ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

先輩に誘われて2時間ほど呑んだんだけど、あれはどういう飲みの席だったんだ。
特に会社の愚痴を言うでもなく、世間話で終わった2時間だったけれど。
そーいや、こないだの飲み会も先輩主導だったし、もしかして飲み会好きなのかな…

こんばんは、乙です。
飲み屋から出た瞬間に、今日会社に提出した勤務表の不備に気づきました。
月曜に連絡くるかな…

さて、久々に帰社日という事でちょっと早めに帰れたわけなのですが、ちょっとこれから荒野を戦車と犬と人間で駆け回らないといけないので、今日はこの辺で。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-30 23:24 | 日記
『水曜どうでしょう』の新作発表とは、胸が熱くなるな…

こんばんは、乙です。

ここ最近日記がおろそかになっているのは、まぁ家に帰ってくるのが遅いというのもあるんですが、ぶっちゃけ特に書く事もないという理由もあったりなかったり。
まぁ、一言二言ならいくらでもあるんですが、ある程度まとまった量書くものだろう勝手なこだわりがそれを阻害するというまぁどうでもいい話。

多分、今書いても仕事の愚痴がサラリサラリと出てしまうしなぁ。

こないだもミスって怒られたんだが、「原因は?」と聞かれて大変困った。
何故ならば、原因はそもそも5月に仕込んだデータが元だったのだけれど、自分が担当になったのは6月からだったから。
引継ぎちゃんとやってねーって言われたらそれまでなんだけど、理不尽さを感じ無くもない。

あ、後、今日会社の人のお葬式に行ってきたんですよ。
僕、その人多分一度も面識が無くて知らない人なんだけど正直そういう人間が通夜やら葬式やらに顔出すってのはどうなんだと思わなくもない。
自分が死んだら、会社の人に来られても「あぁ、そんな無理してこなくてもいいのになぁ。」って絶対思う。
それにしても、これでお葬式4回目かぁ。しかも全部親族以外なんだよなぁ。この年で結婚式より葬式行った回数の方が多いってどうなのよ。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-28 00:53 | 日記
電車で向かい側に立ってた女の子の手首に赤い線が幾本もありましたが、幼い僕にはよく意味がわかりませんでした。

こんばんは、乙です。
マジであれ何だったんだ…

すごくかなりメチャクチャ遅ればせながらtwitterなるものを始める。始めたはいいが…まぁこれから面白くなるんだろ。

最近某番組の影響でノストラダムスの大予言なんてものを久々に思い出す。そーいや、アレってどのくらいの年齢まで「あぁ、そんなんあったなぁ」って思うんだろ。
1999年7の月に空から恐怖の大王が降りてくるとか来ないとか。1999年って言うと11年前。自分は15歳だったわけだ。15歳って言うと?中3?高1?学校でそういう話をした記憶があんまりない。
当時の記憶と言えば、『ど~なってるの?』だったか?『こたえてちょーだい』だったか(これもまた懐かしい番組だ。)のノストラダムス特集で「どうせ7月で世界は滅亡するから受験勉強しない」とか言ってる人がいたのを覚えてるくらいだ。
他にも嘘か真かわからないが会社を辞めた人もいたとかいないとか。まぁ、世紀末って事でそんな厭世的な雰囲気が世の中に蔓延してたんだろうな。この前『2012』って滅亡系映画やってたけれども、2012年が来てもそんな風になる人がいるとはとても思えないが。

もうオカルトとか死んでるよな。正直。ネッシーもイエティもビッグフットもフライングフィッシュもモスマンもチュパカブラもツチノコもいないなんて面白くない世の中だぜよ。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-24 22:02 | 日記
何で居酒屋のおしぼりで顔を拭くのかよくわからない…
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

こんばんは、乙です。正確には大学卒業するまで。

もうあれだよね。この年になると、まず定時終わる頃には顔がテカテカし始めるよね。
ここ最近はギャツビーとかその他諸々のフェイシャルペーパーのお世話になってます。あれで顔吹くと気持ちイイんだわ。

んでな、俺思ったの。
毎日、決まった時間に熱々のおしぼりをオフィスに届ける仕事っていけないかな、と。

採算をどうやって取るかはともかくとして、需要はあると思うのよね。後は、おしぼりだけじゃやってけないだろうから何か別に宅配も兼ねる事にしてさ。
届けるっつーと、弁当が一般的だろうけど時間的に考えると微妙に噛み合わない気がする。できれば、なるべく無駄のない配達システムを構築したいところ。

どうよ、これ。「マネー虎の穴」に出したら、どのくらいでフィニッシュするかなぁ。
…あ、ノーマネーですか。そうですか。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-20 22:56 | 日記
どうもこんばんは、『はじめてのおつかい』シリーズと『大家族』シリーズが本当に視聴率が取れているのかどうか本当に謎だと思う男、乙です。

