ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

妹がアジカンの「ファンクラブ」を買ったので、借りて聞いてます。
まだじっくり聞いてないので、とりあえず「ワールドアパート」とかいいんじゃない?とか言っておく。

こんばんは、乙です。

先日の話になりますが、2日連続でパジャマも着替えず、一歩も外から出ずにずーっと家でゴロゴロしていた次の日の話。

確か何かしらの用事があって、駅まで行って用事を済ませて帰ろうと思ったのですが、どうにも家の方向に足が向かない。
何となく「家に帰りたくないなぁ」と思ったわけなのです。

これは僕にとってはかなり驚くべき事態でして、普段は用事を終わらせたら速攻で家に帰ってやれマンガだ、やれゲームだという生活スタイルを送っているもので、自分自身「何か悪いモンでも食ったか?」と思ったほどですから。

と、同時に「2日間も一歩も外に出ないと、出不精な人間でも外の空気が恋しくなるものなのだ。」ということにも気づきました。

この後、色々と駅周辺をブラブラして、古本屋を見つけたり、眼鏡屋の店員さんと小話をしたりとなかなか普段はしないような経験ができて、よかったのではないかと思います。

でも、一番の収穫はまだ自分は引きこもりにはならなそうだな、ということが確認できたことだと思いました。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-29 22:58 | 日記
うちのPCのモニターがまたぶっ壊れました。
今は別のモニターを代替要員として使用していますが、やっぱり見にくいよう。

こんばんは、乙です。

今日は亡くなった友達に就職できたよ、ということを報告してきました。

んで、時間が中途半端だったので池袋行ってボーリングしました。
ボーリング場で大学の後輩に会って、とてもビックリしました。

夜は家族で鎮鍋祭(詳しくは聞くな)をやりました。今シーズン最後の鳥鍋は美味しかったです。

えー、ここで話は突然変わりますが、皆さん、今日の「世にも奇妙な物語」は見ましたか?

今回はいつもとは少し違い、5作の短編の他に10作ほど超短編の作品が出ていました。小説の分量に直すと1P分ぐらいのヤツでしょうか。ショート・ショートってやつです。

今回はその超短編が秀逸でかなり爆笑させてもらいました。
簡単に感想なんぞを。

「リプレイ」・・・死んじゃった彼女がビデオカメラの中だけで生きている話。ホラー。
池脇千鶴が怖かった。後、何かビデオを通した声がちょっとだけ高山みなみの声に聞こえた。

「命火」・・・人の命が輝きとして見える女の人の話。感動系。別に面白くも無し。

「雨の訪問者」・・・ホラー重視の感動系でしょうか。ストーリーを説明するのがめんどうなので割愛。ホラーのとこは面白かった。

「奥さん屋さん」・・・奥さんに先立たれた男が偶然立ち寄った奥さん屋で、妻にそっくりな人形を見つける。人形はそのまま動き出して、生きていた妻のように振舞い始める。
これも、感動系。普通に見てたら、ウチの女性陣からラストにブーイングの嵐。女性には不評な話なのか?とりあえず、男は妻を大事にしろってこと。

「イマキヨさん」・・・今5作の中で一番のアタリ。都市伝説系の話。オチは読めるけれども、イマキヨさんに扮している酒井敏也(わかんない人はググってくれ)さんの演技が素晴らしすぎた。

後は10編の超短編ですが、あんまりにも短すぎるのでタイトルだけ。
「山田祭り」「トイレっと」「痛覚」「占い」「彼もまた」「リモコン」「サイコキネシス」「オセロ」「横断歩道」「赤い糸」
どれも笑わせてもらいました。「痛覚」と「サイコキネシス」はそういうネタじゃなかったけど。

「オセロ」はどっかで見たことあるな、と思ったらBBジョーカーであったネタだったらしい。パクっていいのか。

今回の話の中ではとにかく「イマキヨさん」がダントツで面白かった。すでにAAも作られてるようなので、見てない人は今すぐビデオ録画してる人にかりて見るんだ!

