ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

久々に爆笑した

うちのPCのモニターがまたぶっ壊れました。
今は別のモニターを代替要員として使用していますが、やっぱり見にくいよう。

こんばんは、乙です。

今日は亡くなった友達に就職できたよ、ということを報告してきました。

んで、時間が中途半端だったので池袋行ってボーリングしました。
ボーリング場で大学の後輩に会って、とてもビックリしました。

夜は家族で鎮鍋祭(詳しくは聞くな)をやりました。今シーズン最後の鳥鍋は美味しかったです。

えー、ここで話は突然変わりますが、皆さん、今日の「世にも奇妙な物語」は見ましたか?

今回はいつもとは少し違い、5作の短編の他に10作ほど超短編の作品が出ていました。小説の分量に直すと1P分ぐらいのヤツでしょうか。ショート・ショートってやつです。

今回はその超短編が秀逸でかなり爆笑させてもらいました。
簡単に感想なんぞを。

「リプレイ」・・・死んじゃった彼女がビデオカメラの中だけで生きている話。ホラー。
池脇千鶴が怖かった。後、何かビデオを通した声がちょっとだけ高山みなみの声に聞こえた。

「命火」・・・人の命が輝きとして見える女の人の話。感動系。別に面白くも無し。

「雨の訪問者」・・・ホラー重視の感動系でしょうか。ストーリーを説明するのがめんどうなので割愛。ホラーのとこは面白かった。

「奥さん屋さん」・・・奥さんに先立たれた男が偶然立ち寄った奥さん屋で、妻にそっくりな人形を見つける。人形はそのまま動き出して、生きていた妻のように振舞い始める。
これも、感動系。普通に見てたら、ウチの女性陣からラストにブーイングの嵐。女性には不評な話なのか?とりあえず、男は妻を大事にしろってこと。

「イマキヨさん」・・・今5作の中で一番のアタリ。都市伝説系の話。オチは読めるけれども、イマキヨさんに扮している酒井敏也(わかんない人はググってくれ)さんの演技が素晴らしすぎた。

後は10編の超短編ですが、あんまりにも短すぎるのでタイトルだけ。
「山田祭り」「トイレっと」「痛覚」「占い」「彼もまた」「リモコン」「サイコキネシス」「オセロ」「横断歩道」「赤い糸」
どれも笑わせてもらいました。「痛覚」と「サイコキネシス」はそういうネタじゃなかったけど。

「オセロ」はどっかで見たことあるな、と思ったらBBジョーカーであったネタだったらしい。パクっていいのか。

今回の話の中ではとにかく「イマキヨさん」がダントツで面白かった。すでにAAも作られてるようなので、見てない人は今すぐビデオ録画してる人にかりて見るんだ!

ちなみに僕は録画してないぜ!
[PR]
by surfaceR | 2006-03-29 01:10 | 日記