ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

桜の季節過ぎたら 遠くの町に行くのかい

学校行ったら、軽くサークルの人間ほぼ全員と軽く挨拶できました。
どうやら、木曜1限は当たりのようです。
なんか1,2限と後輩と同じ授業取ってるしね。

こんばんは、乙です。

学校の帰りにそのまま説明会へ。
今日は地元に有るDIYの製品を卸してる企業へ。トーハンとか日販とか取次ぎ見てる内に流通にも興味が湧いてきてたんでその一環ということで。

昼飯を食いに行ったマックでなぜか近くに座った子供と遊んでから、会場へ。話は変わるけれども、やっぱり子供ってのは可愛いもんだと思う。特に幼稚園あたりの子供は「一体、何がそんなに楽しいんだい?」ってぐらいニコニコしてる。それがいい。
乙が嫌いなのは、本屋を公園かなんかと間違えて、大声出しながら全力疾走始めるガキとか週1ペースぐらいで親に5000~10000円使って本を買ってもらってるくせにさもそれが
当然のような顔をしてるガキぐらいだろうか。


話を戻しましょう。
やや不親切な説明書きでどうにか会場に到着。せめて地図を添付しておいてほしかった。あんな
微妙に奥まったところにあるとは思わなかった。っていうか意外に近かったから、次来るときは
自転車で来れるんですけど来てもいいですか?


そんなこんなで説明会スタート。
1時間半ぐらいやって、人事の人が話してたのは多分20~30分くらいかな?後はずっとビデオ。はっきり言って拷問。朝6時半に起きた人間にこの仕打ちはつらい。せめて間にインターバルを
下さい。
夢うつつで地獄の説明会が終わったら、5分程度の面談。来た順にやるということで、乙が1番手。

部屋に入って、エントリーシート(来てから書いたやつ)を渡すと、開口一番
人事:「いやぁ、どうして君みたいな人が今まで残ってるか不思議ですねぇ。」との言葉。
軽いジョークかとも思ったので、「ありがとうございます。」とそこは軽く流しておく。

しかし、その後「あなたはぜひ我が社に来て欲しいと思ってる人なんです。」という言葉など、どうにもこちらをホメ殺しにしているような言葉が。
結局、次回の選考を受ける気があるか確認された後、適当に学校の話などして、面談は終了で
帰宅。

しかし、一体、どこが人事の人の気に入ったのかがさっぱりわからないので、首をひねるばかりである。大体、この会社を知ったのは、合同説明会で説明を聞いたからだが、それだって別の姉ちゃんが説明してくれたので、一切面識はないはずなのに。「何か履歴書に特別なこと書いたっけ、それとも物流を希望する人間ってのは、珍しいから重宝がられるのかしら」などと帰りの電車の中で無駄に悩む羽目に。

次の面接+筆記試験は約1週間後。
人事の人は「次の面接相手はウチの支部長だから。」と言っていたけれど、はたしてどんな人なのやら・・・・・・
[PR]
by surfaceR | 2005-09-30 00:33 | 日記