そんな事はどうでもいい。

本日ですね。とーとーマイルームにも液晶TVがきたですよ!
レグザのZ型とかいうやつ。新商品だったらしいんだぜ?

c0041463_21525332.jpg

全部セッティングしてくれるっていうからしてもらった!
TVにレコーダーにPS3にWiiというおよそ考えうる最高の配置!素晴らしい。これで、Xbox360があればパーペキですね。

しかし、まぁ何つーか…
ぶっちゃけ、デカすぎ。以前のブラウン管TVの2倍くらい画面の大きさあるもの。比喩じゃ無しに。
そのデカさでもう完全に我が部屋を圧迫してる。明らかにオーバースペックですよ。わからないと思うけど、上の写真で本来なら本棚が映るはずなのに、TVのせいで本棚が隠れちゃってるもんね。

だけどそのデカさ故、画面はすごく見やすい。そして綺麗。
TV番組は正直あまり変わってない(単純にデカくなっただけで見やすさは相当上がったけれども)と感じたのだけれど、ゲームをやってみたらもうその差が歴然。
元々文字が小さくてブラウン管の方じゃ見えなかった文字がクッキリ見えるし、細かい配色もしっかりしていてまるで別世界にいるよう。挙句、見え易くて逆に見にくいとか妙ちくりんな感想を抱く始末。

うむ、とりあえずこれでうちのTVは後10年は戦えるな。それじゃあもう一回げーむやってこーよーうっと。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-19 22:27 | 日記
空腹+頭痛のコンボはマジ死ねる。

こんばんは、乙です。
さて、3連休ですね。皆様如何お過ごしでしょうか。

自分は土曜日にまず友人と酒盛り。
んで、その前にちょっとPCのパーツを見たいというのでフラリとPC屋に寄ったんですが、もうPCのパーツなんてまともに見るのが何年ぶりって感じなんで、もうすっかり異世界に迷い込んだ気分でした。
モニターの大きさの基準がかなり大きくなってたり、その他色々アホみたいに容量アップしていたのに驚いたのはモチロンですが、一番の驚きは「SSD」という謎のHDが存在していたこと。
思わず「SSDってなぁに?」って聞いちゃいましたよ、ええ。
何でも、読み込みが早いHD(すごくざっくばらなんい説明すれば)なのだそうな。高性能なため、今はまだ80Gが最大のようですが、それで何と2万弱するんですよ。衝撃ですね。1TのHDが1万円以下で買えるこのご時世に・・・恐ろしい値段設定です。

そして、今日、つっても日付が変わったので前日になりますが日曜日。
大学時代の先輩が出演してる舞台を見に行ってきました。

演目は『天保十二年のシェイクスピア』。少し前に亡くなった井上ひさしさんの作品であります。

内容は天保十二年(水野忠邦のあたり、だよね。)のある宿場町を舞台にシェイクスピアの作品をパロディでありったけぶち込んだもの・・・・・・だと思います。いや、自分、全然シェイクスピア知らないんで。見てて元ネタ『ロミオとジュリエット』と『マクベス』しかわからんかったし。
それに、わからなくても十分面白かったし。
歌あり踊りあり殺陣あり笑いあり下ネタありの3時間(まぁ、ちょっと長ぇよな・・・)でした。

さて、明日はいよいよおTV様をお迎えする日だからそれまでに室内をキッチリ掃除して万全の体制で臨まねばなぁ。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-19 01:45 | 日記
ボチボチ梅雨明けっつー感じで暑っちいっすねー。
今週末とか30度越えバシバシくるらしいですし。そろそろエアコン様のお出ましかいねー。

こんばんは、乙です。

先日、会社の人と飲んだ時の話。

うちのチームは最年少25歳(ちなみに自分は26歳)を筆頭に30~50代までバランスよく揃ってるわけなのですが、どういう訳かその日は「体にガタが来る」という話になりまして。(どうしてそういう話になったのか今思い出しても全く不明)

その話によりますと「年をとると、朝、伸びができなくなる」というらしいんですわ。
何でかっつーと、「不意に伸びるとツル」からだそうですよ。足とか色んなところが。

足がつるというと、先日自分久々に就寝中に足がつりまして。それがもう尋常じゃない痛さだったんですよもう。
昔は足がつったら親指を体の方に向けて思い切り引っ張るとスーッと痛みが消えていったのですが、最近のはもうその程度じゃビクともしないほどの耐性を身につけやがりましてね。引っ張っても痛い。かと言って何もしなくても痛い。放っておくとずっと痛い。現にこないだのヤツは2分(体感時間。個人差があります。)経ってもまだ痛くて、しかも痛みがどんどん増していくという正に地獄の拷問もかくやと思われるほどの痛みでございました。
結局、無理やり足を曲げたりマッサージをしたりして事なきを得たのですが、本当にここ最近感じたことのない痛みでしたよ、ええ。んでも、その後すぐ眠れたけど。睡眠欲の人一倍の強さに感謝。

