ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

すごまれただけだとあんまし怖くなかった

今日、最初の現場でお世話になった人に異動の報告がてら、今度一緒に働く人について探りを入れてみる。
乙:「今度、○○さんと仕事するんですけど、どんな感じなんですかねー?」
先輩:「あー、まぁ、○○(今、一緒に仕事してる人)よりマシじゃない?」

………先輩、ドストレートすぎる上にあまり参考になりません。

こんばんは、乙です。

今日の帰り、駅のホームに立ってた時の話。

両手でカートを引っ張るホープレスな感じのおっちゃんが僕の左側から歩いてきました。その進行方向を見るとどう考えても僕が障害物になる上に、そのおっちゃん下向きっぱなしで俺の事なんぞちいとも気にしてないご様子。

案の定、クラッシュしそうになったのでまぁ移動したわけなのですが、我ながらその時何を思ったかよくわかりません。きっと、しばらく歩けばむこうも気づいてくれると思ったんでしょうな。ホームに沿って水平に横移動する俺。

当然、おっちゃんは下向いてるから気づくはずもなくしばらく横移動する俺にピッタリおっちゃんがくっつくという傍から見たらかなりカオスな事になっているであろう光景が展開。

「あぁ、こりゃダメだな。」と思い、後ろに下がったら通りすぎざまにめっちゃ凄まれました、という話。

凄まれた時は「あぁ、この人、すげぇ歯が少ないなぁ。」ってのが第一の感想で睨まれたとかそういう印象はなかったんですが、よくよく考えてみるときっと「邪魔だ、ボケ!」くらいの思いを込めて睨んでいたんでしょうなぁ。
睨みきかせるのにもビジュアルが重要なんだなぁという事を改めて認識できた1日でした。いやぁ、勉強になった。
[PR]
by surfaceR | 2009-06-25 00:23 | 日記