ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ひと月前にバッサリ髪を短くしたわけなのですが、よくよく見てみると、何か、前髪が、微妙に、少なくなってる部分が、ある、よう、な、ない、ような、こ、れ、は、どうしたもの、か。

こんばんは、乙です。
母方の祖父は禿げてないから大丈夫!

さて、話はガラリと変わりまして。皆さん、携帯って家に忘れて会社に行くことってどのくらいの頻度でありますでしょうか?自分、大体一月に一辺は忘れます。大体、新聞とかの下敷きにしたままカバンに入れるのを忘れてというパターンです。

ぶっちゃけた話、メールやら通話やらなんつーのは基本的に受動人間なので自分から発信することはないので問題なし。また、受けるメールも情報メール以外は1日に1通くればいい方。(週末に遊ぶよ的なものだと周りからの返信やらで一時的に増加する時もあるけど)そもそも営業とかじゃないから会社から連絡が来る事も全くと言っていいほど無いし、タイトルの通り3日くらい手元に無くても特に困らないよなぁというのが正直なところ。…ある一点を除いて。

その一点とは、目覚まし機能。

以前から何回か日記でも触れていると思っていますが、朝夕の電車の中は貴重な睡眠タイムとなっております。大体、1日の所要時間は30分程度と決めて寝ているのですが、そんな時に使うのが携帯のタイマー機能。
これが無いとマジで乗り過ごす危険性がある。つーか、乗り過ごした。帰りだけだけど。いや、行きだって2~3回くらい折り返して別の駅まで行ってしまうところだったし。しかもそれ、携帯持ってた時だったし。あれ?どっちにしろ意味ないんじゃね?

そんな感じで多分普通の人とは別の意味で携帯を家に忘れると大変困ったことになってしまうのであります。朝起きたらすぐカバンに放りこめばいいんだろうけど、ついウッカリしてしまうのだよなぁ。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-29 00:26 | 日記
c0041463_2011743.jpg

いや!俺はまだ負けてない!だから扇風機は付けない!

こんばんは、乙です。
そろそろ本格的に暑くなってきましたね。去年は何だかんだで涼しくて1~2回くらいしかエアコンを付けた記憶が無いけど今年はどうなんだろ。

さてさて、平日と違って多少時間があるので昨日に引き続き、読みためた本の話でも。

『ネトゲ廃人』/芦崎治著
「私が眠ると皆死んじゃう…」というフレーズは一瞬有名になったとかならなかったとか。
「ネトゲ廃人」というのは、簡単に言うと「ネトゲ以外は何もしないような人たち」の事です。具体的には起床→ネトゲ→飯(ネトゲしながら)→寝る→起床→ネトゲというような生活サイクルを構築しているような人たちの事。睡眠も極めると2~3日寝なくても大丈夫になるというから恐ろしい話。
この本はそんなネトゲにハマりすぎて実社会から足を2,3歩踏み外しながらも何とかこちらの世界に帰還できた方々の話をまとめた本。
下世話な話ですが、個人的にはもう少しエキセントリックな話が書かれているかと思ったんですが、あくまでも「廃人になりながらも戻ってこられた人」が中心というのと出版コードに引っかかる(せいなのかわかりませんが)ためかマイルドな話が多いです。正直、読むならネットの体験談を読んだほうが面白いかも。
できれば、現在進行形で廃人な人の話も収録して欲しかったけど、本物はそんな暇あったらゲームしてるよね。うん。

『妖怪の図』/城野隆著
図書館にてタイトルで借り。しかし、開いてみれば表題作が一番面白くなかったという稀有な一冊。でも、他の話は面白かったよ。

幕末のちょうど水野忠邦の執政の時代。幕府の財政建て直しというお触れのため様々な嗜好品やら贅沢品が規制される中芝居やら絵画、本などもその規制から外れる事はなく、文化人はかなりの圧力を加えられていた。
そんな当時に生きる芸術家たちの戦い生き様を描く作品。登場人物は平賀源内とか十辺舎一九とか日本史を知らない人も聞いたことがあるビッグネーム。
時代小説っていうと捕物帳とか合戦物が主流(だと思う)の中、異色作と呼べる作品…だと思う。

ただ、全編通して描かれるのは「体制への反骨」であって、そういう意味ではこれもある意味戦いを描いた作品であるとも言える。

少し話はずれるけど、漫画で言うと高瀬理恵さんの『公家侍秘録』という作品も江戸時代を描きながら文化が主体の作品(強いて言うなら文化+仕置人みたいな)なので、そこら辺に興味がある人はあわせて読むともっと興味が出てくる……かも。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-27 20:55 | 読書
土日ずっと家にいる休日というのは久しぶりかもわからん。
1時間半も昼寝してしまったので超元気!イエイ!でも、1時には寝るよ!

