ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

その原点に挑戦。

こんばんは、乙です。

そんなわけで、江戸川乱歩の名前の元となったエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』と『エドガー・アラン・ポー短篇集』を読みました。

前情報をまった入れずに借りたので、基本的に推理小説を書く人なのかと思ったら、そういうわけでもなく、2冊(『モルグ街~』も短篇集だったりします。)の中で推理小説と呼べるのは4本じゃないかなと思います。

そんで、その推理小説ですが、また解決方法が理論立ちしすぎててよくわかりません。『モルグ街~』はまだいいんですが、同書に収録されている「マリー・ロジェエの怪事件」は読み進めていくうちにいつの間にか解決してました。
それもこれも探偵役のオーギュスト・デュパンが全部理論立ててまとめようとするからです。今風に言うと、探偵ガリレオ?みたいな?実に面白い。こっちは面白くない。

そんな感じだったので、僕は「早すぎる埋葬」とか「黄金虫」とかの方が面白かったです。特に「黄金虫」は暗号もので江戸川乱歩の「二銭銅貨」を思い起こさせる作品でした。こっちはちゃんと宝がありましたが。

それと、全体的に作品の薄気味悪さはやっぱり乱歩がしっかり受け継いでいるなぁと実感。一部を除いてとても「死」を意識させる作品が多かったもので。乱歩の「グロ」の部分はやっぱりここから来てるんだろうなぁ。

短篇集の方に「エドガー・アラン・ポー小伝」として、ポーの生涯が書かれていましたが、最初は詩を書く人だったみたいです。
どんな詩を書くのかすごく気になる…
[PR]
by surfaceR | 2008-10-31 22:54 | 読書
昨日、スッカリ忘れてて新聞で気づきました。
レミオロメンのアルバム『風のクロマ』が発売したって。
慌てて、今日買ってきましたよ。
いやぁ、やっぱりいいなぁ。

こんばんは、乙です。

今日、先輩に
「こないだ帰社した時に「全然有給取って無いみたいだから、有給取らせなさい。」って言われたから有給使いなさい。」と言われた。

とりあえず、来月の帰社は終日帰社と偽って半休を取るという初代職場時代の荒業を行うことで有給を0.5日消化する事にする。というか、この戦法は色々な所で行われているらしいと知りちょっと驚き。

しかし、この有給というやつは実に扱いに困る。
1年間は繰越してくれるが2年目に突入したら消えてしまうという何とも困ったやつだ。
せめて、未消化分は会社が買上げてくれれれば助かるのだけれど、生憎うちの会社はそういう事はやってくれない。

じゃあ頑張って使おうかという話だが、入社当初は1年で12日だった有給が3年目の今年は14日だ。2日増えてる。話によると20日までは1年に1日ずつ増えていくらしい。夏季休暇もプラスすればフルで23日休める。つまり合法的に毎週土日祝の他に2日休みが取れるわけだ。ハッハー、無駄にすげぇ。つーか、常識的に考えて使い切れないだろ。使えない休みもらったって意味ねぇ。

まぁ、こういう有給ってやつは不意の事態(ex.風邪こじらせて2週間寝込んだとか)そういう時のために取っておくのが上策らしいけど、かと言って腐らせてしまうのももったいない。かと言って、特に理由もないのに有給消化します。というのも僕的には落ち着かない。
どうせ、休み取ったって平日の外に出るとすれば病院に行くくらい。他の事は休日だって十分可能なんだし。

………アレ、何か目からしょっぱい水が……
[PR]
by surfaceR | 2008-10-30 21:56 | 日記
タバコの匂いがこっちにきて仕事できなくなるんですけど。

こんばんは、乙です。

今日の本はそんなタバコにちなんだ短篇集、筒井康隆の『最後の喫煙者』です。

表題の作品は『世にも奇妙な物語』で映像化もされたので、知ってる人もいるかと思います。嫌煙活動が活発になって、愛煙家の弾圧が行われるという大筋の流れは同じですが、ラストがちょっと違いました。
物語としてスッキリ完結してるのは『世にも奇妙な物語』の方でしたが、ショート・ショートとして見るなら、原作の終わり方の方がそれっぽかったです。

他にも時間の加速度が徐々に早くなっていく「急流」やら山崎の戦いを下敷きにして豊臣方が突然新幹線に乗り出す「ヤマザキ」などナンセンスの極みな作品が揃っています。

特に「ヤマザキ」はもう悪ふざけが過ぎるというか、こんなん筒井康隆が書いたんじゃなけりゃ怒られるって作品だと思うのですよ。ってか、多分筒井さんじゃなきゃ書けないだろうと思います。

同じように時代もので「万延元年のラグビー」がありますが、こっちはまだギリギリセーフかなという気がするのですが、「ヤマザキ」は完全アウトだと思います。特にラストがもうアウトです。やり逃げ宣言です。でも、面白いから困ってしまう。

ちょっと調子が悪いなぁとか思った時に読むと、そのバカバカしさで思わぬ効力がある…かも。
[PR]
by surfaceR | 2008-10-29 21:37 | 読書
よく漫画とかで「昔食べたあの味が忘れられなくて…」とか言って、それ再現して大喜びみたいなのあるけど、ああいう「昔食べたあの味」って誰にでもあるもんなんですかね?

