ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2009年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日は台風接近つーか、上陸?したのかな?なもんで、雨がひどかったですが何よりまいるのが寒い!何、この寒さ!8月に自主的に背広着て会社行くとか早々ないよ。
今も長袖着てるしさぁ。毎年毎年異常気象って言ってるけど、今年もやっぱり異常気象だよね。

こんばんは、乙です。

今日の読書の時間は和田竜さんの『忍びの国』です。同筆者の著作『のぼうの城』は未だに図書館で500人超え待ちの人気作ですが、こちらは100人弱くらいの待ちなので比較的借りやすい作品になっています。それに、それだけ待つ価値もあります。

この話の主役はズバリ、忍者。まぁタイトルが『忍びの国』ですからなぁ。今でも忍者で有名な伊賀の国に織田信長の息子、織田信雄が攻め込んだ史実(なんだよね?)を元に書かれた作品です。

何となく忍者小説っていうと、忍術バシバシの人外バトル小説と思ってたのですが、この小説の忍者(そもそもこの忍者ってのが伊賀の地侍と下人という構成からしてちょっと新鮮。流石、忍びの国。)は忍術だけではなく、策謀をめぐらせて織田家を敵に回して勝とうとするのだから、すさまじい。

(恐らく)今までの忍者観を一新してくれるであろう『忍びの国』。時代小説が好きなら読んでおいて損はないかと思います。

あ、後、この小説、『ゲッサン』という雑誌で漫画になってて、そちらも原作の雰囲気を壊さずに実に面白く描かれているので合わせて読むのもいいかも。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-31 22:00 | 読書
こんばんは、乙です。

今日の読書の時間は畠中恵さんの『アイスクリン強し』です。
畠中さんは『しゃばけ』シリーズが結構前にドラマ化されたので、知ってる人も多いのではないかと思います。

文明開化の音がする明治、自分の店を開くために奮闘する菓子職人の真次郎を中心に、幼馴染の警察官やら成金商人の娘さんやらが登場してドタバタする話です。

ジャンルは時代小説ですが、ちょっとした謎解きなんかもあって推理小説の赴きもあったりします。

僕は文明開化の時代なんて知る由もありませんが、この物語の登場人物は一生懸命働いていますが、何と言うかそれでも心に余裕があるような気がします。(中には貧民窟などの描写もありますが)

昔日を過大評価するのは危険ではありますが、「古きよき日本」というのはこういうものなのかと。激動の時代にあってなお心を豊かにもつような人物になってみたいものです。

この話は短編の形を取っていて、このまま終わるような物語ではないと思うので是非続編を書いていただきたいなぁと思います。
それとも、もう書いてるのかな?
[PR]
by surfaceR | 2009-08-30 21:22 | 読書
…という替え歌を先日のカラオケで友人が歌いだした時はどうしようかと本気で悩んだ。
何でも、職場の一発芸で歌ったらしいのだが。体育会系はすげぇな。

こんばんは、乙です。

まぁ、それとは全く関係ないのですが先日の飲み会の前に友人と「マッスルミュージカル」なるものを見てきました。

一時期、「筋肉番付」が大層人気があった時にできたものだと記憶してます。平たく言うと、細マッチョ(今、流行ってるんですよね?)な兄さんや姉さんが踊ったり、跳び箱飛んだり、トランポリンしたりと「魅せる体操」をしてくれます。ミュージカルという名前がついてますが、別に演劇のような事はしません。テーマが一応あってそれにそった演目になってるみたいですが、あんまり関係ないなぁという感じもします。ちなみに今は「祭り」というタイトルでやってます。

取ってもらったのが、S席という事でちょいと遠めでしたが十分迫力は伝わりましたし、お客と一緒に踊る的なイベントもあったのですが、恥ずかしながら楽しめました。

お子様連れの方やら女性だけのお客、はたまたご老人と見ている客層も様々で万人受けするイベントなのかなぁとも思ったり。
後、最前列ですげぇはしゃいでる白髪のおばあさまがいて、個人的には演目と同じくらい楽しめました。

3人で行くと、大分安くなる上に劇場併設のカフェで使える2000円分の商品券がついてくるチケットとやらがあるらしいので、友人と行くのでしたら3人で行くことをオススメします。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-29 22:45 | 日記
夏季休暇と称して水~金と休みもらったけど、どこも行かないのは問題なのか。
会社に行った時にお土産渡せないしなぁ。

こんばんは、乙です。

水曜日に高校の時の友達と飲んでました。

んで、珍しく(というか初めてか?)色々と話を聞いてもらったり。
聞いてもらっている内に悲観派と楽観派に意見が分かれたのだけど、耳障りのいい言葉しか聞きたくなかったので悲観派の意見は却下させてもらう事にして、楽観派の「あせらず、急げ」という言葉を胸に刻ませていただくことにする。うん、名言。

それにしても、他人に話すと例え話を一方的にするだけでも、何となくスッキリした気になる。今まで、自分の悩み事の処理能力は多少自分で評価するべきと思ったけど、ただ単にそれほどの事態に直面してないだけの話だったのかと思うとちょっと凹む。

そして、奴らこれでもかというほど俺の心情を的確に当ててくるのには笑った。というか、誰でも通る道なのな、これ。奴が新興宗教の勧誘員だったら、ほぼ100%ひっかけられるところだった。危ない危ない。

飲んだ後に「最近、カラオケ行ってねぇな!」という事でカラオケに行く。
久方ぶり+ビール飲んだ後だったのであんま声出なかったけど、2時間だったので無問題。楽しかった。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-28 16:11 | 日記
よく「ため息をつくと幸せが逃げる」というけれど、ため息をつくと逃げるのは幸せなんて生易しいものではなく、人が生きるうえで大切なエネルギーみたいなものが逃げるのではないかと最近思う。
ため息なんぞつくもんじゃない。