ちなみに僕は録画してないぜ!
[PR]
by surfaceR | 2006-03-29 01:10 | 日記
こんばんは、食べすぎで口内炎ができました。
ご飯がおいしく食べられません。乙です。

昨日は大学全体の卒業式でしたが、本日は私が所属する国文学科のみでパーティーのようなものがあったので、参加してきました。

事前に1万円という大金を払ったパーティーだけあって、会場はホテルヒルトン。出た料理も結構豪華なものでした。

行く前までは「何で金払っちゃったんだろう(基本的に自由参加)・・・めんどくせぇなぁ。」と思っていたのですが、行ってみたら意外と顔見知りが多く、楽しめました。

今日は先日の大失態があったので、かなりセーブして飲みました。それでもなんか若干足元が覚束なかったような気がします。最近、飲める酒の種類が少しずつ増えているような気がするのでそれはとてもいいことだ思うのですが、同時に少しずつ酒に弱くなってるような気もします。それともそう感じるのはチャンポンしてるからでしょうか?

パーティーが終わった後はゼミの人間だけ(と言っても4人だけですが)で2次会に行って、1時間ほど飲みながら、くだらない話をしてきました。

その後、クラス飲みもあったそうなのですが、僕は先日のこともあったし、なんかお腹も痛かったので2次会で帰ってきました。

これで、大学生としてお酒を飲むのは最後・・・・・・かな?
4月まで後1週間。そろそろ気持ちを徐々に切り替えていく時期に来ているんでしょうね。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-27 01:02 | 日記
c0041463_132447.jpg

ボーイズビーアンビシャス!少年よ!大志を抱け!!

こんばんは、乙です。

今日は大学生活4年間に終止符をうつ、卒業式に参加してまいりました。
なんか、色々とめんどくさかったけどね。

まず、卒業式は大学とは別のところでやるっていうのでそちらに移動。
10時10分くらいに卒業式開始。なんかほとんど寝てたのでよく覚えてません。

それから、12時から学科ごとの卒業式(学位授与とかそんなイベント)をするために大学へ移動。

大体の人は10時スタートの卒業式が終わった後に12時に学校集合というのはどう考えたって無理だってことがわかっていただけるかと思うのですが、どうやらうちの大学のお偉いさんはまるでわかってないらしく、案の定大学の方のイベントが始まったのは1時過ぎでした。

それが終わってからはフリーだったので、適当に過ごしてたら帰ってくるのがこんな時間になった、と今日はこんな感じの1日でした。

これからは社会の歯車の1つとなる日々が待ち構えています。
皆さん、頑張っていきましょう。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-26 02:17 | 日記
ちゅーわけで北海道旅行2日目の主役はもちろん、こちら。
c0041463_23423491.jpg

HTBであります。

ここに来る前に「カリー軒」という店でお昼を取りました。
このカリー軒という店は大泉洋を始めとするチームナックスの第2の故郷と言われている
らしく、どうでしょうバカの聖地ともなっているようです。

我々が行った時も開店11時なのに、11時5分ぐらいに行ったらもう先約が2組ほど。
その後も客は増え続け、11時20分には席が全部埋まった状態。個人経営の店だから
しょうがないかもしれんけど、この人気はすごい。壁にはチームナックスなど著名人のサインがビッシリ。すげぇ。

肝心の料理の方ですが、僕が頼んだのは、ハンバーグとミートソース。とにかく、肉汁がすごい。ナイフで切るとブワッと溢れてくる。肉の厚みもたっぷりとあって、すばらしい。
いい店でした。
多分、行く時は本当に開店と同時に行かないと入れないんじゃないかと思います。

話を戻しましょう。

カリー軒で昼食を取って、今回の旅行のメインイベントHTBへ。
最寄り駅から坂を登っていくと、最初にのせた写真のようにOnちゃんがお出迎え。
入り口ではOnちゃんだけでなく、
c0041463_23553782.jpg

