ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

<   2005年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

学校行ったら、軽くサークルの人間ほぼ全員と軽く挨拶できました。
どうやら、木曜1限は当たりのようです。
なんか1,2限と後輩と同じ授業取ってるしね。

こんばんは、乙です。

学校の帰りにそのまま説明会へ。
今日は地元に有るDIYの製品を卸してる企業へ。トーハンとか日販とか取次ぎ見てる内に流通にも興味が湧いてきてたんでその一環ということで。

昼飯を食いに行ったマックでなぜか近くに座った子供と遊んでから、会場へ。話は変わるけれども、やっぱり子供ってのは可愛いもんだと思う。特に幼稚園あたりの子供は「一体、何がそんなに楽しいんだい?」ってぐらいニコニコしてる。それがいい。
乙が嫌いなのは、本屋を公園かなんかと間違えて、大声出しながら全力疾走始めるガキとか週1ペースぐらいで親に5000~10000円使って本を買ってもらってるくせにさもそれが
当然のような顔をしてるガキぐらいだろうか。


話を戻しましょう。
やや不親切な説明書きでどうにか会場に到着。せめて地図を添付しておいてほしかった。あんな
微妙に奥まったところにあるとは思わなかった。っていうか意外に近かったから、次来るときは
自転車で来れるんですけど来てもいいですか?


そんなこんなで説明会スタート。
1時間半ぐらいやって、人事の人が話してたのは多分20~30分くらいかな?後はずっとビデオ。はっきり言って拷問。朝6時半に起きた人間にこの仕打ちはつらい。せめて間にインターバルを
下さい。
夢うつつで地獄の説明会が終わったら、5分程度の面談。来た順にやるということで、乙が1番手。

部屋に入って、エントリーシート(来てから書いたやつ)を渡すと、開口一番
人事:「いやぁ、どうして君みたいな人が今まで残ってるか不思議ですねぇ。」との言葉。
軽いジョークかとも思ったので、「ありがとうございます。」とそこは軽く流しておく。

しかし、その後「あなたはぜひ我が社に来て欲しいと思ってる人なんです。」という言葉など、どうにもこちらをホメ殺しにしているような言葉が。
結局、次回の選考を受ける気があるか確認された後、適当に学校の話などして、面談は終了で
帰宅。

しかし、一体、どこが人事の人の気に入ったのかがさっぱりわからないので、首をひねるばかりである。大体、この会社を知ったのは、合同説明会で説明を聞いたからだが、それだって別の姉ちゃんが説明してくれたので、一切面識はないはずなのに。「何か履歴書に特別なこと書いたっけ、それとも物流を希望する人間ってのは、珍しいから重宝がられるのかしら」などと帰りの電車の中で無駄に悩む羽目に。

次の面接+筆記試験は約1週間後。
人事の人は「次の面接相手はウチの支部長だから。」と言っていたけれど、はたしてどんな人なのやら・・・・・・
[PR]
by surfaceR | 2005-09-30 00:33 | 日記
なんか、今日夢見ました。
怖い夢・・・だったのかな。覚えている情報を総合するとホラーっぽいんですけれど。
まぁ、「他人の夢の話ほどつまらないものはない。」という話もあるので、詳しくは書きません。

こんばんは、乙です。

授業が始ったおかげで、朝、目覚ましの音で起きなくてすむことがこれほどの爽快感を生むということを久々に再認識しました。

さて、今日もバイトでしたよ。あぁ、そういや、以前の日記でシフトチェンジの件は乙の要望が通り、土曜日となりました。これで、乙は週4から週3に逆戻りです。
働かなくていいってのは嬉しいかぎりなんですが、そーすっとお金が少なくなってしまうのが悩みの種。今から半年だけ雇ってくれるバイトってのも探すの難しそうだし、やっぱり日払いバイトしかないんですかね。乙はどうも日払いのバイトと相性が悪いみたいなんですけど。

話は戻って、今日のバイトの話。
お金が無くて、レジの後ろの隅っこの方に自分が買う予定の書籍が積みあがる様は正に痛恨の
極みであります。

カレンダーのラインナップが今日届いていたので、友達と見ていました。
このカレンダーの一覧表ですが、まず7割はアイドルが締めています。次にスポーツ選手、アニメ・マンガ、一般用日めくりと続いていきます。