こんばんは、乙です。

久しく、読書感想文的なものを書いてなかったので今日はまとめてごった煮にしてみる。

『東京島』/桐野夏生著
今日、『王様のブランチ』で映画化特集やっててまだ映画になってなかったのに気づいた。
20人近くの人間が無人島に流れ着いて、内訳が女性1人に男多数だったという話。アナタハン事件という実在の話がモチーフになっているのだとか。
これが逆だったらハーレムアニメになるところですが逆なのでそうはなりません。
主人公の女性の生きるためにあらゆる物・事象を利用するその精神はある意味尊敬に値しますが、女って怖ぇな、やっぱり。
それにしても、この主人公の年齢を40過ぎに設定したのは何か意味あるのかな。40くらいにならないとこうも強かにはならないって事なのか、さらに生々しさを増加させるための設定なのか……

『レッドゾーン』/真山仁著
「ハゲタカ」と呼ばれる天才企業買収家、鷲津政彦の物語の第3弾。前作で後輩でもありパートナーでもあったアランが死んでその謎を追う形で中国のある買収家と出会って物語が進行。
3作も読んだらおそらく一生使用する事はないであろう企業買収用語にやたらと詳しくなる。ポイズンピルとかホワイトナイトとかクラウンジュエルとか。
今作でも企業の怠慢やら政府の対応の愚かさの批判を交えつつ、鷲津さんが今の日本人が忘れているサムライスピリットを燃え上がらせ勝つという筋。
自分は大企業で働いてる人間ではないのでよくわかりませんが、実際創業者一族ってのは大企業にとってどういうポジショニングなんでしょうね。
色々と悪い話しか聞かないですけど、初代が優秀だからって2代目もそうとは限らないわけですし。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-27 00:15 | 読書
日本勝っちゃったね。すごいね。

こんばんは、乙です。

水・木と飲み会で死にそうでした。おまけに今日は職場が一触即発の雰囲気になって、そら恐ろしかったです。

そんなわけで、飲み会の話。

水曜は会社の人の送別会。その人は特に何がどうしたというわけでもなく、単純に期間が満了したから(だと思いたい)抜けるという話だったと思うのだけれど、もう一人の人がもう非常にドロドロとした話を飲み会の後半になってからし始めましてね。
自分、未だに他チームの人なんつーのは名前と顔が一致しないしさせる必要も無いと思ってるんで○○さんがどーたらとか××さんがこーたらと言われてもわからないのですが、こういう違う会社の人間が集う現場ではそれぞれの派閥とかでイザコザがあるのかと思うと、もう非常にゲンナリします。派閥とかマジでめんどくせぇ…

そんな気分を払拭するため(というわけではないですが)に折よく高崎の某メガネ店に務めている友人がこちらに来るというので、急遽宴を開催。俺以外、全員休みとか午後出勤だってさ!客商売はこういう時強いよな。

んで、肝心の宴ですが。
いやぁ、笑った笑った。涙出るほど笑ったのは何ヶ月ぶりだろうね。多分、前にこんなに笑ったのも彼らと呑んでた時じゃなかろうか。

こうやって、すごくくだらない事で笑い合える友人がいるというのは真に素晴らしい事だと思うのですよ。
バカでありがとう。

2時くらいまで起きてたせいで、若干今日の仕事に支障をきたした気もするけど、まぁ些細なことと割りきってそれほど気にしないことにします。
でも、できれば金曜日に開催して欲しいと思うんよ?
[PR]
by surfaceR | 2010-06-26 01:24 | 日記
こんばんは、乙です。

流石にいい加減、毎日毎日9時出勤22時退社は体が保たないよねという話になって、自分が8時45分出社20時45分退社、もう一人の人が10時出社22時退社というシフトを組むことになりましたが、何か正直あまり有り難みが感じられないシフト編成です。
まぁ、自分は早く終わりそうだったら切り上げて帰っていいという話にはなってはいるんですが、意外とそんなタイミングが訪れることも少なく現在に至っています。まぁ、発動してまだ2日しか経ってないけどな!

そんなわけで、今日はちょっぴり早く帰れたわけなのですがネットやってたら気がついたら0時半ですよ、もう。一体、早く帰ってこられた分の1時間はどこに行ったんでしょうか?時間泥棒の仕業に違いないよ!

