ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ジューダス・プリーストの『シナー』を「母さんが言う こういうパーマは変だと 死のう!」って聞こえる空耳アワーがあってもう一度見たいと思ったのですが、タモリ倶楽部が申請したのか、youtubeにもニコニコ動画にも存在しないという状況。
……はぁ、無いとなると余計に見たくなるなぁ。

こんばんは、乙です。

今日は定時帰社して、7月から行く現場の先輩に会ってきました。
第一印象は普通だったので、多分上手くやっていけると思います。

以下、ざっと聞いた話
・始業時間は8時45分~
・現場は駅から歩いて15分
10月からさらに遠方に移動する予定ジワジワと一人暮らしフラグの立つ予感。だが断る!
・やるのは設計まででプログラムを組むのは中国の人。行きたければ、中国にも行けるらしい。だが断る!
・チームのメンバーは30代~50代で20代はいないとの事。これだから銀行系の仕事はやりたくない。

……こんな感じでしょうか。
帰りにお酒飲んだので、すげぇ眠いので寝ます。つーか、三杯しか飲んでないのにこの眠気はなんだ…おかしい…
[PR]
by surfaceR | 2009-06-30 00:29 | 日記
それ以外は大丈夫。

こんばんは、乙です。

土曜日ですが、
c0041463_1744027.jpg

海のエジプト展行ってきたー。

いや、行く前までは「え?『海の』って事はさぁあ?何かしらこう深海的な要素とか魚的な要素とかそういうのあるんじゃない?つーか、HPそんな感じじゃない?怖くない?死なない?」とか怯えてました(ここだけの話、僕は水族館が死ぬほど苦手です)が、実際行って見たら特にそういう点に関しての過剰な演出とかは無かったです。

内容は海に沈んでた遺産を3つの地域毎に分けて観賞するというものなのですが、特に大幅に時代が違っているというわけではないので、内容に明確な違いがあるというわけではありませんでした。

後は、まぁ、ゲームとか漫画とかをかなり愛好している身としては神様…とか。な?ホルス神とかトト神とかハトホルとかは大変興味深く見させていただきました。

昨日は初日だったのですが、朝一で行ったという事もあってか特に混雑に巻き込まれるという事もなく非常にスムーズに回れたので、行くなら開園(何て言ったらいいんだ?)直後を狙うのがよろしいかと思われます。全部見るのに2~3時間はかかるし。

記念に海洋堂のガシャポンでもやってこようかと思ったのですが、300円と結構値がはったのでスルーして帰ってきました。個人的にはちょっと高いよ。ガチャだから欲しいもんが当たるとは限らないし。
係りの人に「箱買いはできないの?」って聞いてるおっさんがいて、気持ちはよくわかると思いました。

後、「写真撮影はご遠慮ください。」って書いてあったけど、フラッシュ焚かなきゃ撮ってもいいみたい(係りの人は黙認してた)なので、記録に残しておきたい人はカメラを持っていってもいいかもしれません。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-28 17:44 | 日記
マイケル=ジャクソン亡くなったとかマジか…
にわかとかミーハーとか言われようとも『Bad』、『Beat It』、『Thriller』は聞いてほしい名曲。
後好きなのは『Smooth Criminal』とか『Black Or White』か。

こんばんは、乙です。

木曜は6月で抜ける人の送別会という事で飲ませていただきました。

そんで、色々な方からお話を聞いたのですが、どうも今度の異動は何か色々あったらしく、7月以降も働いて欲しいという打診があったもののうちの会社側がそれを断ったというそんな恐れ多い話が流れていました。

確かに断ったのは事実ですが、こちらが知っている情報と組み合わせると真相は恐らくこんな具合。
・6月初旬に僕と先輩が6月一杯で抜けるという事が上の方で正式に決まる。(決まったはず。現にリーダーとかには抜ける要員として名前が挙がっている。)

・うちの会社としては、これ以上社員を遊ばしておくわけにはいかないので次の現場を探す。

・新しい職場が決まりそうという段になって「やっぱり、7月からも働いて。」という打診が向こうからある。

・そうは言っても、こっちも新しい現場が決まるってところだから受けられないよ。

・申し訳ないけど、お断り

という流れだと思うんですよね。全てはタイミングってやつですよね、ええ。

とりあえず、来週の月曜に現場の先輩とお話する機会があるんだけど、次のとこはどんなとこなんだろうなぁ…
[PR]
by surfaceR | 2009-06-27 00:48 | 日記
今日、最初の現場でお世話になった人に異動の報告がてら、今度一緒に働く人について探りを入れてみる。
乙:「今度、○○さんと仕事するんですけど、どんな感じなんですかねー?」
先輩:「あー、まぁ、○○(今、一緒に仕事してる人)よりマシじゃない?」

