ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

チャイニーズ ランチ パニック

隣で一緒に仕事してる人が「俺はもうギブアップ寸前だよ。」「頼りになるのは、乙くんだけだよ。」とか言ってた。

ちょっとヤバイかなぁと思った。正に、猫の手も借りたいと言った心境なのだろう。

こんばんは、乙です。

さて、ここからの話は昨日のことなんですが面白かったのでちょっと書いておきます。
今日は、特に何もなかったし。

それは昨日のお昼。近場の中華料理屋に入ったときのこと。

適当な席に座って、水を出されるも何故か一人分、氷しか入ってないコップが置かれる。
置かれたのは、同期の席だったのだけれど、見た瞬間、フイタ。初っ端から中々のジャブだ。

チャーハンと小籠包のセットを3人前とを頼み、待つ。

途中「イマ、タマゴヲヤッテルカラ」と意味のわからないことを言われたり(チャーハンに特殊な卵の使用法があったかと一瞬考えてしまった。)「チャーシュート小籠包3ツ?」と聞かれ、素で「チャーハンと小籠包」と返してしまったりと色々あったが、どうにか料理がまずは1人前到着。

しかし、膳にあるのは、レンゲだけで箸が無い。

チャーハンはレンゲで食える。まぁ、小籠包とてレンゲで食えないことはないだろう。しかし、セットで付いてきたサラダ。これは、レンゲではいただけない。

なので、2人目の料理が運ばれてきた時に箸を3人前頼む。
しばらくして、テーブルに投げ込まれる箸。「投げ込まれる」は言い過ぎかもしれない。放られるという表現の方が適切か。とにかく、客への渡し方としては著しく不適切だったことは間違いない。

ようやく、3人分の料理が出揃った。
そして、3人目の膳には当たり前のように置かれている箸。
このテーブルには4人目がいる!!

・・・・・・チャーハンは普通に美味しかった。でも、量が少なすぎ。

うん、多分、もう2度と行かないね。
[PR]
by surfaceR | 2006-08-30 21:26 | 日記