そんな感じで明日は会社の飲み会。明後日は友人との飲み会です。特に明後日のはメールで「W杯見ながらオールでもしようや。」とか書いてありました。殺す気か。

とりあえず、今週を乗り切れば…乗り切れば…確か適度に状況が好転する…はず。来月になったらさらにもう少し状況が好転する…はず。

とりあえず、目標はすごく早く家に帰って「え?まだ寝るまでこんなに時間あるの?うわ、何したらいいかわかんねぇ…」って言う事。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-23 00:31 | 日記
暑っちいなぁ!もう!

こんばんは、乙です。今日、関東甲信越地方は大荒れの天気だっつーけど本当かなぁ。昨日も大雨降るって言ってたのに、結局降らなかったし。

昨日は友人宅で麻雀してました。全自動卓亭ではなく、手積み亭で。ふむぅ。全自動卓麻雀やりてぇのう。

2回半荘やって、小休止して1回。合計3回で順位は2位(3位?)→2位→1位だったかな?しかし、相変わらず赤ドラがないと高い点数もらえないなぁ。まぁ、今回はドラ5とかブチ当たんなくてよかったかな。あまり振込まなかったし。

休憩中は二人麻雀で役満縛りやって、5戦3敗2分とかズタボロな成績だったからなぁ。その分取り返したと思えば、おかげで四暗刻と国士無双はあがりやすいという事がわかったよ。

最後の一局は日本対オランダ戦を見ながら。

自分、全くサッカーに興味が無いので、日本っつーと「シュート打たない。しょっぱい」というイメージしかなかったんですが、昨日の試合は全然そんな事なくてすごく驚きました。めっちゃシュート狙いに行ってたしかなりいい勝負してるじゃないですか!……まぁ、素人判断ですけれど。

0対1で負けたのは残念ですが、次の試合もガンバッテ欲しいなぁと思います。おかしいね。始まる前はこれっぱかしも期待してなかったのにね。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-20 14:23 | 日記
ヤッホウ!やっと土日休みの到来だよ!

こんばんは、乙です。

本日は友人がやってた「文体診断ロゴーン」
http://logoon.org/
なるサイトをちょっと試してみる。日記をコピペすると何か色々診断してくれるんだとか。
文章は先日UPした、電車の椅子に座りたい気持ちを切々とジュブナイル風に書いた日記をチョイス。
以下、結果

文体診断結果
一致指数ベスト3
1 小田実 78.9
2 松たか子 78.2
3 小林多喜二 77.3

一致指数ワースト3
1 岡倉天心 50.6
2 田中角栄 57.3
3 佐藤栄作 57.8

文章評価

評価項目 評価とコメント
1 文章の読みやすさ C 適切
2 文章の硬さ A 適切
3 文章の表現力 A とても表現力豊か
4 文章の個性 A とても個性的

得点詳細
平均文長
平均句読点間隔
特殊語
出現率 名詞
出現率 動詞
出現率 助詞
出現率 助動詞
出現率 ひらがな
出現率 カタカナ
出現率 異なり形態素比率
粗点 36.7 20.1 11.45 23.69 10.44 30.52 11.24 53.01 2.81 43.98
偏差値 45 57 49 37 55 56 46 48 70 87

小田実先生があなたの味方です。がんばってください。

えーと、小田実先生って誰ですか?もうちょい有名な人を出してくると思ったんだけどなぁ。かと思ったら、2位に松たか子が入ってるし。あの人、文筆家じゃねぇじゃん。
純粋に作家で知ってるのは、小林多喜二くらいか。プロレタリアの文豪と文体が似てるとは何とも恐れ入る限り。

後、為念でもう一個、口内炎の苦しみと戦う勇者の日記を診断してもらったら、これまたドマイナーな方々が出てきて大いに困惑させられました。俺、国文学科出身だけどそんな文学作品知らないのよ?

お暇な時にでもやってみて、ハイレベルな文豪と文体が似てるって人がいたら、是非教えていただきたい。芥川龍之介とか川端康成とか。

しかし、2個診断して、両方共ワースト1位が岡倉天心って人か…どんな文章書く人なんだろ。ちょっと気になる。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-19 03:33 | 日記
先日からまた口内炎に悩まされていたのですが、飲み会の当日辺りから徐々によくなってきて、ようやっと収束しました。
そういや、こないだも飲み会の時からよくなってきてたし、ひょっとして口内炎の原因はストレス…?いや…まさか……

