ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

末永く、よろしく

いつか、そんな日がきたら、存外アッサリとしてるんじゃないかと思う。

こんばんは、乙です。

今日は午前中、フラリと出かけて午後は後輩の最後のバイト姿(と言っても、木曜までいるらしいけど)を見るために、また本屋へ。
全く、我ながら本当に暇な人間だ。

後輩に就職祝いとして、判子付きボールペンを渡し、その後、同じく最後のバイト姿を見に来ていた、もとバイトの人間と小一時間新刊と文庫の棚を冷やかして、伊坂幸太郎の『オーデュボンの祈り』を買わせることに成功する。是非とも伊坂ワールドにハマっていただきたい。

彼とは、同じ大学で違う学部でなおかつ同じ文学系という間柄にも関わらず、それほど文学のことについて話さなかったため、今日の話は非常に新鮮だった。

とは言っても、会話の大半は彼が「コレ読んだわ。」というのに対し、僕が「面白かった?」と聞くだけだったけれども。一般書も読めや、俺。

1時に着いて、帰ったのは結局、4時。楽しかった。

えーと、それからアレだ、コレだ。
c0041463_21214785.jpg

ACIDMANの新譜『green chord』
いつもは、買ったその日に聞き流ししただけで「う~ん、イマイチ」って書いた後に、後悔することが多かったので、今回はじっくり聞きとおしたよ!

感想としては「確かにACIDMANだけど、自分の聞きたいACIDMANとは違う。」確かにサウンドも申し分ない、歌詞も相変わらず哲学的。
だけど、僕が聞きたかったのは例えば「world Symphony」例えば「アレグロ」例えば「Isotope」そんな曲だったのですよ。
例えるなら、顔面を思いっきり平手打ちされて、その衝撃ですぐ横の壁に顔面から突っ込んで、そのまま抜けなくなるようなそんな曲が聞きたかった。

次回アルバムに更なる期待を寄せたいと思います。
そんな『green chord』の中で、一番のお気に入り曲はインストの曲だったりします。
[PR]
by surfaceR | 2007-02-11 21:34 | 日記