………先輩、ドストレートすぎる上にあまり参考になりません。

こんばんは、乙です。

今日の帰り、駅のホームに立ってた時の話。

両手でカートを引っ張るホープレスな感じのおっちゃんが僕の左側から歩いてきました。その進行方向を見るとどう考えても僕が障害物になる上に、そのおっちゃん下向きっぱなしで俺の事なんぞちいとも気にしてないご様子。

案の定、クラッシュしそうになったのでまぁ移動したわけなのですが、我ながらその時何を思ったかよくわかりません。きっと、しばらく歩けばむこうも気づいてくれると思ったんでしょうな。ホームに沿って水平に横移動する俺。

当然、おっちゃんは下向いてるから気づくはずもなくしばらく横移動する俺にピッタリおっちゃんがくっつくという傍から見たらかなりカオスな事になっているであろう光景が展開。

「あぁ、こりゃダメだな。」と思い、後ろに下がったら通りすぎざまにめっちゃ凄まれました、という話。

凄まれた時は「あぁ、この人、すげぇ歯が少ないなぁ。」ってのが第一の感想で睨まれたとかそういう印象はなかったんですが、よくよく考えてみるときっと「邪魔だ、ボケ!」くらいの思いを込めて睨んでいたんでしょうなぁ。
睨みきかせるのにもビジュアルが重要なんだなぁという事を改めて認識できた1日でした。いやぁ、勉強になった。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-25 00:23 | 日記
今日、電車の中で腋毛の話を延々としてるカップルがいたのだが、そんな話を回りに聞こえるような声でするのはいかがなものか。

こんばんは、乙です。

前フリの話とは全然関係ありませんが、7月から異動になる場所が決まりました。
何か、面接無しで決まったんですけど一体営業の人どうしでどんな交渉が行われたのやら非常に気になります。まぁ、面接って言っても名ばかりなところも結構あるらしいですが。

今のとこわかってること
・ドアtoドアの時間は今の現場とあまり変わらなそう。でも、乗り換えがめんどい。

・今回はプログラムを組む仕事ではないらしい。つか、話だけ聞いたら上流工程のように聞こえたんだけど、俺がやっていい仕事か?それ。まぁ、最初の現場でやってたけども。

・開発言語がPL1とかいう本気で未知の言語。調べてみたら、すげぇ年季が入ってる言語っぽいので覚えたとしてもこの先活かす機会があるのかかなり不安。

後、今度以前から現場に入ってる人とお話する一度顔合わせする機会があるんだけど「あまり時間がないから…」って言われたのが、すごく怖い。
何?もしかしなくてもすごく忙しいの…?
[PR]
by surfaceR | 2009-06-24 00:51 | 日記
明日が休みだとこの時間でもヨユーだなぁ。

こんばんは、乙です。

今日の読書の時間は東野圭吾さんの『黒笑小説』です。ブラックジョーク目白押し!

特に最初の方に収録されている、売れない小説家が文学賞受賞の知らせを出版社の編集と待つ話とか、新人賞に初めて呼ばれた元新人賞受賞者の話とか、こういう話を読むと、東野圭吾が直木賞をかなりの期間取れなかった話が頭にちらついてちゃんと笑えません。黒さが炸裂しすぎです。

前半に比べると、後ろに収録されている作品は生々しさが無くて安心して笑いながら読ませてもらいました。球状のものを見ると何でも巨乳に見えてしまう「巨乳妄想症候群」とかな。

冷蔵庫を開けたら巨乳が二つ並んでいた。

とかおかしいから。

でも、こんなくだらない話題でも「黒」笑と銘打つだけあって、どれも「ブラック」である事には間違いなく、皮肉がきいています。

バイアグラの正反対の効果を持つ薬が発明された「インポグラ」とかなー。男ってのはバカで単純です。

何も考えずに借りたのですが、他に『毒笑小説』と『怪笑小説』ってのがあるらしいので、そっちも読んでみたいです。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-22 01:15 | 読書
何だかんだで、異動が決まったらしいので振休の消化にかかり今週は三連休となりました。

こんばんは、乙です。

その初日として、今日はお台場に行ってきました。

え?何しに言ったかって?そりゃあーあーた、これよ。
c0041463_1573977.jpg

潮風公園に立ってるガンダム見に行ってきたー。まだ未完成品だけどね。んでも、正直どこが未完成なのかよくわかんなかった。
昼の3時くらいに行ったんだけど、ちょうど逆光になっちゃってたから完成した暁には午前中に行きたいとかそんな事思ったり思わなかったり。
c0041463_25710.jpg

c0041463_251743.jpg

ハァ、やべぇ、超カッコいい。

c0041463_28174.jpg

折角なので、取ってもらう。
c0041463_285548.jpg

バックパックもオメガ綺麗。この写真だと見えないけど、ノズルの中身もバッチリ作りこまれてます。
c0041463_212644.jpg

まだ未完成品だというのに、この盛況っぷり。完成したらどうなるんだろうね。

基本的には男率がかなり高かったですが、中には女性2人組みとか関西弁の人とかもいて、ガンダムファンの幅広さを感じました。

後、1周グルッと回って一休みして、じゃあ行こうかって段になって「もう一周いい?」って言ったらちょっとあきれられたのはここだけの秘密だ!
[PR]
by surfaceR | 2009-06-21 02:17 | 日記
今の現場の話しなー。