こんばんは、乙です。

いやね、昨日の話で「明日はモスバーガーにでも行くか」って書いて、今日モスに行ったんですよ。

そんで、例のごとく焼肉ライスバーガーを頼んだわけです。

もう何回か書いたような気がしますが、僕が始めて焼肉ライスバーガーを食べたのは忘れもしない大学2年の頃で、その時の衝撃たるや「この世にこんなモノがあったのか!」と驚愕すること極まりなしと言った感じだったのですが、時期が悪くその直後にBSEの騒ぎがあって焼肉ライスバーガーは販売停止になってしまったのでした。

それがつい最近(と言っても、もう2年くらいになりますか)販売再開をしまして、2回くらい食べたのですが、どうも昔より美味しくないような気がしてなりません。

単純な焼肉ライスバーガーではなく、カルビ焼肉とか無駄にリッチさを出してるのがいけないのでしょうか、それとも僕の味覚が変わったのか、それともその他の理由なのか。

願わくばもう一度あの感覚を味わってみたいんですが、記憶でも消さない限り無理な話ですな。
[PR]
by surfaceR | 2008-10-28 21:36 | 日記
残業時間フルフルで使って、欠片しか進まないなんてよくある事。

こんばんは、乙です。

まぁ、とりあえず明日終わらせられる目処はたったので途中で帰ってきちゃいましたが。

こういう時、自分の勉強不足というものをつくづく感じさせられます。(今回の部分に限っては周りの人、誰も知らなかったみたいだけど。)

しかし、こういう時ネットはすごく便利。知りたいところが一発で出てきたもの。

話は全然変わって最近昼飯をどうやって食べようか悩み中。

ここ2週間程、菓子パン or おにぎりでしのいできたけど、流石にもう限界らしく何か手っ取り早く温かいものが食べられる場所という事でマクドナルドへ。
何かこの選択自体が間違ってる気がしないでもないですが、気にしないでいただきたい。

とりあえず、バリューセットを頼んで完食するも量がどうにも少ない。つーか、あれってポテトで腹を膨らませる商品じゃね?

よぅし、明日はモスバーガーにでも行ってみようかなぁ…
[PR]
by surfaceR | 2008-10-28 01:02 | 日記
今回学んだ事。
洗顔フォームにくっついてるシールは侮れない。

こんばんは、乙です。

事件はお昼に起こりました。
所用を済ませるために最寄の駅に行ったのです。
所用とは
①切れたので、洗顔フォームと目薬を買う。
②図書館に本を返しに行って、また借りてくる。
③郵便局にお金を振り込む。

①と③を済ませ、②の実行のため図書館へ。

図書館到着。まずは先週借りた本を返して…本を返して…う~ん、本に何かくっついてる。これは、あれか洗顔フォームか。上から入れたからきっと挟んじゃってるんだね。上にひっぱりゃ離れるでしょ。

ビロ~~~~~~ン。(本と一緒に洗顔フォームがくっついてきた事を表す擬音。)
ビリィッ!(何かが破れた音)

Σ(゚д゚lll)Nooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!

………やっちまった………

多少の切れ込みならまだしもページ上部の損失、という事で弁償になりました。
今更嘆いても詮無い事とは言え…ハァ…まいったぁ…

唯一の救いは破れた本が2005年出版という事で、本屋に行ったら在庫は無かったものの注文可能だったこと。これがかなりの古書で絶版状態の本だったらと思うと考えるだけでゾッとします。

本当に本の扱いには注意しなくちゃねぇ……
[PR]
by surfaceR | 2008-10-26 21:50 | 日記
こんばんは、乙です。

筒井康隆強化月間も後1冊となりました。
『自選短篇集⑥ ブラック・ユーモア現代篇 わが愛の税務署』でございます。
前も書いたとおり、⑤は最寄の図書館に置いてませんでした。