さて、この一覧表に並んでいるアイドルですが、これを見ると今年1年活躍したと思われるアイドルが手に取るようにわかります。
今年はメインを山田優、上戸綾、モーニング娘、石原さとみなどが陣取っていました。
モーニング娘は正直どうかと思いましたが、他は概ねあっているのではないかと思われます。(だってモー娘のメンバー、俺の知ってる人が誰一人としていないんですもの。)

それらのメンバーが中心に適度な大きさで配置されます。
後は、適当な大きさで横一列にざーっと並べられます。優香なんかがそこらへんにいるあたり、時代を感じさせますね。
それにしても、驚いたのはW(ダブルユー)の加護愛。なんかもう首から下が偉いことになってますよ!だってパっと見、まじで悪質なコラ画像かと思ったもん。顔の大きさが変わってないのに、
首から下が膨張してる感じ。
流石加護ックとか言われているだけのことはあります。

それを通過して、最後の2列なんかはもう、知らないグラビアアイドルのオンパレード。毎年思うんですよ。「誰が買うの?」って。
そこら辺に宮崎あおいがいたのにはちょっとビックリしたけれど。

しかし、こういうポスターが出てくると、もうカレンダーを買う時期、つまり来年のことを考える時期なのかなと思ってしまいます。

「来年の事を言うと鬼が笑う」と言いますが、もし本当だったら、今頃鬼は笑い死んでますな。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-29 01:04 | 日記
夏の暑さも過ぎ去り、そろそろ秋に近づいてきましたね。
気温も徐々に(というか急激に)下がってきて、皆さんもゆっくりと秋を感じているのではないでしょうか。
乙は早速、秋のブタクサによる花粉症に見舞われ、おそらく日本ではかなり早めに秋を感じ取る
ことができたのではないかと思います。
ええ、全然嬉しくありませんとも。

こんばんは、乙です。

学校行ってきたー。今日は後期初ゼミと卒論指導ということで、めんどくさくても行かなくてはなりません。
特別なことをするわけじゃないので、行くのは苦痛ではないんですけどね。今日は発表もなかったので、2つともサクサクッと終わりました。

まぁ、僕の卒論の話なんかはどうでもいいんですよ。
それより、なんか今日相談うけたですよ。
恋愛の話なんですがね。ただ、この手の話になると、乙は完全に口を挟めなくなるから、本当に聞くだけになっちまいますがね。
ただ聞いてるだけなのも悪いので、途中でたまたま通りかかった後輩を巻き込んで3人でお話。
気が付いたら1時間半経過。こういう話ってのは話してると本当にあっという間ですね。
きっと二人ともつらいのでしょう。月並みですが、頑張って欲しいです。

それにしても、その相談してきた彼も大変ですが、途中で話に巻き込んだ後輩も「最近引きこもりです。」などと言うあたり、相当なもの。
ただ、その後「家とバイトの往復です。」と言われたので「なんだ。じゃあ俺と同じじゃないか。」と思って少し安心しましたけれども。

皆、色々と大変そうです。いや、もちろん僕が余裕があるというわけではないんですけれども。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-27 23:24 | 日記
こんばんは、乙です。

とうとう終わってしまいました。
「内村プロデュース」

思えば、乙がこの番組を始めて知ったのは、大学の友達から「面白い番組がある。」と言われて
それから見始めたものでした。確か大学2年生ぐらいのころだったと思います。

ちょうど「今日のレッド」が絶好調の時期だったので、あれにハマリ、サークルでわけもなく横文字を連発してたのも今となってはいい思い出です。

「ウサギってどうして目が赤いの?それはね、寝てないから!

それにこの番組で今まではあまり認識していなかった出川哲郎という芸人のポテンシャルを見ることが出来たのも大きな成果であると言えます。
ですが、彼の場合この番組でないと、本来の力が全く発揮できないというのが大きな欠点ではありますが。

6年間続いた内Pの約3年間を見守ることができた乙ですが、今まで熱心に深夜のバラエティ番組を見ていなかった自分にその楽しさを教えてくれた番組だけに終了が非常に惜しまれます。
「ぷっすま」はまだやってるってのに!

