ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

福島日帰り旅行~「じゅすい」じゃないよ「いりみず」だよ

c0041463_2237165.jpg

みんな!熱くなってるかい!?

こんばんは、乙です。

とゆーわけで、今週の月曜日は高校時代からの友人と共に福島に行ってきました。
目的は友人1名からの提案「入水鍾乳洞に行きたい。」というもの。
メールで上記の名前を見た瞬間、他の全員が「じゅすい鍾乳洞?自殺でもすんのけ。」とか思いましたが、読み方は「いりみず鍾乳洞」です。

何でも、この「いりみず鍾乳洞」というところはその名の示すとおり、水の中を歩く鍾乳洞だそうで、友人からのメールには必要なものとして「着替え(下着も含む)、帽子、ライト、手袋」と装備一式をご所望。

2日の21時に地元を出発して、3日の深夜には福島に到着。朝の10時から開くということで最寄のSAに駐車し車の中で眠る。

3日の朝。早めに起きてしまったので、7時くらいに出発。
友人の話では朝10時からの営業という事だったのだが、行って見ると朝8時半からの営業だったので、早速行動を開始。

入り水鍾乳洞の前にあぶくま洞という鍾乳洞が近くにあるらしいので、まずはそこで鍾乳洞慣れをしておくことに。
c0041463_2256533.jpg

値段、高い。
c0041463_2257273.jpg

中は至って普通。
c0041463_22582694.jpg

探検コースは+200円。だが、この後の入り水には及ぶべくもない。あくまで散策のレベル。
c0041463_230141.jpg

下に何かあったんだっけ?

ある程度、楽しんだ後。いよいよお待ちかねの
c0041463_2325894.jpg

入水鍾乳洞へ。
c0041463_2343758.jpg

お疲れ様でした。いやぁ、疲れました。

……え?これじゃ中の様子とかが全然わからないだろうって?
残念ですが、中の様子は写真に撮ってません。僕のカメラ防水じゃないんで。
ここから先は実際に行って、皆様の目と体と心で体験してみてください。
先達としてアドバイスさせていただくことは、
①着替えはマジで必要。もちろん下着も。後、帽子も。靴はサンダルがレンタルできるけど、できるなら濡れてもいい靴を履いていくべき。
②蝋燭が買えるけど、メンバーの中で1人はライトを持っているといい。やっぱり明るさが違うから。
夏に行くべき。冬は行くな。
④1人で行くな。心が挫ける。
くらいでしょうか。
後、水に初めて足を入れたときはあまりの冷たさに足がちぎれるかと思うでしょうが、進んでいく内につれて感覚が麻痺してきますので、ご安心を。

それでは、上記のアドバイスを参考にして皆さんもレッツ入水!
[PR]
by surfaceR | 2007-12-06 23:10 | 日記