こんばんは、乙です。

そんなわけで、相も変わらず口内炎とのバトルを繰り広げておりますよ、ええ。全くもって心の休まる日がありません。

しかし、長いこと奴らと向き合ってきて、何となくわかってきた事があるので誰に向けてかは自分でもわかりませんがちょっとまとめてお披露目しようかと。(正直、かなり個人的な話ですが)

①一発目がジャブの時は要注意。
時たまあるのですが、発生した口内炎が極めて軽かった場合、(できたけれど、特に大きくならずすぐに治まった場合)油断できません。その後に割とでかいのが待っています。現に今回のはそのタイプでした。口内炎ができた場合はまず奴らとの戦いは避けられないと考え、一つ目が軽微だとわかったらすぐに休息を取り次の戦いに備えましょう。

②発症した場合は可及的速やかに処置を行う。
まぁ、これは口内炎に限らずすべての病気に言えることですが。自分はチョコラBB+塗り薬で対応してます。一刻も早く治すにはこれがベター。いい加減、貼るタイプの薬を買いたいのですが、塗り薬がまだ残っているのでそれを使い切るまで我慢。…貧乏性が憎いっ…

③口内炎が発生した時は口内全体が弱まっている。
歯磨きすると、歯茎から異常に血が出る事から発見。多分、抵抗力が弱まっているのでしょう。少し心配になりますが、口内炎が治癒するのと同時にほぼいつも通りの歯茎になります。歯磨きが痛いのって精神的にも結構苦痛よね。

以上、悩める子羊の皆様に特に何のためにもならない口内炎講座でした。
確か、「たけしの本当は怖い家庭の医学」か何かで、口内炎もあまく見ずに長期間続くようだったら医者に行くべきとか言ってた気がするので、あまり酷いようだったら医者に行くことを一番にオススメします。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-17 01:24 | 日記
サッカーですか?あまり興味ないです。

こんばんは、乙です。チームの皆さん、サッカーが見たい人もいるだろうに早く帰って来ちゃってサーセン。
明日のダイジェストを見ることにします。

それとは全然話が変わって、今日は先日見てきた『アイアンマン2』の話。

前作の『アイアンマン』から好きだったってのもありますが、その後に見た『シャーロック・ホームズ』でロバート・ダウニーJrのファンにもなったので、これは見に行くしかねぇ!ってなもんですよ、ええ。

今作も色々と無茶なところはあったけど、面白かったです。

以下、ネタバレ

More
[PR]
by surfaceR | 2010-06-14 23:08 | 映画の話
折角8時に起きたのにサッカーとかどういう事なの?

おはようございます。乙です。

さて、話はガラリと変わりますが、皆さん昔「超能力欲しいなぁ」と思ったことはないでしょうか?

テレパシーとか瞬間移動とか。まぁ、ドラえもんの道具で何が欲しい?と同レベルの話だと思ってください。
つーか、瞬間移動は今でも欲しいですけど。片道1時間半の通勤が一瞬とかっ…!

しかし、過剰な力を持ちすぎるのは危険です。組織に捕まる危険性があります。ここは一般人とほとんど変わらずしかし有用な能力を手に入れるというのがポイント。

というわけで、僕が最近欲しいのは「電車で座ってる人が次にどこで降りるかがわかる」能力です。
超欲しい。

前述の通り、僕は片道1時間半の通勤をしているわけなのですが、基本的には一本の電車にずっと揺られているだけなのです。
なので、その1時間半がゆったりライフになるか、立ちっぱの過酷な労働になるかは1日のモチベーションに大きく関わってきます。

大体、乗る車両はもう決まっているので入った瞬間ザッと座っている乗客を見まわし、誰が一番早く降りるかにアタリをつけてその前に陣取ります。
しかし、これがまた難しく思うようにいきません。某小鳩くんのように些細なヒントでもあれば、推理する楽しみも湧きますが、現実はそれほど面白くないですし。

会社員はかなり後半まで乗っていると思いきや次の駅で降りたり、私服の女性は早く降りるかと思いきや1時間俺の目の前に座り続けていたりと全く油断なりません。これ、一種のギャンブルですよ。

最悪なのは俺と目の前の人の位置関係だけが全く動かず、周りはスムーズに座席交換が行われている場合。何かもうすごくやるせない気持ちになってきて、「もう意地でもこの前は動かねぇ!」という気になってきます。典型的なギャンブルの破滅パターンです。

「最低30分座る」というのを目標にして頑張っています。勝率は6割くらいでしょうか。できればニュータイプ的勘の良さを身につけて8割くらいの勝率に持っていきたいところです。
[PR]
by surfaceR | 2010-06-13 09:31 | 日記