でも、10月に今度は2時間スペシャルをやるそうなので、やっぱり適度に人気はあったということ
なんでしょうか。
できれば、しばらくお休みして、またいつか再開(もちろんゴールデンではなく、深夜枠で。)してもらいたいものです。

「父ちゃん母ちゃんロドリゲス!!
[PR]
by surfaceR | 2005-09-27 01:06 | 日記
風呂に入りながら、考え事をしていると気づかぬうちに急激に心拍数が上がっている件について。
こんばんは、乙です。

今日は8月から長々と続いた某石材店さんの最終(?)面接。最終の後に?が付くのは、今日
やったのがグループディスカッションだったため。だってグループディスカッションって言ったら、
普通の企業は2次面接ぐらいにやるやつですよ?それを最終に回してくるというところがよくわからない。まぁ、そんな面接の順序をあーだこーだ言ったってしょうがないことはわかってるんですけどね。

とりあえず、グループディスカッションスタート。メンバーは3人で時間は1時間。与えられた5つの
課題から2つ以上を選んで、議論するというもの。

乙たちは話し合いの結果、「仕事とプライベートについて」という問題と「JR西日本の脱線事故の
対応の仕方と問題点について」ということについて話し合った。

しかし、あのグループディスカッションっていうのは、個人個人の性格が出て実に面白い。今度サークルでやってみるのはいかがだろうかと、こんなところで問題提起してみる。

帰りは適当なことを話しながら帰宅。他の人の就職観というのは今更ながら、かなり学ぶところがあります。

帰ってからは、残りの『どうでしょうDVD』を観賞。ようやく全部見終わったので、感想は後日。って言ってもこのブログを見ている何人の人が「水曜どうでしょう」を知っていて、その面白さを認めてくれているかは大いに疑問。

とりあえず、TV埼玉かTVKかちばテレビが映るところに住んでる人はだまされたと思って見てみてくれよ、損はしねぇと思うよ。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-25 23:33 | 日記
何を・・・ってあれですよ。
こないだ行った清里の写真ですよ。
とりあえず、加工はしてたんだけど、ズルズルとアップせずに進んで現在に至っておりました。まぁ、たいして面白い写真ではありませんが、良ければ暇つぶしにでも見て行ってください。
c0041463_21151018.jpg

電車内から。何故か弥勒(?)像
c0041463_21594772.jpg

電車でたら涼しいっていうか寒かった。この高度じゃ無理ないか。
c0041463_21153781.jpg

駅に置いてあった、木馬。朝っぱらから○○木馬などと言い、早速失笑を買う。
c0041463_2138032.jpg

宿泊施設の近くで飼われていた牛。なかなか空気を読む牛だった。
c0041463_21431582.jpg

こちらが宿泊施設の伊予ロッジ。飯が上手くて、おじさんがイカス。最高の宿でした。
c0041463_21432613.jpg

2日目に行ったパターゴルフ場。
c0041463_21451370.jpg

パターゴルフに興じる若者たち。左の赤いのが1位取った男。キー、悔しい。
c0041463_2147581.jpg

お魚くわえたドラネコ。見たときちょっと吹いた。
c0041463_214727100.jpg

寂れた工場だったので、ちょっと怖かったが、駅前のお土産やさんにも同じ看板がかかっていたので、たぶん他の場所で普通に営業しているのでしょう。
また、看板でもう1個「マッキントッシュ」という看板があったのだが、そちらは撮ってくるのを忘れた。ちなみにホテルだった。アップルユーザーの同行者の話では「スペルが違った。」とのこと。
c0041463_21512687.jpg

坂を登ったあたりの景色だったかなぁ。とにかく広くてよかった。
c0041463_21533792.jpg

清泉寮。逆行で大変撮りにくぅございました。
c0041463_21544411.jpg

そして寮長のポール=ラッシュ博士
c0041463_21571882.jpg

楽しかったよ。ありがとう、清里。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-25 22:12 | 日記
なんか今日はバイト先で友達のTくんと「金が欲しい、金が欲しい」とずっと言ってた気がする。結論としては「バイトを増やせ」ということに。もっともな結論ですな。

こんばんは、乙です。

今日はバイト~、土曜だからすっげー暇~。

なので、ブラブラと返品する雑誌を探していた時のこと。

ある雑誌のコーナーでふと立ち止まる。長年(と言っても4年だけれども)のカンがどこか変だと
告げていたのだ。
そして、そのカンは当たっていた。
何故か「パチスロ極」という雑誌が2冊ある。ただ2冊あるだけなら問題はないのだが、その2冊、
あきらかに表紙が違う。良く見てみると、
1冊は2005年10月号。これはいい。
もう1冊は2003年9月号。
・・・・・・・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)店員さーん!店員さーん!!
あわてて店員さんの元へ走る。

本屋というのは、基本的に「本を買っているのではなく、出版社の本を置いている」というスタンスなため、しばらく置いて、「売れない」と判断した本は返品します。
しかし、雑誌なんかはそんなに長期間置いておくものでもないので、基本的に最新号が出たら返品するというカタチが一般的だと思います。
それに加え、雑誌は「返品期限」というものがついています。これを過ぎると、返品しても突っ返されることがあるので、返品というのは、本屋に取って、毎日必ず行う気の抜けない作業なのです。

