な回数やってみたら当日から痛い。次の日も痛い。

何か痛みが筋肉痛の痛みというか、打撲した時の痛みみたいなんですよ。「これ、肉離れでも起こしてんじゃないのか?」とか割りと本気で思いましたもん。
朝起きて寝間着脱ぐのも痛いし、Yシャツ着るのも背広着るのも痛いし、仕事中伸びするのも痛いしでもうどうしたらいいのやらどうなってしまったのやら。

幸い、今は胸筋が押すと痛い程度でどうにか済んでますが、いやはやげに恐ろしきは運動不足ですね。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-11 20:25 | 日記
そーそー、半年前に戻っただけだから。だけだから!

こんばんは、乙です。

10月の頭に行ってきた健康診断の結果が返ってきました。

半年前に行った時は一箇所引っかかってたところがあったんですが、今年はそこもセーフで「ハッハー、チョロいわー。」とか思ってたんですが、ね。

えーと、何か「肝機能に軽度障害」とか書いてあるんですけど。

よくよく見ると、GPTという項目の値が半年前の4倍ですね。明らかに基準値オーバーですね。ワァ、怖い。

折角の機会なので、ネットで調べてみたところ、この値が大きくなるのは過栄養性によるところが大きいらしいです。

うん、過栄養性ね。それならよくわかるわ。何しろ、前の時の健診から7k太ってるしね。
いや、この点に関しては俺が驚きだわ。まさか気がついたら順調に体重が元に戻ってるとは誰が思いましたか。

んでも、正直なところこの半年前って僕が地獄から解放された直後に行った健診だから1日一食しか食ってないとかの時で激やせしてた時期なんですよね。
だから、その体重の落差でこうなってしまった、と。えぇ、まぁ何というか平たく言うと食い過ぎっつー話ですよね。

そういや、地獄の日々は睡眠時間にこそかなりの障害があったものの、食事に関しては昼夜逆転生活だったから昼にちゃんと食べて夜はあんま食べないって感じだったからなぁ。そりゃ痩せるわ。

というわけで、きっとまた食事面で規則正しい生活を送れば何とかなるんじゃないかと思うけど、できるかなぁ、そんな生活…
[PR]
by surfaceR | 2011-11-07 22:56 | 日記

こんばんは、乙です。

土曜日にちょっと早稲田大学の学園祭に行って来ました。
人が多かったのかスペースが狭いところに出店を敷き詰めてるからかよくわかんないけど、すげぇ混雑してたー。まぁどっちかと言えば人が沢山いたからなんだろうけれど。
やっぱりやること違うなって感じるわな。

まぁ、学祭の内容は正直あんま興味なかったのでいいとして。
今回の目的は!
「富野由悠季監督説教大会~3.11以降を生きる学生に向けて~」を聞くために行ったんですもの。

場所は当たり前っちゃあ当たり前ですが、大学の教室。「わぁ、久々~」とか思いながら着席して時間になるまで待機。回りの人の中にはノート持ってきてる人もいて、「本当に講義っぽい」と感心することしきり。

そして、到着する富野御大!湧き起こる拍手喝采!いや、もう本当にね。あの瞬間は「あぁ、俺、本当にガンダム好きなんだなぁ。」って思ったよ。

んで、肝心の話の内容か。タイトルに説教大会って書いてあったから、てっきり怒られるもんだとばかり思ってたけど、逆に謝られるのが主体の話でした。

副題からも分かる通り、地震と原発の話だよね。
言いたい事は「企業に入ってからも人としてのモラルは守ってね。」という事だった。と思う。
あ、後、「大人は嘘つきだから。」って言ってた。現状、責任逃れの嘘ばっかりだもんね。

ぶっちゃけ、この話を90分聞いててもいいと思ったんだけど、会の進行上、御大の独演は30分程度。後は事前に用意したのと会場からの質疑応答。
ここは事前の話にはガンダムの話もあったけど、大半はやっぱり御大の話を受けてって感じだった。

そんな感じであっという間に90分終了。ちょうど昨日で70歳になられたそうでまだまだお元気そうで何よりでした。ただ、肺が若干ヤバげで呼吸がつらそうでしたが。(検診で肺が80歳と言われたとか)

できれば、また新作作って欲しいなと。ガンダムでもいいしもちろんそれ以外の完全新作でも。あ、でもできれば明るい富野の方向でお願いしたい。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-06 21:04 | 日記
一旦寒くなったと思ったけど、何か寒くなり切らない感じがしていい事なのか悪いことなのか。

こんばんは、乙です。

今日は文化の日だったので、文化的な生活に触れようと映画を見てきました。
見た映画は『キャプテンアメリカ』です。…早くも文化的という言葉から離れた感じがしますが放っておくことにします。

1942年(だったかな?)ドイツとの戦争中、主人公は体格に恵まれず兵士になれずにいたのがひょんな事から「最強の兵士」研究者の博士に出会って、キャプテンアメリカに生まれ変わってナチスドイツをぶっ倒すのだ!…という話。おおまかには。多分、間違ってない。
まぁ、敵方は厳密にはナチスドイツじゃなくて、そん中のヒドラっていう組織だけど。
ハイル、ヒドラ!

もうあらゆる意味で古臭いんだけど、ギリギリダサかっこいいというジャンルで括れるのか微妙なところ。キャプテンの服がもう全身タイツ好きのアメコミキャラでも結構ぶっ飛んだデザインだし。

全体的に話が結構ぶつ切り進行な印象を受けたのが残念だったかな。単行本何冊かの話を一気にまとめたって感じで一つ一つのエピソードが今思い出してもちょっと薄い。

単体としてはそれほど面白いとは感じられなかったかな。アヴェンジャーズの一貫として見るならアリかも。ラストはちゃんと繋がってるし、作中にも関わりのある某キャラが出てくるし。

それにしても、『アヴェンジャーズ』は来年の8月か。まだまだ先だなー。でも、楽しみだなー。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-03 21:52 | 映画の話