ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

魚は僕らを 待っている

c0041463_2052172.jpg

沖縄って長寿県じゃなくなってたんですか?

こんばんは、乙です。

帰ってきましたよ、沖縄から!埼玉は涼しくて素晴らしいですね!
というわけで、早速沖縄レポレポ。

16日。
20時の便で東京から沖縄へ。
11時に沖縄着。まず感じるのはとにかく暑さ。後、湿度がおかしいぐらい高い。
どのくらい高いかというと、レンタカーに乗って降りるとメガネが曇るぐらい高い。
翌日6時起きというスケジュールだったのだが、飯を食ってないということでホテルに到着し、国際通りというところをうろついて飲み屋で夕食をとる。
その後、シャワーを浴びて寝る。

17日。
生憎の曇りだったが、当初の予定通りカヤックとシュノーケリングを行うため、恩納村(おんなむら)という場所まで移動。
嵐のような雨が降ったり止んだりしている状況でシュノーケリング敢行。カヤックは雷に打たれて死ぬ恐れがあるため、一旦様子見に。
c0041463_2013411.jpg

シュノーケリングの様子はお店側が用意してくれた防水のカメラで取ったため、現時点ではお見せできないのが残念。青の洞窟とかマジ綺麗だったよ。

お次はカヤック。
やる前までは雨がザンザカ降りだっに、やり始めてから急に小ぶりになって最後にはスッカリ止んでしまった。これも神の奇跡のなせる技か。
こちらも防水カメラで取ったため、写真は無し。すんごい楽しかったよ。軽いカヌーだと思ってくれればOK。

その後、この日のメインイベント。美ら海水族館へ移動。
ただ、ここだけの話。
実は僕は魚が大の苦手なのである。とにかく、魚が怖い。どのくらい怖いかというとホームセンターでズラリと並んだ水槽が正視できないくらい怖い。当然、水族館なんて小学生くらいから行った記憶がない。

しかし、びびっていても始まらない。
これは夏の妖精がくれた苦手克服のチャンスだと思って。レッツトライ!

心を落ち着けて深呼吸をして、入場。
まずは、入り口近くの海草のオブジェでびびる
もうこれは本能的なものなのでしょうがない。
江原さんに見てもらえば絶対、自分の前世は海で溺れて魚に啄ばまれて死んだ人だと言われるに違いない。
c0041463_20201797.jpg

その後も、水槽からは常に一定の距離を保ちつつ進軍。
c0041463_20205371.jpg

確かに綺麗だよ、うん。
c0041463_20244428.jpg

ドーム型の水槽なんてぇのはそりゃぁもうバカでっけぇサメやらマンタやらが縦横無尽に泳いでるわけですわ。
c0041463_20324546.jpg

いやぁ、(一定距離さえ保てば)こいつらも中々可愛いもんじゃないですか。水槽が変わるたんびにこっちは、寿命が5年分くらい縮まって、動機は早くなって、涼しいはずの館内で脂汗かいて、足はいつでもダッシュできるように力が思いっきり入りますけどね!
おまけにこんなやせ我慢も後半に待ち受けていた深海のコーナーで見事に終了。
その後は帽子で前方を隠して、メガネを取って出口まで行きましたとさ。
僕は駄目でしたが、一緒に行った友人2名は見入っていたので、ノーマルな方には一見の価値ありなんだと思いますよ、ええ。

水族館に行った後はホテルに戻って、沖縄そばを食べた後、大浴場に入ってゆっくりしてから就寝。

結論
水族館はまだ早い。(深海魚どもがいなければ何とかOK)

BGM 柴矢裕美/おさかな天国
[PR]
by surfaceR | 2007-07-19 20:41 | 日記