さて、今回発見(っていうかむしろ発掘)されたのは、2003年9月号の雑誌。2年間発見されなかった猛者だけあって、なんか全体的にほこりっぽい。後、ページをめくる度にペリペリと年季の入った音を響かせてくれる。かなりの強者だ。何しろ最初見たときは我が目を疑って、「誰かお客さんが置いていったんじゃねーか?」などとありえない妄想まで浮かぶ始末。もちろん返品期限はぶっちぎっている。どうしたもんか。

結果としてこの雑誌は「廃棄」となった。要は「捨てちまえ」ってこと。

久々にありえないほど古い雑誌を見て、あせってしまった今日。何しろ2年間、計4回の棚卸しにも耐え抜いたのである。正にキング・オブ・ザッシの称号にふさわしい雑誌だと言えるだろう。

しっかし、本当に今までどこにあったのかが気になる雑誌である。
まさか、店長が棚移動させたときに出てきたやつ、そのまま入れたわけじゃぁねーよなぁ・・・
[PR]
by surfaceR | 2005-09-25 00:55 | 日記
ピッタリのカテゴリが見つからないため、映画の欄に。
題名で何書くか検討がついた人はほぼ100%あちら側の世界に足を突っ込んでる人です。

というわけで、『FINAL FANTASY Ⅶ ADVENT CHILDREN』のご紹介です。

前作の内容を忘れてしまった人のために前作の画像も含めた紹介ムービーがあるので、まずは
そちらを。と言っても前作をプレイしてないとわからないんじゃないかとも思います。(ってか続編
なんだから、これから入るひともいないでしょうけれど。)

紹介ムービーを観賞して、時代の流れを感じながら、本編スタート。前作FF7からは2年後の話。
黒魔法メテオを白魔法ホーリー+ライフストリームで退けて何とか平和を取り戻した世界。首都
ミッドガルが滅んでしまったため、人々はその周りに都市を作り住んでいます。しかし、最近街には「星痕症候群」という治療法が見つからない病が発生しており、町の人々は新たな不安を抱えています。
一方、クラウドは現在運び屋を開業。そんな彼に「ある人物」から連絡が入ります。

とまぁ、こんなところでしょうか。続きはDVD見てください。

感相としては、まず絵がやっぱりスゴイよね!!綺麗ですよ、もう。それに良く動きます。アクションシーンはめまぐるしく動き回るので、何やってるかわからない時とかたまにあるぐらいに動きます。もう1枚のディスクに入ってるインタビューで「実際の動きじゃないとかそういうのは完全に無視してます。」って言うだけあって、登場人物全員人間じゃないです。バイクに乗りながらバトルとか
絶対無理ですからね。

一方でお話としてはどうなのかなぁ、と思います。
やっぱり時間が短いので、どうしても端折ってる部分があると思います。新キャラのデンゼルっていう子供がいるんですが、正直僕には何でいるんだかよくわかりませんでした。
前作からの仲間もクラウド・ティファ・エアリス・ヴィンセント以外はほとんど喋らないですからねぇ。
その代わりタークスのレノとルードが大活躍ですよ!前作では「仲間にならないの?」と思った人も多いんではないでしょうか?相変わらずいい味だしてます。前編コンスタントに顔を出すので、タークスファンにはオススメですw

こんなもんですかね。「映像、演出は良かったけれど、ストーリーはそれほど絶賛するほどでもない」と「言ったところでしょうか。
あ、そういや全編通して携帯電話が出てくるんですが、全員狙い済ましたようにDoCoMoの
「P901i」
を使ってるのにはちょっと笑いました。

後、タイトルの通り、途中随所で流れる「セフィロスのテーマ」がどうしても「田代 田代」言っているように聞こえてしまうので、僕と同類の方は感動が半減されてしまう可能性があります。ご注意ください。

「ストーリーはどうこう」と言ってきましたが、見終わって、FFⅦがもう1回やりたくなったことはまぎれもない事実。当時僕は中学1、2年生。あの頃は内容が良くわからなくて、それほど面白くなかったけど、今ならきっとわかるはず。