んで、その話をその時にしたら、ものの見事に「あぁ、そりゃ歳だ。」とサクッと返されて前述の話に続いたわけでございます。

あぁ!もう何でもかんでも歳のせいか!歳取ってもいいからボディは若いままにしてくんねぇかな。そういうハイテク技術がとっととできてくれないかなぁ。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-17 00:30 | 日記
あぁ、仕事終わって外に出たら空がまだ明るいよ。
こんなに嬉しい事はない…いいよね…残業はまたいつでもできるから…

こんばんは、乙です。

さて、自分、最近ちょっと気になることがありまして。

「ハゲは性欲強い」って俗説と、
「髪が早く伸びる人はいやらしい」って俗説があると思うんですが、
これって矛盾しとりゃしませんかね?

自分の中の考えでは「性欲強い」と「いやらしい」はイコールで結べるんです。でも「髪が伸びるのが早い」と「ハゲ」は正反対の所に位置してるじゃないですか。どうやったって結びつかないでしょう?

それとも、最初の「性欲強い」=「いやらしい」という考え方が間違っているのか。
「そもそもそれ俗説だから。信憑性ねーから。」というツッコミはこの際置いといていただきたい。

…………・ん、考えた。これは「髪が早く伸びきってしまったからハゲた。」という解釈で全て成り立つ。

つまり、あれですよ。人間って一生の内に細胞が分裂する回数が決まってるっていうじゃないですか?それと同じで髪の毛の伸びる長さも決まってるんですよ。きっと。
だから、髪が早く伸びる→切る→伸びる→伸びなくなる→結果ハゲるという図式になるわけです。

こうすれば、「性欲強い」=「いやらしい」という式を受け入れて且つ矛盾を解消するという素晴らしい方程式が生まれるわけですね。おいおい、ちょっとこれノーベル何とか賞とか取れちゃうんじゃないの?何だったら、イグノーベル賞だっていいんだぜぇ?

…………………別に酒飲んでるわけじゃあないんだがなぁ。我乍らよーも阿呆な事を考える。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-15 22:33 | 日記
「あ、今日は早く終わりそう」と思ってもなぜか不思議と障害が発生して帰りが遅くなるという恐怖。
何?呪いにでもかかってんの?

こんばんは、乙です。
今日は21時にあがれたけどさー。

思うにこの作業は道に開いた落とし穴を延々埋める作業に似てると思う。

車(データ)走る→落とし穴発見!→どの程度の深さ・大きさの落とし穴なのか確認→埋めるためにはどんな材料を用意したらいいのか確認→作業開始→終了を延々と繰り返す。
正に賽の河原の現代版。一つ積んでは誰のためになるんだ。自分のためか。

後、落とし穴が原因かと思ったら、実は吊り橋に5tトラック走らせようとしてたみたいな事もあるから侮れねぇ。一昨日、自分のチームででたエラーはあれだな。空港の税関でヤヴァイブツが見つかったみたいなケースだったな。怖い怖い。

だけど、うちはまだ一月に一辺くらい穴埋めすりゃいいくらいだけど、他のチームは今日なんか20個同時に落とし穴発見!みたいな事例が発生してたからそれに比べればまだマシなのかね。
それで、全体の進行が遅れたりするとまた別問題の感情が発生してくるのだけれど。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-14 01:23 | 日記
割と気合を入れて書いた文章が消えた時の喪失感はちょっとキーボードクラッシャーになってしまうくらいの感覚だねぇ。

こんばんは、乙です。
皆、選挙行った?俺?とりあえず行った。

今日の読書の時間は米澤穂信さんの『追想五断章』と『インシテミル』。

『追想五断章』は全体的に哀愁漂うというか切なくなるというか悲しくなるというか、とにかく落ち込んでいる時に読んではいけない小説。
逆に「何か物悲しい気分になりたい」と思ったときには読んでみてもいいかも。(そんな時があるかどうかは知らないけど)
ストーリーやら登場人物の心情やら情景描写までも寂しさで溢れているのですよ。

一方の『インシテミル』は人文学的な実験と称して集められた登場人物たちを襲う極限状態を描いた作品。
いつもは行き帰りの電車の中でしか小説は読まないという勝手な俺ルールを作ってるけれども、それを破って読んでしまった久々の作品。ラストの展開がまた面白いんだ。
謎解きも少し立ち止まって考えればわかるレベルのものなので、そこんところも自分には好印象でした。
『インシテミル』の方は10月から映画をやるそうなので、原作を読んでから映画に行くか、映画を観てから原作を読むかお好きなようにどうぞ。
[PR]
by surfaceR | 2010-07-11 21:53 | 読書