HTBキャラクター総出で歓迎してくれます。

さて、中ではご覧の通り
c0041463_23573542.jpg

c0041463_23575714.jpg

数々の「水曜どうでしょう」での小道具が並べてあります。
まぁ逆に言うと、これだけなんですが。

c0041463_23592685.jpg

こちらは雪で埋もれた高台公園。
多分、ここらへんでロケしてんじゃないかと予想。全く確かめようはありませんけれども。

c0041463_023995.jpg

c0041463_02569.jpg

さて、HTB観覧が予想以上に早く終わってしまったために、足を伸ばして厚別川へ。
「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」のEDの歌に出てくる織姫像と彦星像です。
平成元年、厚別区と白石区が分区した時に川を挟んで建てられたそうな。

c0041463_045462.jpg

さーて、お待ちかね夕飯の時間ですよー。
この日の夕飯は「松尾ジンギスカン」のジンギスカンでしたー。
2人ともジンギスカンを食べるのは初めてだったので、おっかなびっくりやってましたが、
しばらくしたら、もう肉を喰らう野獣と化してました。

肉がまず旨い!それから、肉のタレが染み込んだ野菜も旨い!と最高でした。
ただ、2人の共通の見解として「ご飯にあわない」という意見が上げられました。でも、
野菜が旨いので無問題です。

さて、2日目はこれで終了。3日目はおまけみたいなもんなんで、ネタが無いと思ったら
書きます。

うわ、なんかジンギスカンの写真見てたら、また食いたくなってきたー・・・
[PR]
by surfaceR | 2006-03-25 00:12 | 日記
というわけで、今日は北海道での出来事をツラツラと書き連ねていきます。
長くなるかもしれませんが、ご勘弁を。

さて、初日は朝早くから空港に行って、昼ごろには早くも北海道へ着いてました。
昼に食べたのは札幌駅近くのビルの中にあった「らーめん共和国」というところの1店。
ぶっちゃけ、旨くなかったよ。広島のお好み焼き村みたいには行かなかった。
どうして、ああいう風に出店してる店って旨く感じないんだろう。つくづく謎だ。

c0041463_19551052.jpg

まずは「日本3大ガッカリ」という不名誉な称号を得ているらしい時計台。北海道でまず
見ておきたいのがこれですね。期待していくと100%がっかりしますのでお気をつけください。その割には僕以外にも写真を撮ってる人は沢山いたけれど。
改めて、こうやって写真で見るとなんかいい感じですよね。それもガッカリの一要因か。

c0041463_1958646.jpg

続いて大通公園(でいいのかな?)に建ってるテレビ塔。登れるらしいけど、600円ぐらいかかったので、「高い!」と判断して行きませんでした。

c0041463_1959184.jpg

こちらはそのテレビ塔の非公式キャラクターのテレビ父さん。
非公式と謳っておきながら、何故か売店はテレビ塔の真下にあります。タオルとか葉書
とか売ってました。この写真でピン!と来た人は北海道に行った時にテレビ塔に行って
みてください。

この時期の北海道と言うのはやはり雪が未だに残っておりまして、酷い時は道にそのまま雪が残っていて、それの上を歩くといった状況もありました。
路肩にたまった雪は土ぼこりと混じって、地層のようになっていたところもありましたし、
岩石みたいな雪が歩道に転がってる時もありました。
この写真はその雰囲気を端的に知っていただけるであろう写真です。
c0041463_20124533.jpg

はい、滑り台とベンチがしっかり埋まってます。ちなみにここはあの「水曜どうでしょう」で有名な高台公園にあるベンチと滑り台です。なんかもう、掘り出す気ゼロなところがいいですね。春まで待て、とそういうことなんでしょう。

さて、1日目の話の続きをしましょう。
この後、我々(言い忘れてましたが、今回の北海道旅行はバイト先の友達と2人で来て
おります。)は「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」ゆかりの地を巡る旅へと出発しました。

