ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

困った時の迷惑メール

ここ最近、確実に人に優しくなくなってる気がする。
多分、精神的にちびっとずつ余裕がなくなってきてるんだろうなぁ。
ああ、嫌だ嫌だ。

こんばんは、乙です。

10時間近く、エクセルと睨めっこしてると、流石に気が滅入ってきますね。

そんな時は、コ・レ。迷惑メール!

送られてくる9割のメールは何の益体もない屑ですが、まれに面白いものが
混じっているのであなどれません。

多分、この後見せるメールはかなり有名なので知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、これ以外に書く事も特に無いのでご勘弁を。

タイトルは「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました」

いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
私の性欲を満たして欲しいのです。

お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。


まず何をおいてもタイトルがすごいよね!
この客の目を引きつけるタイトルのセンス!ぜひとも、広告会社の人は見習って欲しいものです。

そして、本文の前半。突っ込みどころが満載ですね。
「オオアリクイが人を襲うのか?」
「オオアリクイにどうやって殺されたのか?」
「シンガポールにオオアリクイはいるのか?」
「シンガポールで出来る危険な出稼ぎとは何なのか?」

とりあえず、Wikiで調べたところ、オオアリクイの生息地は中南米らしいので、シンガポールで出会うのはちょっと難しそうです。

文章の後半は例によって、出会い系へのお誘いになってるので、全く見る必要なし。
ただ「お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと考えています。」という文章がそのお誘いのことを詳しく話してくれるのか、オオアリクイに殺された主人の話をもっと詳しく話してくれるのかどっちなのかよくわかりません。
オオアリクイの方だったら、是非返事をしたいところなんですけどねぇ。

ただ、このメールもきたのが、7月24日となってますので、多分今更返信してもどうにもならないでしょう。

本当にたまにこういうメールが来るから、全部ゴミ箱直行ってのができないんですよねぇ。いやぁ困った困った。
[PR]
by surfaceR | 2006-09-06 23:59 | 日記