ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

笑ってはいけなくない本

こんばんは、乙です。

もう11月も半ばになっちゃったけど、10月に読んだ本をザッとおさらい。

三島浩司著『ダイナミックフィギュア』
東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』
筒井康隆著『夜を走る』
筒井康隆著『出世の首』

ん、意外と読んでない。
ただ、これはあれだよ。『ダイナミックフィギュア』が新書サイズで分厚くて上下巻だったからだと思うんだ、うん。

こん中だと『ダイナミックフィギュア』も面白かったけど、やっぱり『夜を走る』かなー。つか、この本は短篇集でその中に収録されている「経理課長の放送」が電車の中では絶対に読めないほど面白かったので、借り直して再読したわけなんだけど、今回も笑った笑った。

ラジオ放送局がストに突入して放送するスタッフが皆いなくなっちゃったから経理課長がラジオDJやって他の課長やら部長さんやらが音楽流したりするって話で、まぁ当然上手くいくわけ無くてグダグダになっていくんだけどそのグダり具合が向こうは必死でやってるのにグダっちゃうところがすごく面白いと僕は思うんですけど、どうなんでしょうね。ちょっと他の人にも読んでもらって爆笑するかしないか判定してもらいたいところなんですけど。

この本だけじゃなくて「経理課長の放送」は他の短篇集にも収録されていたりするので、もし図書館が筒井康隆先生の短編を見かけたら手にとって中を見て確認してそのまま貸出カウンターに持っていただけたらなぁと。
もしくはもう書店でお買い求めいただいてもいいかなぁと。
[PR]
by surfaceR | 2011-11-19 22:31 | 読書