ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

SOS SOS ほらほら呼んでいるわ~

明日は明日の風が吹く
こんばんは、乙です。

今日は現在就職活動をしている人、または来年就職活動をする人に一言助言をしておきたいと思います。
「webテストに気をつけろ!!」

※食事をしながらの閲覧はご遠慮ください。

えー、webテストというのは何かと言いますと、まぁ適性検査をwebでやるというものです。たぶん受検者が多い会社なんかが使うんじゃないかと思います。
種類は言語理解・数的能力を測るものと、その人の性格を見るものの2つがあります。
今日乙がやったのはその2つが合わさった「総合適性検査」というものでした。

小学校の時にやった「学力検査」みたいなものを覚えているでしょうか?この中から当てはまる模様を選べとか、10分で20問ぐらいあって、どう頑張ってもとけないだろ!!と突っ込みたくなるやつ。あれの延長線上と考えていただければわかりやすいと思います。

さて、この「適性検査」一旦始めると途中で中断はできません。全20問で制限時間10分というのもザラですので、やり始めたら一気に集中して問題を解かなければいけません。そしてそのためには体調を万全に整えておかなくてはいけません。いいですか?万全にです。

今日乙がやったプログラムは「言語」約15分、「計数」約20分、「適性」約35分。一つが終わるごとに休めるという親切設計でした。
一つ目の「言語」を終わらせ、一腹した後に「計数」に進みました。乙は数字を見ると知恵熱が出るので先ほどよりもさらに気合を入れて、いざ開始!!

・・・・・・・・・?・・・・・・・・・??

5問目あたりでどうも腹部に異常が発生。昨日は腹痛を起こしましたが、昨日のような痛みではありません。俗に言う「公衆トイレに駆け込みたくなる」の痛みです。最初は騙し騙しテストを受けていましたが、そのうち腹の中で局地紛争が起こっているような状態に。
まじでシャレになってません。後10分近くこのままは正直ツライッ!つらすぎるっ!!しかも目の前には大嫌いな数字!!
この感覚は中学生の頃数学の時間に腹が痛くなって、トイレに行きたかったけど当時数学の成績が悪かったし先生も怖かったし手を挙げることもできず、結局30分近くただひたすら下腹部に力を入れながら、時計を見上げていた時に匹敵するツラさ!!

しかし今回は嫌いだろうがなんだろうが、否応無く問題を解かなくてはいけません。
しかも最初は簡単な問題を並べておいて、後半は難しい問題が待ち構えているというのはもはや適性検査のセオリーといっても過言ではありません。

難しい問題と下腹部の痛みに耐えながら問題を解いていきましたが、結局途中でギブアップ。後半は「どうせわかんねーよ、こんな問題」と開き直り、18分で全問題を解いてトイレにダッシュ。ギリギリセーフ。

・・・・・・というわけで、皆さん重ねて言いますが、webテストを受ける場合はくれぐれも事前の体調管理はしっかり行うようにしてください。その会社が第一希望だったりすと目も当てられませんよ☆
[PR]
by surfaceR | 2005-03-22 23:48 | 日記