こんばんは、乙です。

先日、とうとう今月でこの現場も終わりですっつー話がきて、次の現場はどこになんのかなーそれとも本社待機かなぁとゆうような事をツラツラと考えていたわけなのですが、何故か今日いきなり非公式で単月契約の話がきたとか。

…正直、めんどくせぇ。

仮にここでその話を受けたとして、7月でまた切られちゃったら結局営業の人にまた仕事を探してもらわなくちゃいけなくなるわけだし、そんなにコロコロ態度変えられてもこっちとしても非常に困る。

つい、営業の人には「どっちでもいいです。」とか玉虫色の回答をしてしまったけど、どうなる事やら。まぁ後は会社が単価の高いほうに決めるだろうから、僕がどうこう言う事じゃあないし。

しかし、新しい現場は「ほぼ確定だと思います。」とか言ってたけど、どこに行かされる予定なんだろーか。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-17 23:11 | 日記
まぁ、当たり前っちゃあ当たり前なんですが。

こんばんは、乙です。

そんなわけで、土・日・月と3連荘飲みを敢行しました。正直、大学時代もこんな事しなかった気がします。

土曜日:大学のサークル時代の後輩にお呼ばれ。午後はカラオケ行ってたらしいけど、僕は喉の関係上パスさせてもらって、夜から参加。
しかし、こうやって定期的に会ってると、会う面子が非常に限定されてくるのでちょっと寂しい。
それにしても、「結婚」とか「婚カツ」とかそういう言葉が出てくる年齢になってきたかとしみじみ思う。大学時代は考えられなかっただろ。

日曜日:大学のサークルの先輩にお呼ばれ。同期は相変わらず誰一人動こうとしないあたりが実に素晴らしい。上下の代がアグレッシブだと非常に助かる。
さらに上の代は毎回新しいものにチャレンジしてくれるので、かなり楽しい。
今回のNewスポットはこちら。
c0041463_1175395.jpg

銀座にある「iceバー」というところ。-5度の世界を体感できるのだそうな。
ドリンク一杯ついて、3500円。高いとみるか安いとみるかは当人次第。
c0041463_1225627.jpg

周りはみんな氷。よくわからんオブジェちっくなものもあり。
c0041463_1235029.jpg

当然、テーブルも氷。
c0041463_12415100.jpg

ポンチョ着用は義務。寒いってのもあるけど、体から放出される熱を抑えるためのものでもあるらしい。ただ、着ていても時間が経つにつれて確実に寒くなってくるので長袖は基本。
最高でも45分しかいられないとの事で、頑張っていたのだけど「あ、他にお客さんがいないのでまだいても平気ですよ」と店の人に言われ、速攻で退散。あれ以上、虚勢は張れない。
その後は例によってパセラで騒ぐ。
それにしても、「アラサー」とかそういう言葉が出てくる年齢になってきたのかとしみじみ思う。大学時代には考えもしなかった。つーか、そんな言葉がなかった。

月曜日:元バイトの友人と飲む。雨が洒落にならなかった。ツーパンツスーツでも限度があろうよ。
相変わらず大変そーだったが、今は僕もそこそこ大変なはずなのでまぁトントンという事にしておいた。「己の趣味を全否定された事に対してどう動けばよいか」という事について熱く議論する。結論は「それ、無理」だった。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-17 01:32 | 日記
ここ最近、図書館通いを続けていたわけなのですが、とうとう自宅の積み本が40冊を越えたため一時図書館通いは中止したいと思います。
本は逃げないしなー。

こんにちは、乙です。

今日の読書は『頭のうちどころが悪かった熊の話』です。
いや、本屋に平積みしてあってタイトルが目を引いたので、特に考えもせず図書館で予約してみました。

中身は一言で言うと、「寓話集」ってやつで表題作以外にも色々と入ってます。
んで、「寓話」なんでまぁ色々と教訓めいた事とかややブラックユーモア調に書いてたり、いい話にしたりしてますが…まぁ、特に言うこともないです。特に新しい手法ってわけでもないしなぁ。

ページ数もそんなに無いんで、1~2時間で読めたのはよかったです。
正直、特にオススメできるような本ではありませんでした。

「じゃあこんなとこに書くなよ」って言われるとちょっと困っちゃいますが…
[PR]
by surfaceR | 2009-06-13 14:02 | 読書