ブラック・ユーモアという事で全体的に話の内容は皮肉に満ちていて、実に面白い。マスコミ・政治団体などをからかっているところも実にブラック。

僕は「旗色不鮮明」と「廃塾令」がお気に入り。

「旗色不鮮明」は名前を貸した団体が実は民○党支持の団体で「自分は特定の団体を支持するつもりはない」という趣旨の文章を別の雑誌に乗っけたら今度はその雑誌は実は自○党支持の団体で…と政治にまつわる(と言っていいものかどうか)話。
「自分、○○党支持なんで」とか言ったら、コーヒーも出してもらえないような街に住むのはゴメンです。
「廃塾令」は文字通り、塾が廃止になる話。
しかし、もし本当に塾が廃止になったら闇塾なんてのができてヤクザの資金源になるのか…途中からの闇塾への潜入捜査がコントみたいになってて、面白い。
塾なんてこの歳になっちゃうと、もう遠い過去の話だからなぁ。あれって社会人に置き換えると残業みたいなもんだよね。いやぁ、子どもってすごいなぁ。

もちろん、これだけではなく他にも笑える話が多数収録されております。
それにしても何でこんなに面白い作家さんの本を今まで読まなかったのか自分で自分を叱り飛ばしたい気持ちで一杯ですよ、本当に。
[PR]
by surfaceR | 2008-10-25 23:45 | 読書
今日は早めに切り上げて帰ってきました。

こんばんは、乙です。

一月でPG~PT完了のノルマもとりあえずクリアできそうです。でも、テストよりテスト環境を作るのと使うツールに慣れる方にずっと時間がかかった気がする。もうちょいマニュアルがちゃんとしてればあんなに無駄な時間を過ごさなくてもよかったのになぁ…
そして、そんな環境の最前線を突っ走るワタクシ。
だけど、他の人のためのマニュアルは作らない。そんなワタクシ。
いや、だってそんな事してたらテストに使う時間無くなっちゃうぢゃん。なるべく早く帰りたいぢゃん。でも、聞かれたらちゃんと答えるよ。

仕事場にもそろそろ慣れてきたところですが、唯一定時後になると空調が止まるのか途端にタバコ臭くなるのは勘弁してほしいところ。
空調くらいつけておいてよ…
[PR]
by surfaceR | 2008-10-23 22:12 | 日記
主に喉とか心とか。

こんばんは、乙です。
嘘嘘、喉だけです。

もう夏も終わり秋になりましたが、早速喉が痛み始めました。
去年、加湿器をマイルームに導入する事に成功しましたが、それも「つけると多少マシ」程度で喉に効く効果が発揮されません。
理由はわかってます。僕が慢性鼻炎で寝る時は常に口呼吸だからです。

今日、ちょっぴり口呼吸について調べてみました。
まず、口呼吸診断という事で当てはまるものを選んでいったら90%くらいの確率で口呼吸に当てはまりました。多分、いびきはかいてないと思うんだよね。友人と旅行行っても何も言われないし。

次に色々と口呼吸矯正の方法を見てみたら、グッズが出ているようなのだけれど値段が2万~3万とかわけのわからない値段なので、あっさり断念。5千円くらいだったら買おうかと思ったけど、想像を上回る値段ですよ。保険きかねーのかな。

値段も少なめでですみそうなのは、「粘着力の低いテープを口にはる」ってのと、「ぬるま湯にちょっと浸したマスクをつける(鼻はおおわずに)」というものでした。

……うっかり事故死したって人がいないようなら試してみたいような気もします。
[PR]
by surfaceR | 2008-10-22 23:52 | 日記
今さっきの話です。

こんばんは、乙です。

TV埼玉で番組を録画しようとTVを付けたらプロレスをちょうどやってました。
「おやおや、この時間はTVショッピングをやってるはずだがなぁ」と思い番組表を確認すると延長した番組があったようなので、どのくらい延長するのかを確認するためにしばしプロレス観賞。

………動き早いなぁ。

リングの上でやりあってると思ったら、リングアウトしてロープから飛び降り、またリングに戻ってきて3対3になったと思ったら、3対1になって、と思ったら4人目が出てきて、延髄かましたり飛んだりフォールしたりして、最後の勝敗を見たら4対4だったというそんな話。

僕はプロレス見た事ないのでよくわからんですが、最近のプロレスはあんなに動きが早いものなんでしょうか。技の名前とか全然わからんけど、動きが派手ですごく面白かった。
どちらかと言えばショーの傾向が強い団体だったんだと思う。ロープへの振りとか2~3回やってたし、3対1の時3人が1人にずっと殴られたりしてたし。(しかも最後の方は疲れのためか殴ってる方がフラフラ状態)僕はK-1とかよりこういう方が多分好みなんだろう。

解説(かどうかは知らない)が技見て「すげぇ!」とか言っちゃって、もう会場全体で楽しんでますって感じがしてよかった。でも、来週はガラスなんちゃらデスマッチとかいう血がダラダラ出るタイプのやつっぽかったんで見ません。
[PR]
by surfaceR | 2008-10-22 00:54 | 日記