ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

夜は○○ 思いっきり生電話

本日は会社で個人課題がスタートしましたので、それについて書こうと思いましたが、突然ネタが舞い込んできましたため、急遽内容を変更してお送りします。

こんばんは、乙です。

本当に今さっきのことなんですけど、時刻は21時4分。僕の携帯に着信が。
電話番号を見てみると、東京03ナンバー。会社の番号は登録してあるので、どう考えても心当たり無し。

何回も鳴らしてるし、家電からだから多分間違い電話だろうと思って電話を
取ると耳慣れない言語が。

「Hi!%&’#”%$#&$W&remenber me?$”&$&’””’””」

え、英語かよっ!!

最初の俺の対応は正直、なってなかった。いきなりだったから、「はぁ?」とか言っちゃったし。

そしたら、よく聞こえなかったと勘違いしたのか再び、
「&’#”%$#&$?W&$”&$&’””’”%”」と英語攻勢をかけてくる
外国人の男。

そのうち、話す言葉に「アソコ ○○○○」という名前らしき単語が聞こえたので、「この人にかけたつもりになってんだな、この男は。」と思い、「アー、チガイマス。」と片言で対応。(これは日本人なら仕方のないことだと思う。皆だっていきなり英語で話しかけられたら、とりあえず片言で対応しようとするだろう?誰だってそーなる、俺だってそーなる。)

すると今度は「アー、アソコ○○○○サン?大学デアッタ、チガウ?」と言うので、今度は片言にならずに「違いますねー。」と軽い感じで対応。

そしたら、今度は電話番号の確認をしてきた。言われた番号は間違いなく
俺の携帯の電話番号。おそらく○○○○さんが間違った番号をこの外国人に教えたんだろう。

その後も、この男は「アソコ○○○○サン?電話番号090-××××・・・」と2,3回繰り返した後、完全に間違いだと気づいたらしく「オー、ホントニホントニゴメンナサーイ」と平謝り。

こちらとしては、外国人の間違い電話という貴重なネタがいただけたために
怒る理由などあるはずも無く、最後は「OK,OK,バーイ」などとふざけ半分で通話を終えた。

家族に話したところ、母親などは「うるさい外国人だったから、適当な電話番号を教えたんだ。」などと言ってたが、果たして真実はどうなのか。

次に大学でこの外国人とアツコさん(僕にはアソコと聞こえたんだけどなぁ)が出会ったときに気まずい思いをしなければいいんだけれど。
[PR]
by surfaceR | 2006-05-17 22:10 | 日記