ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

ある意味、罰ゲームより怖い

万札一枚は入ってないと不安になるなんて、俺も随分大人になったものである。
…ごめん、嘘。本当は5000円くらい。

こんばんは、乙です。

先日、飲み会があった事は書きましたが、今日はその日の話の続き。

それは、地元に帰ってからの話。
その日は朝方に雨が降っていたため、自転車ではきていませんでした。
さらに12時を回っていたため、流石に深夜バスも運行していません。
酒を飲んだ状態、しかもこの寒空の中徒歩で20分も歩きたくはない。

そうなると、必然帰宅手段は決まってきます。
そうですね、タクシーというやつですね。

社会人3年目のワタクシですが、未だにタクシーというものに慣れません。
何つーか、乗った途端「何だよ、この若僧は。タクシーに乗れる身分だと思ってんのか、アァン?」と運転手ににらまれているような気がしてならないのです。
それに僕の頭の中には「タクシー=ブルジュワの乗り物」という公式が二次関数以上にインプットされているのです。

それにこの日は他にも懸案事項がありました。この時点での僕の所持金が2000円。九分九厘大丈夫だとは思いますが、もしまかり間違って足りなかったらどうしようかしらという思いが僕の脳内を駆け巡ります。

その問題点はタクシープールで列に並んでいる間に最近のタクシーはクレジットカードが使用可能という事に気づき、どうにかこうにか一安心。
他にもタクシープールでは、そう言えば深夜料金というのはどう換算されるものなのか、初乗りの値段が2割り増しで上がっていくものなのか、最終的な値段に2割加算されるものなのかとか考えたり、あそこのアスファルトの赤いのは血ではないのか結構な量だけど、すっ転んだ人は大丈夫だったのかとか色々思ったりしました。今思うと結構酔っ払ってたのかなぁと思います。

…結果的に2000円もかけることなく、無事に自宅にたどり着くことは可能でしたが、金の無い恐怖というものを久々に味わった一夜だったのでした。
[PR]
by surfaceR | 2009-01-25 22:12 | 日記