今、FFⅦのリメイクがPS2で出たら、絶対買っちゃうだろうなぁ
[PR]
by surfaceR | 2005-09-24 15:04 | 映画の話
例えば、Mixiにどういう経路からかは知らないけれど、見に来てくれていた人がいて、足跡からその人のMixiに跳んでみたら、どうもそこの友達欄に明らかに自分が見知っている人物の写真があって、もしやと思ってクリックしてみたら、マジで知り合いだった。
そんな世界ってせまいなぁと感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんばんは、乙です。

今日はこないだの逆求人で「説明会よかったら来て下さい。」とお誘いを受けた某住宅会社。希望している業界とは大きく外れるものの、業務内容に興味があったため、説明会に行くことに。

12時半から説明会という話だったので途中迷いはしたものの12時10分頃に到着。受付の人に話をすると、目の前のおっさんと学生が1対1で話している机に案内される。どうやらこれが会社説明会であるとのこと。

戸惑いながら、席に着くと早速「何か質問は?」と聞かれる。昨日の今日で何も用意していなかったので、「いや、特にないです。」と言ったら、「じゃあ10分ぐらいあげるから、その間に何か
考えておいて。
」と言って、いきなりどこかに消える。

しょうがないので、隣の学生さんと質問を考えるも、全く興味のなかった業界だったので、勉強しているわけもなく、適当にいくつか質問をした段階で流れが一気に冷え込む。

結局、1時ぐらいに説明会(?)終了。向こうもこちらに対して「?」と言った具合だったろうが、こちらも「?」と言った具合だったので、お互い様だろう。
その後、説明会にありがちな記入シートを渡されたので、次回の選考は受けないという旨を記入して帰ってきた。
やはり、事前の企業研究というのは大事である。

そうそう、帰りに駅前でこんなんもらった。
c0041463_046147.jpg

電車上部に書いてあるようにくるりの『赤い電車』の販促グッズだった模様。
なんでも、この赤い電車ってのは京急線をモデルにしているんだとか。ちなみに中には飴が入ってました。

帰りがけ、駅のエスカレーター歩いてたらすっ転んだ。手のひらをすりむいただけかと思ったら、今頃になって、もものあたりが痛い。特にチャリンコこいでると痛い。

今日のバイトはTOTO最終日+祝日なので客多い+祝日なのでその分の配本が明日に集中するため、返本がやたらと多いと三重苦で非常につらかったです。だからだるいです。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-24 00:56 | 日記
久々に朝、6時半に起きるとやっぱり眠いですね。
最近寒くなってきたし、お布団のぬくもりが恋しい季節がやってきました。

こんばんは、乙です。

昨日から学校始まったんですが、4年生の乙は授業が少ないため、今日から登校。つーか明日休日なんだから今日も休みにしろよ、とか思ったのは僕だけでしょうか?G.Wは1週間休みにするくせにこういうところは気がきいてません。まぁ、あんまり休みにすると、文科省とか授業料を払っている方々とか真面目に勉強しに来てる人から文句が出るでしょうけれど。

ま、話を戻しましょう。
今週一杯は授業もガイダンスなので、基本的に1時間授業。だけど1時間だろうが、30分だろうが眠くなるモンは眠くなるわけで、むしろ朝一の授業なんか眠るためにあるようなものなわけで。でも、今日の1限の授業はゼミの教授なわけで。そこらへんがつらいところですな。
こんなことなら、「少しだけ・・・」とか思って『どうでしょうDVD』を見なければよかった。気がついたら3時だったしなぁ。

睡魔に完全敗北してグッスリと闘いながら、1限終了。続いて2限も軽く終了。ガイダンスちょろい。

そのまま帰っても良かったけれど、久々にバイト先以外の友達と会いたかったので、サークル室へ。ちょうど昼休みの時間だったので、皆いた。
適当に話ししたり、スパロボやったり(今、ゲームボーイが流行ってるのかそうでないのかはわからないが、とにかく皆やってた。)して、2時半近くまでまったりすごして帰宅。
やはりあのサークル室という空間は人を縛り付けておく「何か」がある。あれだ、地球の重力みたいなもんだ。その内アクシズ落とされっぞ。

家に帰ってまたDVD。見てる間にウトウトして気がつけば、5時くらいだったはずが8時に。こんなところで帳尻合わせてもらわなくてもいい。昼寝と言うのは1時間くらいがベストなのだ。それを3時間とは何事だ。損した気分になっちゃうだろうが。

週3だから別に学校始まってもあんまり変わらないだろうと思ってたけど、この調子だと以外と影響あるかも。1日3時間睡眠で動ける身体が欲しいです。
[PR]
by surfaceR | 2005-09-22 22:39 | 日記