ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

時と場合をわきまえて

最近、ある特定のジャンルに偏ったカラオケにしか行ってないので、普通のカラオケしたい。

こんばんは、乙です。

先日、打鍵ルーム(データを入力するためだけの機械がある部屋)でひたすらデータ入力をしていた時の話。

近くにあった電話が鳴る。周りを見回すとその電話に一番近いのは自分。この時点で本来の打鍵制限時間(データを入力出来る時間はスケジュールで決められています。)を超過しているため、すごくあせっていたのだけれど、取らないわけにはいかないので出てみる。

俺「ハイ、打鍵ルームですけれども。」
電話「すいません、◎◎様いらっしゃいますでしょうか?」
俺「どこチームのでしょうか?」
電話「え?チームというのはちょっとわからないんですけれども。」
俺「(チームわかんないってどういう事だよ…)ちょっと待ってください。」
部屋中に聞こえる声(この部屋割りと広い。具体的に言えば、旅館の大広間くらいか。学校の教室よりちょい大きいくらい。)で聞いてみるも、該当者無し。
俺「こちらにはいらっしゃらないみたいですね。」
電話「そうですか。ちょっとそちらに伺う用事があったので、お話させてもらおうと思ったのですけれど…ちょっとお話聞いてもらってもよろしいでしょうか?
俺「は?」
電話「ワタクシ供ですね…(以下略)」

どう聞いてもセールスです、本当にありがとうございました。

つーか、この場所にかけてくるのも非常識ならこの時間(確か、8時くらい)にかけてくるのも非常識で何から何まで非常識なんだよぉぉぉぉぉぉ!!
この時間まで残ってるっつー事は残業してるっつー事で残業してるっつー事は仕事が終わってないっつー事で仕事が終わってないっつー事は終わらせないと帰れないっつー事で終わらせないと帰れないっつー事はこんな与太話聞いてる暇はねーっつー事だろうがよぉ!

……と、電話口で言いたいところでしたが、そんなファンキーな自分は心の奥底にしまいこんで、「結構です。」と言って、電話を斬りました。もとい切りました。

しかし、あのお兄ちゃん随分とアッサリ切ったもんだ。もうちょい粘ると思ったんだけど。成績とか大丈夫なのかな?

それにしても、まさかよりにもよってあそこでセールスの電話を受ける事になるとは思わなんだ。
その後、一緒に働いてる人に話したら、その人も昔会社でもらったPHSにそういった電話がかかってきた事があるそうで、まぁ一体どこから情報が漏れてるんでしょうねとかそういう話。

セールスの人も、仕事なのはわかるけど8~9時とかに仕事場に電話なんかかけたら「どうぞ、怒鳴ってストレス発散してください。」って言ってるようなもんだから、そこら辺はよく考慮した上で電話した方がいいと思うんだ。
[PR]
by surfaceR | 2010-04-21 01:11 | 日記