ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

若さで乗り切れるのも今年ぐらいだね

なんだよ!昨日のいいとも、テレフォンショッキング小沢真珠だったのぉ!?
あー、もう見たかったわー。今日くりぃむの上田ー?あー、もう、すごいどうでもいいよ。明日Take2の東?もう、世界一どうでもいいよ、ホント。

こんばんわ、乙です。

今日はバイト先でお客さんに怒られたので、凹みました。

本屋の業務の一つに「取り置き」があります。読んで字のごとく、お客さんから注文を受けた品を
取り置いておくというシステムです。
んで、本が入荷したら、すぐに電話をかけてお客さんに取りにきてもらうんですが、中にはなかなか取りに来ないお客さんもいて、そういう人には2度目の再確認の電話を入れます。

今日、怒られたのは、この2回目の電話をかけたお客さんからでした。

大体、僕はこの再電話は好きではないんです。
というのも、昔、あるお客さんに再電話をしたところ「在庫が無いと言われたので、他の店で買ったんですけど。」と半ギレのような感じで言われて、「ひ~、すいません。」と謝った苦いトラウマがあるからです。

自分の責任でないことで怒られて謝るというのは、精神的にかなりクルものがあります。

んで、今日の話に戻ります。
1ヶ月近く文庫本を1冊、取りに来ていなかったお客さんのところに電話したんです。
んで、注文された品をまだ取りに来てもらってなんですがー、という話をしたところ、注文したのは、1冊じゃなくて、2冊だと言い始めました。
確かに貼り付けてある注文書には1巻・2巻と書いてあるのですが、2巻の方に「未刊」と書いてあったので、「まだ出てないみたいなんですけど。」と言うと「新聞に書いてあったんだから、そんなわけないだろう。」と言われたので、調べてみると

「オイオイ、本当にあんじゃん・・・去年の5月に出てるじゃん・・・」

さぁ、ここからステキなお説教タイムの始まりですよ。
とりあえず、「謝ればいいってもんじゃないだろう。」「あんたんとこでは、2度と注文しない。」など
言われ放題言われて、電話を切られました。すでに店にある文庫は取りに来るようです。

電話が終わった後は、K-1でぼろ負けした曙のような状態になっていましたよ、私。

とりあえず、終わったことはしょうがないので、この注文を誰が取ったかを確認。

・・・・・・・・・・・・ヤツ(店長)かぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

その後、店長に先ほどの会話内容を伝えて「なぜ、未刊という結論に至ったのか。」を聞いたところ「出版者の人間にそう言われた。」と言われて、もうこの怒りをどこにぶつけていいやら。

仕方ないので、皆さんにグチを聞いてもらう気持ちで今日はこの日記を書かせてもらいました。
正直、あんまりグチは言いたくないんですけどね。非生産的だし。(じゃあ、一昨日の日記は何かって?あれはー、ホラ、半分笑い話?みたいな?)

しかも、そのお客さん電話で金曜日に」来るって言ってたんですよねー。
金曜日、俺バイトだよー。かち合ったら、また説教されるわ絶対。
バイト行きたくねー。ウボァー。
[PR]
by surfaceR | 2005-10-27 02:59 | 日記