ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

俺、やる気ある?

早くも「就職ノイローゼ」にかかってたりかかってなかったりするような気がします。
バイト先の人間が今度最終面接だということを聞いてさらにその進行度が上がった気がします。
こんにちは、乙です。

関係ない話ですが、最近涙腺が弱くなったような気がします。
皆さん泣いてますか?
どうしてそう感じたかと言いますと「半泣き」が多くなったからです。鼻がジンとして、目の中に涙がたまるんですけど、こぼれ出るほどの量ではなく、すぐおさまります。
最近の「半泣き」は朝『うしおととら』のラストを思い出して「半泣き」という微妙なものがありました。朝は涙腺が特に弱くなっているようです。
バンプの「ダンデライオン」をリピートして聞いてたら電車の中で泣いてたのも記憶に新しい「半泣き」です。

それから昨日の「救命病棟24時」でも「半泣き」しました。
「救命病棟24時」は乙が毎週見ている数少ないドラマなんですが、家族の間では毎週江口洋介をいかにカッコよく映すかを考えている番組と認識されているこの番組。
今週はディスカウントストアの社長さんとその息子の話でした。
その2人が事故に会って、江口洋介がいる病院に運ばれてきます。社長さんは重傷で動けなくなってしまうけど、息子さんは幸い軽傷でした。息子は父親(社長)が心配だからそばに付き添ってるんだけど、社長が「こんなところで何してるんだ!早く商品を仕入れて来い!!」って言うんですよ。それを見て看護士さんとかが、「強欲な社長さんだ」とか言ってるんですけど、その後社長が「俺達が商品を仕入れなかったら、被災してる人たちは2000円もする水を買うことになるんだ!そんな人の足元を見る泥棒みたいな連中をのさばらせていていいわけないだろう!!商品を仕入れてくるまでここには来るな!」と一括。
その後社長に癌で余命1ヶ月であることが発覚。日に日に弱っていく社長の所に大阪から山ほど商品を仕入れて息子が帰ってくる。
トラックにぎっしり詰まれた商品を目にしながら、親子で涙。

ここらへんで乙半泣き。もうジーンときちゃって。でも泣かない。あくまで半泣き。
まぁ、泣くから感受性が強いってわけじゃないんでしょうが、それでもやっぱりちょっとは気になるわけで。
なんか「これで泣かなかったら人じゃない!!」ってのありますかね?
とりあえず、バイト先の元店長からは「赤ちゃんと僕」をすすめられたんですが。
店長いわく「これで泣かなかったら人じゃない。」ということでした。

自分も最近泣いてないなーと思っている人は「赤ちゃんと僕」読んでみてください。
いや、本当にこれ読んで泣けなかったらと思うと怖くて未だに手がつけられないんで。
[PR]
by surfaceR | 2005-03-17 00:14 | 日記