ブログトップ

今日の某

ryokumura.exblog.jp

土日休みであることを神に感謝する男のブログ

インキーマンの悲劇

誰でも一回はやったことあると思います。

こんばんは、乙です。

今日は帰社日という事で、いつもより早めに帰れたのでちょっと寄り道なんぞしつつかなり早くに家に到着。
当然、家にはこの時間は誰もいませんので鍵が無いと家には入れません。

バッグの中に入っている鍵を取り出して………

ないっ!!?

そして、フラッシュバックする記憶。
――そういえば、先週外に出る時上着のポケットかお出かけ用のカバンに入れて、移し変え…忘れた…か…??――

まずは落ち着いて、このような状況に陥った場合おそらく誰もがやるであろう、ウッカリどっかの窓とか閉め忘れてないかなぁという確認。
…問題なし。我が家の防犯はカンペキだね!……恨めしい。

防犯が完璧となれば、もうどうしようもないので後は家族の帰りを待つしかありません。

近くのマックに移動し、100円マックのありがたみをしみじみと感じながら待機。

ママンに連絡を取ってお伺いを立てたところ「遅くなる。」との非常なお返事。「鍵、取りに来る?」と言われたものの、往復約1時間もかかる仕事場に取りに行く気が起こるわけもなく、「まぁ…待機してます。」と返す。我ながらヘタレだね。

その後は再度、100円マックのありがたみを感じつつ、マンガを読んだり、ボーっとしたり、文庫を読んだりしながら時間を潰す。

幸い、文庫をちょうど読み終わったところで「今から帰る。」とのお言葉が。
最近、突発的に起こる「通勤中に本が読みたくなくなる病」にかかってたから、ちょうどよかったかも。

しかし、鍵を不意に忘れたときの対策ってのは必要だよなぁ…
[PR]
by surfaceR | 2008-12-04 21:55 | 日記