ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

じっくりコトコト煮こんだスープ

カレーは一晩寝かせるとおいしくなると言いますが、シチューは一晩寝かせてもおいしくならないんですか?
こんばんは、乙です。

先日「webテストに気をつけろ!」って日記を書きましたが、今日はそれに続く第2弾!
題して・・・「SPIに気をつけろ!!」

なんでかと言いますと、今日乙がSPIを受けてきたからです。
SPIってなんじゃろな、という方に説明しますと、「企業がその人物にどのくらい一般的な学力が備わっているかを計るテスト」のことです。さらに簡単に言えば「学校のテスト」だと思ってください。これから就職活動をするという人はたぶん一度は通る道だと思われます。

さて、今日乙がやったのは、論理、言語、計算、図形、英語の5つです。

論理というのは、文章から答えを探す問題です。下に書いた文章題とはちょっと違います。数学的な問題もあるから注意。
言語は反意語を当てたり、文章の接続語を答えたりするものです。乙が国文学科だからということはないとは思うんですが、正直簡単です。
計算は文字通り算数やります。
図形は文字通り三角形とか四角形とかの面積とか求めます。
英語も文字通り文章題とかやります。

はい、だいたいの方は予想がついていると思いますが、この中で大変なのはなんでしょうか?そうですね、「計算」と「図形」ですね。

でも、「計算」はぶっちゃけちゃんと勉強してれば、中学生でも解けるレベルなので、しっかり勉強してください。本当だよ、距離の問題とか、食塩水の問題とか、確率の問題とか出てくるし。でも10進法は習ってないか。

「図形」も正直なところ気合でとけたりします。今日のテストでも気合で解いたものがいくらかありました。後時々簡単すぎて何か裏があるのでは・・・?と思ってしまう時もあるかもしれませんが、むこうは真剣に聞いているのであせる必要もないでしょう。台形の面積を求めよ。とかいう問題も今日出ましたし。

そう、問題は「計算」や「図形」ではなかったのです。最大の問題・・・それは「英語」です。

大学生活3年間において、おそらく英文学科以外の人間はおよそ英語という単語からは遠ざかっているはずです。
現に乙も今日実に約1年ぶりに英語の文章題というのを読みました。
はっきり言ってシャレになりません。単語とかほとんど忘れてます。まさに未開の言語。算数では「数字」と「公式」を使ってなんとか会話することが可能でしたが、こちらは完全にお手上げ。一つ一つかろうじて意味のわかる単語を繋ぎ合わせて、文章を作るという行為を繰り返すことに。それでもわからないところは古典的ですが、鉛筆でも転がすほかありません。

皆さん、こうならないように数学、英語は3年の時から忘れないように学習しておくことをオススメします。
[PR]
by surfaceR | 2005-03-26 00:40 | 日記