ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

ガンダム展に行ってきましたよ!!

タイトルの通り、年の瀬の最中にガンダム展に行ってまいりました。

こんばんは、乙です。

学校で益体もない授業を受けた後、上野の山城屋でバイト先の店員さんと待ち合わせて、上野の森美術館へ。

しばらく行くと見えてきましたよ、看板が。
c0041463_0213764.jpg

バーン!! と。

まぁ、門の前の装飾は最低限に抑えられていて、非常にシンプルでこの看板以外には
何も無いんですが。

お金を払って入場。大学生は1000円。事前に見せると割引になる画像みたいなのが
あったので、それを見せて900円。
さらに、作品の解説を古谷さんと池田さんと美術館のキュレーターさんが解説してくれるという機械のレンタルで500円。ここまでで1400円。

んで、後は音声を聞きながら美術品の観賞。
音声は期待してたほど面白くはなかったかな。池田さんちょっとしか出てこなくて、後は
古谷さんとキュレーターさんの掛け合い。
ぶっちゃけ作品解説とかいらないから、「どうでしょう」の副音声張りに古谷さんと池田
さんのダベリ
とかでも、構わなかったんですけどね。

1階と2階に展示品があるんですが、やはり1階の目玉は何と言っても「1/1コアファイター」でしょう。
これは、ぜひガンダムファンは見ておいて欲しい。とにかくでかい。なんか「奈良の大仏様は思ったより大きかったです。」みたいな?しかもコクピットも完全再現。
欲を言えば、今回展示されているのは1/1と言っても半分だけ(縦になっていて、半分は無い)ので、全体を見せて欲しかったけれど、かなり満足。

そして、2階へ。
2階では土・日に限り、フラナガン研究所のニュータイプ適正検査をやらせてもらえます。
もちろん、乙と店員さんはこれをやるために土曜日を選んだわけなんですが。
ただし、検査には1次検査と2次検査があり1次をパスしないと2次に進めなくて、しかも
2次に進めるのは時間帯ごとに決められていて、全て決まった時点で1次検査もできないと何ともハードルが高い(乙たちが行ったときは残り8組と言っていたので多分20組ぐらいなんでしょうかね。どのくらいの人ができるのかは多分HPにいけば載っていると思います。)

1次検査はESPカード当てという超能力のゲームみたいなもので、5枚のカードの中から☆マークのついたカードを2回連続で当てればいいという単純なもの。

とりあえず、残り8組ということですでにヒヤヒヤものだったのに、乙たちのすぐ手前で立て続けに合格者が出て、残り前にまだ7人もいる時点で残り1組に。
気分は正にドムをガンダムに撃墜されまくるコンスコン。

ここまで来ると、自分が通るより、とりあえず1次審査をやってみたいので、前の人間に落ちろと念じる醜い自分がいることを発見できます。

結果として、僕の願いが通じたのかはたまた店員さんのフォースが通じたのか無事、
乙まで順番が回ってきました。

それでは、最初はこのカード・・・お、通った。

じゃあ、次はこのカード・・・あ、通った。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
最後の1組ゲットォォォォォ!!!!

2次検査はペアになってやるらしいので、店員さんも参加できてホクホクです。

時間がしばらくかかるらしいので、残りの展示品を見たり、お土産を買ったりして、時間が経つのを待ちます。

ようやく時間が来たので、2次検査開始です。
2人1組のこの検査の内容は簡単に言えば「目隠し障害物避け」です。

まず、受信側(これを僕がやりました)という方が首に電極を張って、目隠しのゴーグルをします。これで、視界は完全に遮られた状態になります。
この状態で、天井から発泡スチロールの球がぶら下がっている道を球に当たらないように歩くというものです。

このままだとただのスイカ割りになってしまうので、ここで送信側というポジションが必要になってきます。(これを店員さんにやってもらいました。)
こちらは何でも、目の前にパネルがありまして、そこに僕が本来、目隠しせずに見ているはずの映像が映るらしいんですね。
んで、僕が歩いていって、障害物にぶつかりそうになったら、そのパネルを左右に動かすことで僕に「目の前に障害物があるから右によけろ。」とかそういう事をニュータイプっぽく感覚で教えてくれるということらしいです。

さっきから、「らしい」が続いてるんですが、それというのも実際やってみて、僕がそういう感覚みたいなものを全く感じられなかったからなんですけどね。

でも、やった結果は障害物には一度もぶつからずに渡りきれた、ということで係りのお姉さんに「お二人ともニュータイプの素質有ですね。」とお墨付きを頂きました。
実際にやったところを映像で見せてもらえるんですが、僕はまっすぐ歩いたつもりなんですが、障害物の寸前で左に曲がって見事に回避していました。
何でも、大体3分の2ぐらいの人は歩いている途中で壁にぶつかりそうになったりして、
止められてしまうらしく、さらに障害物に当たらない人は中々いないそうなので、僕らの
ニュータイプ能力はかなり高いということらしいです。


とりあえず、証拠品としてこちらをアップ。
c0041463_1365034.jpg

42秒で渡って障害物には1回も当たらなかったということで何も書いてないです。

最後は外に展示してある富野御大の作品を写真に撮りまくって帰って来ました。

とりあえず、フラナガン機関でかなり遊べたので、1400円はかなり安かったかなと思います。
c0041463_1425252.jpg

あ、それからこれからマイフレンドのオールドタイプたちは僕のことを「ニュータイプ様」と呼ぶように。
[PR]
by surfaceR | 2005-12-18 01:44 | 日記