ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

業界用語…なのか…?

「グラサン」とか「ザギンでスーシーをベーターの」とか。

こんばんは、乙です。

専門用語とは微妙に違う、その業界でしか使用されない言葉、それが業界用語。

専門用語というと例えば
「いや、このプログラムでちょっとABENDしまして、入力データ見ても問題ないしコンパイルリスト見てもテーブルはちゃんと修正後のやつを見てるんですよ。だから、ロードに最新版が反映されてないのかなと思ったんですけど(以下略」となります。これは、もうSE辺りでしか使用できません。

対して、業界用語は意味がわかれば他の業界でも使用できます。
例えば、「ベルサッサ」。これは「ベルが鳴ったらサッサと帰る。」の略でようは定時帰宅という事です。(業界用語かと思ったら、昔は主に若者に使用されていたとか。これは業界用語じゃなくて死後の類ですな。)

そして、今日、僕が習った新たな業界用語。

「ためねん」

平仮名で書くとよくわかんないですね。「為念」と書くと、わかりやすい。「念のため」って事ですね。

使用例としては、
「これは為念なんですけど~」や「為念でこれも確認しておいてくれない?」などで使用できます。

前々から気になっていたので、「為念ってどこでも使うものですか?」と先輩に聞いたら「う~ん、ここだけ?でも、銀行系は結構使ってるかも。」とのお答えをいただきました。

きっと、バリバリの銀行マンにとっては当り前の用語なんでしょうね。
今度、友人に会ったら使ってみたいと思います。
[PR]
by surfaceR | 2010-03-05 23:51 | 日記