ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

猫かと思ってよく見りゃパン しかも一斤 一斤

そうだ!喜びに見えるものは悲しみで 愛に見えるものは実は憎しみなのかもしれない
しかしこの地球は闇ではない 逆に言えば私たちが孤独や苦しみと認識しているものは
実は暖かな暖かな午後の日差しであるのかもしれないのだ!
猫かと思ってよく見りゃパン しかし!一斤!まだ!まだ一斤もあるじゃないかぁぁぁぁぁぁ!!

                              特撮 「ケテルピー」

特撮ってのがバンドの名前なんです。ケテルピーじゃありません。知ってる人は知っている、元(だと思う)筋肉少女帯の大槻ケンヂのバンドです。久々に聞いてみたら、痺れたーってことで。
こんばんは、乙です。

乙は筋肉少女帯と比べると特撮は「随分と聞きやすくなったなー。」という印象を受けます。とりあえずこれが聞けなかったら、筋少は聞けないでしょう。筋少のことは、「日本印度化計画」と「高木ブー伝説」を歌っていたバンドくらいの認識でいいと思います。

今更ですが、筋少を聞く場合はまずベストアルバムから聞いて頭を十分に慣らしておく必要があります。ベストは「筋少の大車輪」というのと「筋少の大水銀」というのがあるらしいです。
乙は「大車輪」しか聞いていませんので、「大水銀」の方はなんともわかりません。とりあえず「大車輪」です。
一曲目の「大釈迦」が聞ければ、OKだと思います。あ、途中に「いくじなし」があったか。これでつまずいちゃうかも。

迂闊に「レティクル座妄想」など、他のアルバムなんかから聞いてしまうと、とんでもないことになります。脳が破壊されます。鬱になります。やめましょう。

・・・・・・なぜ突然筋少の話なんかし始めたかっていうと、まぁ、ネタがなかったってだけの話なんですが。

題名と上の歌詞(っていうかこれはラストの大槻ケンヂの語りですが)を読んで、興味が出た人はぜひ特撮のベストアルバム「初めての特撮」を手にとってみてはいかがでしょうか。
[PR]
by surfaceR | 2005-04-21 00:22 | 日記