まずはこちら劇中で説明があった「丸い交差点」です。
c0041463_20184114.jpg

この写真だとよくわからないかもしれませんが、この交差点は上から見ると、丸くなっています。どっかの著名な方が作ったらしいです。

そっから、ちょっと行くとこれまた(多分)劇中で出てきた「水穂大橋」が見えてきます。
c0041463_20213962.jpg

ホワイトストーンズは白石区でしか活動できないので、区の境目などに来ると、途端に
パワーダウンしてしまうのです。

他にも赤レンガとか色々あったんですが、下調べ不足と活動時間の限界ということで、
この日は終了。

夕飯は乙が「海産物がたべてぇ」と言い、札幌駅にある居酒屋へ。
ここがまた旨かった。特にホタテの味に二人揃って大興奮。なんというかこっちのホタテって若干固い感じがするじゃないですか。でも、北海道のホタテは違う!まず、柔らかい。
でも、歯ごたえはしっかりと残ってるというすばらしい一品。
二人揃って「ホタテうめぇ!!」の大合唱。
下の写真は乙が最後に食べた「ホタテの漁師なんとか」という品。
c0041463_20244165.jpg

他にも、刺身や鳥のから揚げなど旨いものづくしで大満足の夕飯でありました。

う~ん、やっぱり写真入りだと長くなりますなぁ。
2日目以降は明日の更新ということで。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-23 20:32 | 日記
両肩の痛みも少しずつ引いてきてようやく、全快といったところでしょうか。

こんばんは、乙です。

北海道旅行の写真は明日にでもお目にかけられればと思います。と言っても、HTBファンの方じゃないとわかりそうもない写真ばかりですが。

さて、大分前に一度迷惑メールの記事を書いたのですが、あれからまたかなり珍妙だったり、非常にしつこかったりするメールが届いているので、ちょっと紹介。

今回は珍妙だったメールです。ちょっと18禁なので、18歳より下の子は見ちゃダメだよ!
タイトルは「ロマネコンティーより好きなんです。」です。どうぞ。















私は前園顕子、32歳独身
総合病院内肛門科勤務、毎日(*)を拝見しております。
私は自称AM女です。仕事も午前中しかしませんし
名前のイニシャルもAMなのです。そして、さらにアヌスマニアなのです。
実は、私はある貴重なアヌスを探し求めています。
それは滅多にないような形をして色をして匂いのするものなのです。
もしかすると貴方かもしれないのです。貴方はアヌス毛は生えていますか?
私はいままでに沢山のアヌスを拝見させていただいてきましたが、
いまだに私の求めているプレシャスアヌスに出会えていないのです。
それで、無礼なこととは思いますが貴方にメールを差し上げました。
一度お逢いして拝見させていただけないでしょうか?
もちろん、拝見料はお支払いします。
それと、もし貴方が私の求めているプレシャスアナルの場合は
舌でテイストさせていただきたいのです。
もちろん、テイスト料もお支払いいたします。
良い御返事を期待しています。



確実にモニターの前でお茶を吹くね!

まず、ここだ。

>私は自称AM女です。仕事も午前中しかしませんし
名前のイニシャルもAMなのです。そして、さらにアヌスマニアなのです。

「そして、さらに」って何、この無駄に「上手い事言った」みたいなフレーズ。
ここらへんはまだジャブみたいなもんですよね。
問題はこの後ですよ。

>私はいままでに沢山のアヌスを拝見させていただいてきましたが、
いまだに私の求めているプレシャスアヌスに出会えていないのです。

プレシャスアヌス

プレシャスアヌス

プレシャスアヌス

もうね、笑い死にさせる気かと。

ちなみにプレシャスの意味は

pre・cious
━━ a. 貴重な, 高価な; 高く評価される; 大事な, かわいい ((to)); 気取った; 凝った

らしいです。

しかも、プレシャスだった場合は舌でテイスティングしていただけるようですよ。

こういう才能を迷惑メールの文章じゃなくて、もうちょっと違った方面で活かせたら、いい
商売になるんじゃないかと思います。

とりあえず、ケツに毛が生えてる男の人はプレシャスアヌスである可能性があるようなので、一度見てもらってもいいかもしれません。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-22 23:48 | 日記
で、私も社会人の仲間入りというわけです。
それまで、ゴロゴロしたいと思います。まぁ、やることはあるんですけどね。