こんばんは、乙です。

以前、日記で「会社に当たりつきの自販機がある」と書いたのですが、今日!何と当たりました!いやはや、毎日コーヒー買った甲斐があったってものです。

しかし、まさか当たると思ってなかったのでついつい2本目に選んだが110円のカフェオレだったのが悔やまれてなりません。

どうせタダでもらえるのだから、130円の500mlペットか普段だったら絶対手を出さない150円の黒ウーロン茶でももらっておけばよかったのになぁと思っております。

今の現場に入ってから約2ヶ月で一本あたったので、次はきっと10月末に当たるでしょう。そしたら今度は黒ウーロン茶をもらいたいと思います。

まぁ、それまであの自販機があればの話ですが。もしくは、当たりつきのキャンペーンが続いてれば。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-25 22:06 | 日記
何かもう夏通り越して本当に秋めいてきましたねぇ。
雨降ったせいで外からの風が涼しいを通り越して寒いです。

こんばんは、乙です。

金曜に仕事の関係で奈良の方に出張に行ってた、先輩からお土産をもらいまいした。
1.京の何とかいうお菓子。抹茶のラングドシャって感じで非常に甘美味でした。
2.
c0041463_21335596.jpg

せんとくんシール(一部抜粋)

…………………………………………どうしろと。

シールの他にゴルフマーカーもあったのですが、どう考えてもシールの方が量も多いし余りそうだったので、ここは断腸の思いで空気を読んでシールをいただいてきました。ゴルフマーカーなんざ使わないしな。つーか、例えゴルフをやる人間だとしても使わないけどな!

さーて、いつゴミ箱に捨てようかね、これ。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-24 21:36 | 日記
何か、最近すごく背中が痛いんだけど、多分運動不足がたたってるんだろうなぁ。
昔、運動不足で背筋つった事あるしな。

こんばんは、乙です。

えーと、大学時代にフト思いついてやってみたい事があったんです、僕。
何かっつーと「夏の暑い日か冬の寒い日に一日山手線に乗って本を読み続ける」ということなんですが。

……ん?変かな?やっぱり。

でも、電車の中って周りに大声でわめくお子様とかオバさまとか若者とかいなければ快適な環境だと思うんですよ。
眠くなったら寝ちゃえばいいし、誰の目を気にするわけでもないし、トイレは各駅に設置されてるから降りて用足してまた電車乗ればいいわけですし。

んで、今日諸般の都合で時間が空いたので実際にやってみた。

結果としては、まぁまぁ。改善点は多々ありと言ったところでしょうか。

一周乗ってれば大体どっかしらの席は空くのでそこに座るのはいいとして、端っこを早めに確保できれば言うことなし。
ただ、長時間片一方の端っこに乗ってると、首が微妙に痛むので機を見て反対側に移るのが必要になると思われ。
後、目の前におじいさん・おばあさんとか来ると、いたたまれなくなる。次の駅で降りてくれたから助かったけど。
今日は諸般の都合で一冊しか本を持ってなくて、3周くらいしたら読み終わったので帰宅。

僕みたいに「家だと何となく本を読む気にならない。通勤・通学時間に読むのがよい。」という方は擬似通勤をしつつ読めるのでよいのではないでしょうか。他に誘惑されるもんがないから集中して読めるんだよね。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-22 21:02 | 日記
有給取ってごめんなさい。

c0041463_20453075.jpg


楽しかったです。
チラリと見た富野御大はまだまだ元気そうでしたので、40周年も滞りなく行われることでしょう。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-21 20:46 | 日記
こんばんは、乙です。

いや、何が不公平かってエレベーターに一番先に乗った人って一番割りを食うなぁと思いまして。

例えば、電車は先に乗れば座れるじゃないですか。バスとかも。その代わり降りるのが立ってる人よりちょっと遅くなると。メリットとデメリットが存在するんですよ。

でも、エレベーターに先に乗った人って大体先に降りる人がいたらボタン押して待ってあげないといけないじゃないですか。あれってハイリスクノーリターンだなぁという気がしたのですよ。

ボタンを押して素早く後ろに下がるって方法もありますが、それやると結局降りるの遅くなっちゃいますしねぇ。

そんなわけで、僕の「エレベーターは出発ギリギリに乗る方が得をする」論でした。

まぁ、たまに「ビーッ!」ってなっちゃう時もあるかもわかりませんが、それはレアケースという事で。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-20 22:05 | 日記
・「実に面白い」とか別にキメ台詞みたいのはない
・柴崎コウはいない(そのポジションはもちろん男)

こんばんは、乙です。

今日の読書の時間は東野圭吾さんの『探偵ガリレオ』です。
元々東野さんは人気がありますが、このシリーズはドラマになって滅茶苦茶人気が出たようで、最新刊は図書館で600人待ちという何ともものすげい状態です。
でも、この『探偵ガリレオ』や同シリーズの『容疑者Xの献身』は0人待ちだったりします。不思議!

さて、この『探偵ガリレオ』ですが、大学教授の湯川さんのところに、元同級生の刑事が色々変り種の事件を持ち込んでそれ、湯川さんが持ち前の頭脳で解決していくというお話です。

湯川さんが大学の物理学(だったかな?)専攻だけあって、色々と殺人方法に科学的な要素が盛り込まれていますが、推理の方は殺害方法に始まり、犯人当てや殺害動機の追及など色々盛り込まれていて難そうな印象を緩和していると思います。

ただ、先に読んだお母様曰く「実際に想像するのが難しい」という事で、やはりその点はドラマで見たほうがわかりやすいのかなぁと思います。
[PR]
by surfaceR | 2009-08-19 21:54 | 読書