こんばんは、乙です。

今日は妹がマンガを売りたいというので、紙袋にマンガを詰めて古本屋へ。

ブリーチとか有る程度人気のあるマンガを売ったので、4000円近くになって喜んでました。でも、すぐアルバム代とかに変わるんだろうと思います。

話は変わりまして、昨日の日記で書いた「塗仏の宴 宴の始末」ですが、本日読み終わりました。

続きが気になって仕方がなかったので、もうとにかく朝起きてからずっと読んでました。
毎度のことながら、ラストのまとめ方はかなりよかったのですが、今回は終わり方がイマイチすっきりしなくて残念でした。
やっぱり、人を傷つけるってのはよくないことだと思います。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-22 01:30 | 日記
土曜日に胃のセルフ洗浄を強制的に行ったせいか、今でも胃がムカムカします。
後、両肩が痛いです。さらに言うなら顎もなんか時々痛くなります。
あんだけ、飲んで一人で潰れてりゃあこうもなりますわな。

こんばんは、乙です。

そんな具合だったので、今日は家に1日こもって本を読んでました。
え?何?具合が悪くなくたってそうだろうって?うるせぇな、その通りだよバカヤロウ。

読んでたのは京極夏彦の「塗仏の宴 宴の始末」この本の前に「宴の支度」というのがありまして、これは解決編とでも言えばいいのでしょうか。

しかし、長い。
まず「宴の支度」の総ページ数が約900ページ強。これだけあって、死ぬのはたったの一人。(とりあえず、これ推理小説なので。)まぁ厳密には違うんですが、とにかく話が遅々として進まない。

しかし、それよりも恐ろしいのは話に無駄が無いこと。気を抜いて読むと後で何がなにやらサッパリわからなくなります。ただでさえ、長いのですからここまで来ると、序盤の話なんて頭から抜けそうになるわけです。

この持つのも読むのも大変な文庫の全編を読んだら、次に待ち受けるのはまたもや総ページ数が900ページ超えの「宴の始末」です。これを僕は現在600ページくらいまで読んでて、話がようやく真相に向かいそう、というところです。

ここまで来ると途中経過とかすっ飛ばして結論だけ読みたくなる衝動と必死に戦いながら、頁を1枚ずつ繰っていかなくてはなりません。話が全然進まないんですよ。

でも、面白いです。不思議ですね。

今は、京極堂(今シリーズの探偵役?と言うと語弊があるのですが、事件を解決してくれる人です。)の解決っぷりを早く拝むために懸命に読み進めているところです。

皆さんも、京極堂シリーズどうですか?
妖怪が好きで、推理小説が嫌いじゃなくて、異様に厚い文庫でも読めるのであれば、いいと思うのですけれど。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-20 23:39 | 日記
北海道から帰ってきて、昨日、サークルの卒業生番組発表会を行った後、追いコンでたらふく酒を飲みました。

最初にこの場をどれほどのサークル員が見ているかはしりませんが、まずは一言言わせてください。

後輩・仲間たちよ。どうもすまんかった。

確かに「吐くまで呑むぞ!」とか言って、普段は苦くて呑めないビールなんかをあおってた。後、日本酒とかウイスキーの水割りとか飲んだ気もする。それが、いけなかった。

「つぶれるまで呑む」なんて、俺言ってなかったよね。本当にごめんよ。

しかし、おそらく酒を飲み始めるようになってから、もっともひどい酔い方だったと思う。

最後の方はウーロン茶を飲む→口の中に指を突っ込む→無理やり吐くの繰り返しだったからなぁ。おかげで今も胃がムカムカする。

最後の飲み会だってのに、お別れの挨拶もできずに本当に駄目な先輩でごめんよ。

結局、自宅にも帰れずに、大学近所の友達の家に泊めてもらって、今日は新宿でボーリングしたりして帰ってきたよ。

お酒はホドホドにしておきましょう。
[PR]
by surfaceR | 2006-03-20 00:36 | 日記